こんなに所帯じみるもんかねぇ

 

オードリーのオールナイトニッポン 2020年8月1日 第556回

 

若林:そういえば、何してたの?夏休み中は。

春日:あたしもだから、そんな遠くに行くことができないから。家に帰ってきたんですよ。

若林:帰ってきた……奥さんが?。

春日:そうそう。クミさんが実家でずっと、面倒を、向こうのご両親と見てもらってたのが、今の家にね、全部荷物とかベッドとか、いろいろ物を運び込んで、帰ってきたから、それの片づけとか整理だとか洗濯とかさ、いろいろあった。やってたね。そんなんばっかりよ。

若林:家の中が基本。

春日:で、家の周りを子を連れてベビーカーに乗せてさ。

若林:すごいな。

春日:茶々連れてさ、家の周り……

若林:洗剤のCMじゃん、もう。

春日:いや、ほんとだよ(笑)。ほいで、私が抱っこ紐みたいなさ。

若林:うわあ、もうそうなってる?

春日:日向坂でやってたけど。あれでこうやって、スーパーでさ、マイバッグ持ってさ、自分のところの。大量に買い物して、両手で持って歩いてさ。それをクミさんに笑われてね。「こんなに所帯じみた、所帯じみるもんかねぇ」なんつって笑われて、前から回り込まれて写真撮られてさ。

若林:はいはいはいはい。

春日:で、水Dとサトミツに送られてさ。その写真を送りつけられて。「送ろう」つって。

若林:相変わらずクミはデリカシーがないな。

春日:なんちゅうことを言うんだ!

若林:いや、お前がそういう感じで喋ってるから、援護したのよ、俺は。

春日:いや、強いのよ。言い方。援護射撃が。私よりも強いから。援護のほうがさ。主攻よりも強ぇんだ、援護のほうが。

若林:あ、そう。

春日:撮られたりとかして、だから、家の周りとかでウロウロしてて、でもなあ、どっか行きてぇな、やっぱりってなって、グーッて考えて豊島園に行ったけどね。

若林:ああ、大丈夫だね。

春日:うん。都内でさ。閉園するんですよ。8月いっぱいで。

若林:はいはいはい。

春日:ちびっ子の頃から行ってるからさ。

若林:豊島園ね。

春日:そうよ。さすがにプールにはね、天気も悪かったりとかして、いろいろ気にもなるから、プールには行かなかったけど。で、子がいるからさ、乗り物も乗れないからね。

若林:あ、乗らないんだ。1回転するやつ。

春日:乗らないだろうよ! 子がいるし。子も一緒に乗れないし。

若林:抱っこ紐つけてれば大丈夫なんじゃないの?

春日:ダメでしょうよ。レバーが下りないだろうよ。

若林:前からクミさんがさ、手にガムテープでデジカメぐるぐる巻きにして撮りながらさ「所帯じみるもんかねぇ」って言いながら。

春日:所帯じみてねぇーだろ、そんなん。そんな一般家庭あるかよ!カミさんが手に。芸人の絶叫ロケじゃねぇんだから。隣にディレクターが乗って、ディレクター、声我慢しながらウッとか言いながら、ずっとカメラを必死こいて、空気抵抗を頑張って耐えながらさ。

若林:春日、黒いヘルメットとゴープロつけたやつつけて。

春日:それ、もうロケじゃんか、それ。

若林:ハッハッハッ 所帯じみるもんかねぇ、こんなにって言いながら。

春日:ハハハハハハハハハ

若林:ハッハッハッハッハッハッ

春日:そんな所帯ないのよ。行って、園内、散歩じゃないけど。

若林:へ~。お父さんだよな、完全にもうな。

春日:そうなるんだね。