正しく努力できる奴

 

オードリーのオールナイトニッポン 2021年4月17日

 

今週からJA全農さんがスポンサーについたので石川佳純さんの等身大パネルが置いてある。そのため、石川佳純さんの大ファンである若林さんのテンションがおかしなことに

 

若林:会ったことあるんだっけ? 体育会TVで春日。

春日:いや、体育会TVはいらしてくれたことはないかな。ほかの卓球選手は、ロケ一緒にやらせてもらったりとかは何回かあるけど、石川佳純選手はないね。そういえば。

若林:あ、そう。そのぐらいの人いる? 会うことが怖いぐらい、自分の中の憧れというか。

春日:えーっ?

(中略)

若林:俺も、石川佳純さんとか、等身大パネルとか言ってよ。置いとくなら先に。心の準備ができてないから、今、あわててるわ。

春日:というか、付け焼き刃もこんなに若林さんがびっくりするとは思ってないだろうからね。

若林:思ってないよなぁ。

春日:予想外に食いついてると(笑)。

若林:もちろん、これ言ったらあれだけど、めちゃくちゃ美人で、もちろん好きだし、内面も好きだから、生まれ変わるならああいう性格に。ドキュメンタリーで、裏表も、どっちも見せれるみたいな感じの人に生まれてきたいな、みたいな、裏があり過ぎる俺は。

春日:(笑)なるほど。

若林:どうあがいてもああなれないっていう人だから。

春日:うん、うんうん。

若林:だから、ちょっとびっくりして。カレーもそんなバクバクは食べれないな、なんか。

春日:それはだって、カレーなんだから。

若林:ハハハハハ

春日:カレーといろいろいただいたよね。牛丼とかね。

若林:スポンサーについていただいてるのにバクバクは食べれないって、これはだから、恐れ多いっていう意味でよ。

春日:わかるよ。

若林:(笑)で、食べたけど、JA全農さんのスポンサーつく前に、もちろん買って食べたのよ、俺は。

春日:パッケージが石川選手だったりするから。

若林:たまにさ、石川佳純さんがさ。カレーね、今あるやつ。

春日:石川佳純カレー、かすみんカレーとかすみん牛丼だからね。監修の。確かにな、これをバコーンて箱あけてね。

2人:ハハハハハハハ

春日:バコーンあけて、だーっとかけて食べるのは、確かにちょっと気が引けるかもな(笑)。

若林:そうだよな。ずっと調べてるんだけど、オリンピック、何とか。でも、もうチケットっとあれなんだもんなあ、もうなあ、多分無理なんだよなあ。

春日:試合を観る、観ないって、確かにね。

若林:試合観たくて、それで、試合してるから、石川佳純さんがね。何とか試合を生で観たいっていうのあるの。客席からね。スケジュールを見たりもしてんだけど、でも、無理だな。会うなんて話、あるわけないんだけど。俺、あれだったもんな。アークで収録してたんだもんな。あん時、俺、ウロチョロしてたんだよな、アークを。すれ違わないかなと思って(笑)。

春日:へえ。なんかの番組の。

若林:そうそうそうそうそう。あれはしくじり先生の時だったかな。しくじりの先生の時か。の時、テレ朝の収録してたんだよね。お前、なんか簡単に体育会TVとかで絡んでたら、ぶっ飛ばすからな。お前、マジで。

春日:なんだよ、それ。それはもうあるかもしれない。体育会TVはそういう番組だから、もしかしたらね。

 

若林:あれさ、「プロフェッショナルとは?」って聞くじゃん、『プロフェッショナル』の最後って。もし春日の密着やるとしたら、なんて答える?

俺、お前の体育会TV絶対観ないんだ、俺。

春日:いや、なんでよ?(笑)

若林:お前がなんか偉そうに正しいことを正しく言ってるじゃん。「フワちゃんが楽しめれば」みたいな。俺ね、ああいう奴嫌いなんだよね。

春日:いや、なんでよ(笑)。

若林:芸人でああいう奴。ただ正しいこと言って、ただ感動させてんじゃん、観てる人を。

春日:ハハハハハハハハハ

若林:くたばれ!って思うんだよ。

春日:なんでだよ!

若林:呪いなんだよね、俺にとって。お笑いやんなよと思う。

春日:なんでよ(笑)。

若林:正しく努力できる奴が。正しく努力できない奴がお笑いだけは頑張れるからって入ってこいやと思う。

春日:ハハハハハハ

若林:何でも頑張れる奴がお笑いやんなや!

春日:ハハハハハハハハ

若林:正しいんだよ、春日って。春日って正しく頑張れるし、正しく努力して、(春日:まあね)正しく結果出して、正しい密着コメントするだろう?

春日:うん。

若林:くたばれ!こいつ!

春日:なんでだよ!(笑)

若林:呪いのVTRだ、俺にとって。

春日:ハハハハハハハハ

若林:で、お前、いけしゃあしゃあと正しいこと言うだろうな、「プロフェッショナルとは?」って聞かれたら。「プロフェッショナルとは?」と聞かれて、言い淀む感じ。「一言で言えない」って「ちょっと考えてきます」で終わったのよ。石川佳純さん。

春日:ああ、言ってたね。

若林:そんなん、もう、胸の真ん中が熱くなっちゃってさ、俺もさ。

春日:へへへヘ

若林:庵野秀明さんも「プロフェッショナルとは?」って聞かれたら、「あんまプロっていう言葉が好きじゃない」って言って、言わなかったんだよ。わかんないとか言って終わんなかった? わかんない、みたいに言って終わんなかったかな。

春日:はっきりと何とかとは言ってないんだ。

若林:たしかそうだったんじゃないかな。あれも痺れたなあ。「プロっていう言葉、嫌いなんです」って、俺、真似するかもしれない、どっかで。

春日:ハハハハハハハ

若林:フハハハハハハ

春日:もうもう、刺さり過ぎて(笑)。

若林:お前なんかいけしゃあしゃあと即答するだろう、『プロフェッショナル』にもし出たら。

春日:ハハハハ

若林:春日ってさ、正しいプロフェッショナルのやり方してんじゃん。

春日:そう?

若林:“春日”を崩さない、みたいな。

春日:はいはいはいはい。

若林:ぼる塾の田辺さんも言ってたけど。

春日:うんうん。

若林:なんかあんの?「“春日”のプロである」みたいなことって、なんか心がけが。

春日:まあ、だから、「“春日”を貫くことですね」とかだろうね。

若林:いや、安いわ。

春日:いいでしょ!(笑)

若林:そんなのね、そんなのは知ってんだよ! そんなのはみんな知ってんだよ。わざわざ言ってっけど、お前。

春日:ハハハハ

若林:お前ね、正しいこと言ってる時に、お前の表情、照れがなさ過ぎるよ。

春日:ハハハハハハハ

若林:ちょっと照れろよ、お前。体育会TVのVで。

春日:なんで別に(笑)。

若林:こいつ照れがないよ。努力を見せる時に。

春日:ハハハハハ

若林:わかるだろう?ヅカ。照れがない、お前は正しいことを言う時に。

春日:いいだろ、観てもらいたいんだから(笑)。

若林:俺たちなんか恥ずかしい仕事してんだよ、お笑いなんて。

春日:うん、まあまあ、そうか。

若林:でも、お笑いじゃないよな、あれは。正しいことをする人だよ、お前の職業は。

春日:ハハハハハハハハハ

若林:こいつね、照れがねぇんだよな。それがムカツクんだよなぁ。照れろよ。大した仕事してねぇんだから、お笑いなんて。恥ずかしい職業なんだよ、お笑いなんて。

春日:いや、まあまあ、そうだね(笑)。

若林:偉そうに「“春日”を貫くことです」とか言って、スガシカオさん流れるんだろう?

春日:そうだね。ポーン♪なんつってね。

若林:お前、聴くなよ、スガシカオさんのあの曲。『Progress』。

春日:いいじゃない(笑)。

若林:お前関係ない歌だからな。あの歌。

春日:いいじゃない。関係ないってことはないじゃん。関係あるもないもないでしょ(笑)。

若林:あの歌は、僕等は横一列でスタートを切ったけど、友が結果出していくのに、心のどこかで、ちょっと失敗すればいいのにと思っちゃう自分もいた。憧れた自分像にはなれてない自分がいるけどっていう歌なんだよ。お前聴くなよあの歌!

春日:なんでよ(笑)。聴くのは別にいいでしょうよ。

若林:今、時計見てびっくりしたけど、もう23分たってんの? ちょっと俺ゾーンに入っちゃってて。フフフフフフフフ

あ、3回出てるんだ、石川佳純さん。スタジオでは絡みないんだね、じゃあ。

春日:スタジオではないかな。Vじゃないかな。……スタジオも含めて? いたのかな、あたし。

若林:お前、絡んでんの?もしかして。忘れてんの?もしかして。

春日:あたしは絡んでないと思う。勝負したのかな?

若林:てか、スタジオに来てるの忘れてんの?お前もしかして。

春日:ハハハハハ

若林:一言も喋べんない。お前、石川佳純さんがちっちゃいしゃもじみたいなラケットで、体育会チームはでかいラケット、特注ので勝負とかしてたらぶち殺すぞ!お前。

春日:ハハハハハ やってそうだなあ。

若林:ハハハハハハハハハハ

春日:やってそう、その対決。

若林:お前、ただじゃおかねぇからな、そんなことしたら。

春日:そのハンデのつけ方の対決やってそう。ハハハハハハ

若林:俺、春日ってね、照れがないとこがムカツクんだよ。だったら就職して働いて、中間管理職にそこそこついてて、下とか育ててろよ、じゃあ!

春日:どういうことなんだよ。

若林:ハハハハハハハハ

春日:どういうキレ方なんだよ、それ(笑)。ハハハハハハハ 正しいことをするならね。

若林:正しいんだよな、春日って。あと、ちゃんと強いしな。メンタルが。

春日:フフフフフ

若林:で、一生懸命だし。

春日:うん。

若林:死ねよと思うよ。

春日:なんでだよ!

若林:ハハハハハハハハハハ

春日:なんでそこが死ねよにつながるんだよ。ハハハハハハハハ ま、特殊だよね。

若林:腹立つんだよ。観ない。絶対観ない。アバンは観ちゃってさ、ついつい。正しいこと言ってんだよ、アバンで。

春日:ハハハハ

若林:ハハハハハハハ スポーツ選手とかがね、そういうこと。迷うんだよ、石川佳純さんは、聞かれて、やっぱり返答に。だから、簡単には言えないんだよ、いつも。で、矛盾したまま言ってくれんの。矛盾した気持ちとかを。

春日:はいはいはい。そのままね。

若林:そうそうそう。迷いとかもちゃんと喋ってくれるから、なんかすごいこう……。お前ね、迷いがなさ過ぎるよ。お前の体育会TV観てねぇけど。

春日:ハハハハハハハハ

若林:ディレクターもよくない、あれは。

春日:なんでだよ!(笑)スタッフの批判をするんじゃないよ。

若林:すごいね、偏向報道だね、あれは。

春日:ハハハハハハハ

若林:ハハハハハハハ

春日:そんなことはないよ(笑)。

若林:そうなんだよなあ。

春日:好きなのね。

若林:ちょっと熱くなっちゃったな。「プロフェッショナルとは?」とか言ったら、春日が“春日”を貫くことです。それで、言うお前もお前だけど、感動するバカも感動するバカだよ! 春日のファンだよ。

春日:ハハハハハ

若林:ハハハハハハ

春日:『プロフェッショナル』撮ってないんだからさ。

若林:お前絶対断れよ。『プロフェッショナル』きたら。

春日:なんでよ。きたらやらせてもらうよ。

若林:絶対やるなよ。

春日:ついてもらうよ。密着を。

若林:絶対やんなよ、お前。

春日:いや、なんでよ(笑)。

若林:俺は、来るわけないけど、俺は絶対やんない。だから、春日もやるなよ、来ても。

春日:ハハハハハ

若林:わかってて、楽屋でよ、これがプロフェッショナルで放送されるんだぞ、NHKで、全国報道されて、わかってて楽屋で偉そうなこと言うだろ、たぶんお前だったら。

春日:ハハハハハ

若林:「春日は春日ですからね」みたいな。ポーン♪みたいな。

春日:ハハハハハ

若林:「春日は春日」誰が観るんだよ、そんなもん!

春日:ハハハハハ

若林:春日は春日だろう、お前。ハハハハハハ

春日:ハハハハハハハ 確かにね。当たり前のことをぽく言ってるだけだもんね。ハハハハハ

若林:ハハハハハハ 正しさの押しつけだよ、お前の体育会TVは。

春日:ハハハハハハ

若林:ああ生きたほうがいいんだから、だって。

春日:ハハハハハハ

若林:ハハハハハ

春日:まあまあまあ、そうだね(笑)。

若林:そうだね(笑)。

 

 

フワちゃんのためのオードリーのオールナイトニッポン

 

フワちゃんのオールナイトニッポンX 2021年4月7日

 

A Heady Tale♪

若林:フワちゃんのオールナイトニッポンクロスをお聴きの皆さん、こんばんは。オードリーの若林です。(フワちゃん:えっ?えっ?えーっ?)

春日:春日。(えーっ? かわいいーー!)

若林:ということでね、フワちゃんと春日さんの奥さん仲いいということでね(かわいいーー!)、花見とかもしたっていうことで。

春日:そうね。お花見行ってから急速に仲よくなっちゃって、私が入れなかったからね、2人の話に。(かわいいーー!)ワーッつって話しちゃって。

若林:フワちゃんともこの間メイク室で会ったら「オールナイトニッポン仲間じゃん」て言われてね。写真撮りましたけどね(笑)。

春日:若林さん、よく写真撮ってるよね。撮られたりね。

若林:フワちゃんのオールナイトニッポンクロスに春日さん何か期待することありますか? 今後。

春日:初回も聴かせてもらいましたけどね。それこそクミさんと一緒に。やっぱりね、エネルギーがあったね。(かわいいーー!)だから、いろんなものをぶっ壊してもらってね。

若林:そうね。

春日:いろんな大人に怒られてほしいよね。

若林:ハハハハハハハ (伊集院に怒られた(笑))でもさ、意外とさ、聴いてくれてたりする時もあるじゃん、オードリーのオールナイトニッポンを。

春日:そうそうそう。

若林:フワちゃんラジオも聴くんだね。

春日:ラジオも聴くしね、あの人本も読むしね。

若林:ハッハッハッハッハッ

春日:意外にちゃんとね、あんま本人は言ってほしくないかもしんないけど、エアロビの練習も自主練、家でめちゃくちゃしてるしね。

若林:あ、そう。本も読むよな。

春日:読む。若林さんの著書、全部読んでるから。

若林:いや、俺さ、俺の本、まさかあんなに元気な人が読むと思って書いてないからね(笑)。

春日:ハハハハハハハ

若林:…あ、こんな長く喋るんじゃないだ、これ。たぶんね。ごめん、ごめん。

春日:あ、そっか。ジングルぐらいね。

若林:ラジオの本番みたいに喋っちゃった。

以上、オードリーの若林と

春日:春日。

若林・春日:フワちゃんのオールナイトニッポンクロス!

 

フワちゃん:わーっ! かわいいーーーーーっ! 嬉しい! 嬉しいっ! 嬉しいっ! 嬉しーい! かわいいーーーーー!赤ちゃん!(笑)。

えっ、超赤ちゃんじゃん。なに? すごっ! オードリーのオールナイニッポンみたいだった。フワちゃんのための。うー、ヤバッ! かわいいねえー! かわいいね! かわいいねえー! 「違うだろ! 違うだろ!」の言い方です(笑)。

わっ、嬉しい。わざわざこんなジングルってちょっとだけ、こんな喋ってくれたの? めっちゃ嬉しいんだけど。かわいかった。

前半さ、大騒ぎしすぎてさ、ヤバい、聴きたい人もいるのに黙らなきゃって思ったら、焦っちゃって。何言ってたっけ? 何言ってたの?オードリー。オードリーは何を言っていたんですか?

あ、そうだ。クミさんと一緒に聴いたよっていう話してた。そう。かわいい! クミさんと一緒に聴いてくれたんだった。先週のやつ。ねえ、もう無理! かわいすぎて無理!

本当はこういうのって受けのトークをしなきゃいけないけど、もう大好きすぎて無理! かわいい!

一番最初、若林の声ってすぐにわかった。かわいいーーっ! フフフ、フフフ(笑)。赤ちゃんたち。2人、赤ちゃんたち、夜遅いのに、自分のラジオを録った後に録ってくれたのかな。えっ、かわいい! 早く寝なきゃいけないのに。赤ちゃんだから(笑)。なんて嬉しいんだろう。かわいいなあ。聴いてくれたんだ。本当に嬉しい。

若林さんも本にもサインくれたしなあ。もう本当、大好きだよっ! ああ、もうリアクションメールを読まなきゃいけないのか。ちょっとだけ余韻に浸らせて。ふぅ……。かわいいねえ。フフフ、かわいかった。ありがとう。

「最近、春日、トゥースも鬼瓦もやらない、ヘッ!もやんないね」って言ったら照れていた。かわいいーっ!(笑)。かわいすぎ。

あと、『どうぶつピース』に出た時、カワウソが出てきて。「うわっ、これ、若林さんに似ているね」って言おうと思ったけど、めちゃくちゃ言われ慣れてるんだろうなって思ったら言えなかった(笑)。かわいい、若林さん。

 

 

 

 

 

朝井リョウ×武田砂鉄

 

アシタノカレッジ 2021年4月2日

 

(朝井さんがハロプロ好きということで モーニング娘。の『I WISH』が登場前にかかる)

 

武田砂鉄:『アシタノカレッジ』金曜日、ライターの武田砂鉄です。今日は、作家の朝井リョウさんとリモートでつないでおります。よろしくお願いします。

朝井リョウ:よろしくお願いします。

武田:初めましてでございますね。

朝井:そうなんですよね。よろしくお願いします。

 

 

リモートが苦手

武田:初めてでこうやってリモートで話すわけですけど、リモートはすごい苦手だと何かでおっしゃっていましたね。

朝井:そうですね。やっぱ顔がずっと映っているっていうのが、どうしても……。顔って、情報量、何で顔だけそんなに多いの?って思いませんか。

武田:それは自分の顔ですか。今、僕の顔が映ってるということですか。

朝井:いや、世の中の話。世の中の話というか。

武田:日ごろね。もっと全体的な話ですね。

朝井:そうです、そうです、そうです。

武田:確かにそうですね。

朝井:そうなんですよ。例えば、目と鼻と口の位置で、こんなに好き嫌いが分かれたりとか、体の中の部位が2~3個集まっている場所って、ほかにもあるじゃないですか。膝とかもそうだし。

武田:確かに。

朝井:なのに、なんで目と鼻と口だけ、こんなに翻弄されるんだろうって、すごい思うんです。人間の顔。

武田:確かに、もっと分散されてて、今の顔の部分に目だけあって、鼻がお腹のところにあって、口がもっと下のところにあったりとかしたら、かなり分散されますよね。リスクというのか、なんというのかね。

朝井:わかります。美醜の話とかもきっともっとうやむやになるなと。顔だけなんでこんなに情報量があるんだろうなというのはずっと思っていたのが、たぶん、リモートでいろいろな人と顔だけ突き合わせた状態で話すことによって、すごい克明に感じるようになってしまって。

武田:確かにそうですね。

朝井:そうなんです。

武田:その一部分に全てが集中してるからこういうことができてしまうわけで、本当はもっと顔が分散されていれば、リモートでやろうなんていうことは思わなかったわけですもんね。

朝井:そういうこととか、あと、本出していると――。なんかいきなりベラベラ喋って申しわけないんですけど。

武田:どうぞ、どうぞ。

朝井:私、山崎ナオコーラさんがすごく大好きで、最近、山崎さんも無理だとたぶんご本人も思いながらも性別非公表とおっしゃっていて。

武田:そうですね。されていますね。

朝井:その気持ちがすごくわかって、本読んでるのに、その人の顔がわかっちゃうだけで、何歳ぐらいの、肉体的な性別がどっちかなんだろうなっていうのが、すごい情報としてものすごく大きく入ってきちゃうなというのはすごく感じるところがあって、それに山崎ナオコーラさん、今からでも抵抗しようとしてるんだっていうところにすごい感銘を受けるんですよね。

武田:それは、でも、感銘を受けつつも、どうでしょう、朝井さんが10年間やられてきて、いろんなメディアに出られて、もしそこの違和感を持ったとしても、もう戻せなくないですか? 戻す方法というのがね。

朝井:そうなんですよ。だから、すごく小さな抵抗で、できるところは「顔写真載せなくてもいいですか?」とか一応やってみてはいるんですけど、顔の情報がどれだけ小説とか作品に影響するかっていうのを自覚しないままに過ごした10年間っていうのは本当に大きくて長かったなと今になって思います。

 

どういう感じで受け取られるのがベターか

武田:僕、この1週間すごい後悔していることがあって、1週間前に「来週のゲストの方はこの方です」っていう1~2分があるんですけど、ちょっと時間が余ってたものなんで、朝井リョウさんのことをお会いしたこともないのに「すごく感じの良さそうな人ですよね」(朝井:アハハハ!)っていうふうに言ったことを、帰り道に、なんて無責任なことを言ったんだって思ったんですよね。

朝井:感じがいい可能性低いですからね、小説家。

武田:でも、そうしたら、ツイッターをパラパラ見てたら、「いや、そんなことないですよ」っていう、感じがいいということはないですよ、みたいなこともお書きになってる方がいて。

朝井:あ、さすが。

武田:でも、僕はこうやって直接お話しする前、高橋みなみさんのラジオとかもたまに聴かせていただいた時にも、感じのよさみたいなことは感じてたんですけど、「感じのよさ」というその言い方自体もかなり漠然としてるから、失礼しちゃったなと思ったんですけど。

朝井:いや、でも、うれしいです。

武田:感じは、どういう感じで受け取られるのがベストというか、ベターなんですか?

朝井:いやあ、ほんとですよね。私、ラジオをニッポン放送で4年ちょっとやらせていただいた時に、ラジオをすごい聴いてきたということもあって、自分が聴いてきたラジオの形に自分を合わせてしまうんですよ。

武田:うん。

朝井:間があっちゃいけないとか、背中を斬り合うような会話をしなければいけないんじゃないかとか、なんかそういうこと勝手に思ってしまって、自分が思っているラジオの形に合わせて喋っているところがあったので、ラジオを聴いてくださっている方にはそういうふうに思われているほうがベターなのかなっていうふうに思います。いきなり相手の背中を斬るようなことを言って、驚かれても困るので。リスナーの方々に。

武田:はいはいはいはい。

朝井:ラジオではそういうことを言う可能性もある人なんだなぁみたいな。メディアによって、こう、なんていうんですかね、ラジオで果たさなければならない役割とか勝手に考えてしまうところがあるので、場によって受け取っている印象がそれぞれ変わっていたらいいなって思います。

武田:いや、僕、それを朝井さんがこういうふうに公の場でおっしゃるのはなかなかすごいなと思って。

朝井:はあ……。

武田:例えば、結構シリアスな小説を書かれた後に、いやあ、僕、実はもっと馬鹿っぽいエッセイ書いてバランスとりたいんですよとかっておっしゃるじゃないですか。

朝井:うんうんうん。

武田:それって、あまり表に出ないところで、例えば編集者とかに、「ちょっと今回シリアスにいったんで、ラフなものいきたいです」みたいなことを言ってるのは、僕も昔編集をやっていたので、言うのはわかるんですが、それを公にすると、要するに、戦略みたいなものがひとまずバレるわけじゃないですか。全体に。

朝井:そう……うん、そうですねぇ。

武田:よくそれができるなっていうふうに思うんです。つまり、あいつ戦略家だよって思われやすくなっちゃうじゃないですか、それって。

朝井:そう……まあ、でも、戦略家……そうです……うーん、なんだろう、いろんな種類のものを書いて、次どんなものを書く人かあんまりわかんない、みたいな人になりたいっていうのはあるんですよね。だから、あんまりそれが、戦略っていうよりは、結構憧れを言っているみたいな、次、全然違うものを書きたいっていうのを。恩田陸さんとか、本当に次、どんな小説を出すか、毎回想像がつかなくて。SFもファンタジーも青春もミステリーも何でも書かれる方だから、何でも書くと、どれだけ顔写真が出ていても、結局、作者のことがよくわかんなくなるんじゃないかなっていう、そういう気持ちがあるんだと思います。

 

隙をつくりたい

武田:エッセイに、二十歳ぐらいのころまでは、よく人に話しかけられていたと。今、全然話しかけられなくなって、隙をつくりたいというようなことを書かれていましたけど、僕は、自らそうやって隙をつくらないようにしてるんじゃないかなっていうふうに見えたりもしますけどね。

朝井:ああ、でも、そういうふうにもすごく言われることはあります。それ、『横道世之介』という小説に出てきたフレーズで。

武田:吉田修一さんの。

朝井:すごいその小節が好きで、最後に横道世之介が隣人から「変わっちゃったね」って言われるシーンで、「隙がなくなった」っていうふうに言われるシーンがあって、そこがすごく、表現としてすごく素敵で、ある種魔法が解けたみたいな描写を「隙」っていう言葉で表現することによって、すごく汎用性があるというか、誰にでも当てはまるシーンになってるっていうのがすごくいいなと思って、言ってみたかったんですよね。

武田:(笑)

朝井:使ってみたかったんですよね、その言葉を。

 

「○○やめるってよ」

武田:デビューからもう10年経たれて、デビュー作で『桐島、部活やめるってよ』っていう作品でデビューされましたけど、『桐島、部活やめるってよ』っていう、これをもじった言い方ってすごくいろんなとこでされるじゃないですか。例えば、「○○大臣、大臣やめるってよ」みたいなことがツイッターとかで流れるじゃないですか。

朝井:はい。

武田:あれっ、どう見てるんですか、ご本人は。

朝井:私は、さっきからいろんな人の言葉を引用しまくってて、ちょっとずるくて申しわけないんですけど、テレビで松任谷由実さんが「詠み人知らずの歌を書きたい」とおっしゃっていて、「誰が作ったかとかわからなくていいから、曲だけ残ってるっていうのが理想」っておっしゃっていて、私にとってはそれが、「○○、何々やめるってよ」というフレーズだけ何か残って浮遊してしてくれたら、文章を書く人間としてすごくラッキーというか、そういう一行が残るっていう可能性ってすごく低いと思うので……。

武田:確かにそうですね。これから80年後ぐらいになって、朝井さんがいなくなった後にも、あれ? これ、「○○ってよ」っていうやつって何だっけ?みたいな振り返り方で、そのフレーズだけ残ってる可能性ってかなりありますよね。

朝井:可能性になんかすごい、賭けてるっていうわけじゃないんですけど、一つの作品が丸ごと残るって、時を超えた名作を書かない限り発生しないと思うんですけど、今のところ、このフレーズまだ10年残ったなっていうのがあるので、どれだけ残るか見てみたいっていう気持ちがあります。

武田:今このフレーズの膨張とそして定着って、なんかすごいスピード感だったなと思うんですよね。外から見てて。

朝井:やっぱ使いやすかったんですよね、きっとね。とっても。

武田:そうですよね。

朝井:はい。本当にいろんな人が。それこそ週刊文春さんに使っていただいた時は、文春さんはそこに付箋を付けて郵送してくれるんですよ。

武田:ああ、そうなんですか。使いましたって。

朝井:そう。こういうタイトルに使いましたって。

武田:送ってもらってもね。なんだよっていう。

朝井:びっくりです。すごいご丁寧にって思います。

武田:それは別に断る権利もないというか、もう印字されているわけですからね。

朝井:そうです。そうです。

武田:じゃあ、出版社の方は、使ったら一応朝井リョウに1部送ると。

朝井:送っていただいて、もうどうにもならない状態で届きます。

武田:(笑)

 

なぜ『正欲』という小説を書いたか

武田:今回、10周年ということで、2作、朝日新聞出版とそして新潮社で、『スター』という作品と『正欲』という作品を書かれましたけれども、今回、新潮社から、正しいに欲と書いて『正欲』という作品を書かれましたけれども、そもそも、正しいに欲ではなくて、いわゆる性別の性、性欲についても、かなりずっと書きたいというふうにお考えになったというのをインタビューで読みましたが、それどういう思いがあったんですか。性欲に対しての書きたいという。

朝井:今回の作品のテーマというか、もともと……すいません、なんか、もともとどういうところから書きたいかっていうところにつながってくるんですけど、自分の中にあるわからない部分に対してのハードルをすごく下げたいなっていう気持ちがあるんですね。特にここ最近、私の中で。

今、この一年で社会の状況もすごく変わって、自分てこんなに寂しいんだとか、人と会ったり話したりとかするタイミングが減って、こんなに寂しいんだ。この寂しいっていう気持ちって人に言っていいんだっけ?とか、自分が今すごく不安定な状態にあることを人に明かしていいんだけ?って思うことがすごく増えたんですね。ここ最近。そこのハードルが高いままだと、今後もっと、自分の中にある今まで知らなかった部分とかわからなかった部分をないがしろにし続けるっていうことが続くと、すごくなんか怖いことが待ってるような気がしていて。個人的に。

自分の中にある、いつもわからない、結局つかめないものっていうものの象徴的なものが私にとっては性欲だったし、本当に人ってずっと性の話してるなって思っていて。

武田:そうですね。

朝井:ねえ。どの年代でも結局性の話をしてる気がしていて、なんかやっぱりわからないんだなと思うんですよね。みんな自分の中にある性欲について結局ずっとわからないのかなっていうのは思っていたので、そのあたりからずっと書きたいなと思っていました。

武田:しかも、そういった自分の欲望というのはあんまり人に話さないし、その欲望自体が、この本のわりと通底するテーマだと思いますけれども、自分の欲自体がカテゴライズされてるとは限らないっていうところがあって。

朝井:はい、はい。

武田:カテゴライズされている中から探し出して、ああ、これかなっていうふうに、たぶんそれこそ、自分が中学生の時に、誰かがちょっとエッチな本持ってきて、どれに興奮するかみたいなことを言った時に、あいつはこれだけど俺はこれだっていうふうに思ってやんややんや騒いだりするんだけど、でも、そこにある何かはもう素材として提供されてるものだから、もしかしたらそれが自分の何かの欲と対応してるとは限らないという。ただ選んだだけってことがあるわけですよね。

朝井:そうですね。で、どんどん、周りの人は常に世の中に溢れているものと自分の中にある欲望を合致させている中で、あ、まだない、まだない、まだないっていう状況がすごく長く続いていくということ。それは性的な欲求以外のことにも当てはまると思うんですけど、自分はどういう人間になりたいのかとか、そういう欲求かもしれないし、どういうことを学びたいのかとか、そういう欲求かもしれないし。欲求についてきちんと、全然書き切れてはないんですが、書いてみたいなという気持ちはずっとあったんですよね。

 

武田:でも、ご自身でも、最近YouTube で食べ物を食べてる動画をよく見てしまうんだと。

朝井:はい。

武田:それは、結構新しく気づいた欲というのか、自分はこういうものに、興奮というのか、見入ってしまうんだってことを発見されたみたいなことをお話しになっていましたけれども。

朝井:そうですね。

武田:そういう気づきもあったんですね。

朝井:それはちょっとお気楽な例ではあるんですけど、既に世の中でASMRと呼ばれるジャンルの動画がたくさんはやっている中で、あ、こういうものがあるんだと思っていろいろ見てみたら、なんにも家出なくていい日とかは、ずっと見ちゃう日とかがあったりとかして、これってどういう、何と合致しているんだろう、今、自分の中のっていう。

武田:それは、ずっと見ちゃうというのは、2時間なのか、6時間なのか、10時間なのか、どういうずっとなんですか。

朝井:足すと、6時間ぐらい見ている日とかもあるんです。ぶつ切りにしたもの全部足すと。

武田:はいはいはい。

朝井:っていう日もあったりとかして、怖いですよね。

武田:それは、6時間見ているときの4時間ぐらいっていうのは、まだいくぞっていうか、なんか自分の中での、それを見ていることでの安定感みたいなものがあるんですか。

朝井:何でしょうね。なんか止まれなくなっているような気持ちはあるんですけど、でも、本当にこれはすごくお気楽な例ではあるんですが。

 

今回は、世の中に既にあるものに呼び覚まされた自分の内なるもの、みたいな、今の話はそうなってしまうんですけど、もともと自分を司っているもの、自分の行動をすごく司っているものが世の中に全く存在しないというか、ほかに同じように司られている人が存在しないっていう状況……。

すごい難しいですね。小説の話を後からしようと思うと、結局足りないんですよね。小説ですごく長い文字数を使って書いたことを口で説明しようとしても、なんか。

武田:それは、僕は朝井さんのエッセイで読みましたけど、なぜこの小説を書いたのかというのを聞かれるのが一番苦手だと。

朝井:あ、ありがとうございます。

武田:今、10分前にそれをやったから、苦手なんだろうなと思いながら、今、画面を見ていましたけどね(笑)。

朝井:そうなんですよ。だから、全部大味になってしまいますし、後からどんどん自分で後付けしちゃうので、小説家の悪い部分、自分で筋をつくって、あ、この筋なら通るというのを喋りながらやっちゃうので、それは本当に難しい。よくないなと思います。

武田:難しいですよね。でも、なんか、それは、こういうふうに問いかけると、答えて、そこの箱にきちっと詰め込んで返そうというふうにされるから、でも、その箱を詰め込んだものと、実際のこの小説として出来上がった箱が、実はもちろん違うものだし、ということですよね。

朝井:そうなんです。この場を成立させようっていう思いが先行しちゃうので。箱を作っちゃうんです。この場が成立するための。

武田:そうですよね。それは自分もいろいろインタビューに答えてて、よくそういうふうに思うことはありますけど、なんかうまく合致できねえもんかなと思うんだけど、まあ、ずれますよね。

朝井:いや、本当に。しかも、今、生放送って、よけい箱をちゃんとしなきゃっていうふうにどうしても思ってしまうので。でも、ちょっと頑張ります。すいません。

武田:頑張りましょう。頑張りましょうっていうか(笑)。

朝井:(笑)

武田:互いに頑張りましょう、みたいな。

 

多様性について

武田:本の中身については、そこまで大きくは語らないほうがいいかなとは思うんですけれど、1つ「多様性」という言葉がすごく大きなキーワードになってきて、ここは読んでもいいと思うんですが、始まってすぐのところに、多様性というのは都合よく使える美しい言葉ではない。自分の想像力の限界を突きつけられる言葉のはずだと。

多様性、という言葉が生んだものの一つに、おめでたさ、があると感じています。自分と違う存在を認めよう。他人と違う自分でも胸を張ろう。自分らしさに対して堂々としていよう。生まれ持ったものでジャッジされるなんておかしい。清々しいほどのおめでたさでキラキラしている言葉です。

というような、結構、多様性についての強い言葉というのがフレーズとして出てくるわけですけれども、これもなかなか語りづらいかもしれないですが、「多様性」っていう言葉っていうのは、使いやすいけれど、そう簡単に向き合える、答えの出せる言葉ではないですよね。

朝井:そうですね。なんでしょうね。私、本当に風見鶏みたいな人間なんですよね。なんか答えっぽいものが提示されると、すぐにそれに寄っかかってしまうというか、ていう部分が本当に大きくて、ここ数年、多様性という言葉を聞く機会がとても増えて、どこか万能の解のような響きを持つような使われ方が、私が見聞きする中では多かったんですね。あらゆるものの解として提示されているような気がすることが多くて、それで多様性という言葉に対していろいろと寄りかかっていく自分がいたりとかしたんですけど。

この1年で、一時期、一時期というか、今でもステイホームという言葉が、それこそ万能の解かのように唱えられた時期というのがあったと思うんですね。私自身もその時、ステイホームなんだと思って、ステイホームしようと思って、いろんなものを買ったりとか、家にいられる状況を整えられるようにいろいろ動いたんですよ。

で、家にいられる状況が整って、ステイホームになりましたと、その時は解のように聞こえていた言葉にちゃんと座ることができたっていうふうに思ったんですけど、後から、例えば、それによって家庭ゴミが増えることとか、清掃業者の人が実は大変なことになっているとか、流通はすごく大変なことになったとか、万能の解だと思って座った場所からは見えない景色がすごいあるっていうことが大体後からやってくるんですよね。自分がすごい調子に乗って、これが解なんだと思って座った場所って、一見解っぽいんですけど、全然見えてないところがあってというのの繰り返しが人生だなと思っていて。

多様性という言葉も、私はいろんなものの解のように聞こえている時期があって、そこにすごく座りたい気持ちがあった自分を、すごいぶっ叩きたいというか、すごく高揚してしまって、解のようなものに対して盛り上がってしがみついてしまうところがあるので、そういうところから危ないなと、自分に対して思うというところはありますよね。

武田:今おっしゃった「ステイホーム」というのもそうだし、あるいは「お家」という言い方もものすごくされるようになって、僕はなんかあまり好きな言葉じゃないんですけれど、でも、そういった「お家」にしろ「ステイホーム」にしろ「多様性」しろ、そういう言葉があることによって非常に座りやすくなったというか、心地よく暮らせる人が増えたという実際のところがあるんだとすると、そこに対して、いや、どうなんですか?というふうに突っ込んでいく人が、非常にラディカルに見えるという現象があって、それをわざわざ選択しなくてもいいんじゃないかと思って、たぶん何も言わない人が多いと思うんでしょうけれども、でも、それは言葉とかその状態に対して、「本当にそれはいいことなのかな」っていう疑問はもっと持ってかなきゃいけないんだろうなっていうのは、この小説を読みながら考えましたけどね。

朝井:いやあ、そう言っていただけるとすごいありがたいんですけど。発売して1週間ぐらいたつ時期なので、やっと自分とちょっと距離感があいて、作品との距離感があいて、再考とか最終的な修正をしていた頃には見えてなかった問題点とかが、今、距離があいたことによってすごい見えるようになって、ああ、今、あそこ書き直したいなと思うところもいっぱいあるんですけど、難しいですね、本を完成させるというのは本当に。

 

共感と困惑

武田:今回、新潮社から本を出されていて、新潮社のツイッターを見ていたら、宣伝のPOPに、「共感と困惑が入り乱れている」というようなPOPが立っていて、僕は「共感」という言葉はあんまり好きじゃないんですけど、共感と困惑が入り乱れてるっていうことがわりと特別な――。人の出版社のPOPにケチつけるもあれなんですけど(笑)、共感と困惑が入り乱れてるっていうのって別に僕特別なことじゃないと思うんですよね。

朝井:うん。

武田:そもそもベースとして共感と困惑って入り乱れてると思うので

朝井:はいはい。

武田:それを何か特別なこととして宣伝文句にするのはちょっと違うんじゃないかっていうのを、でも、たぶん『正欲』を読み終われば、そこに気づく人も多いんじゃないかなって、ちょっと思っちゃいましたね。

朝井:うーん、そうですね。私も共感――共感て、今ある形を撫でてあげるみたいな。私自身もそういう気持ちで手に取る本もたくさんあるんですよね。今の自分を安心させてほしいみたいな気持ちで手に取る本っていうのもすごくたくさんあるし。なんですかね、今、やっぱり、なんだろうな、これも言葉がすごく難しいんですけど、なんだろう、共感できなかったっていうことが、その作品があまり面白くなかったっていう評価に繋がることもすごく多いような気がしていて、出版社としてのエクスキューズとして、共感を求めて手に取ったら満足できないかもしれませんよっていう

武田:あ、なるほどね。

朝井:エクスキューズもあるのかもしれないですね。

武田:でも、僕は、どんな読書体験でも、個々人が困惑した状態で、困惑同士がそこら辺を泳ぎ渡っている状況でいいんじゃないかなって思うんですよ。別に読書をした人が肩組む必要というのはないんで。

朝井:はい。

武田:そういう意味では、この『正欲』を読み終わった後の困惑っていうのは、すごくそれぞれ違った歪な形をしてるというか、読んだよねの後の感覚がそれぞれ違ってて、すごく。だからこそ対話をしたくなるっていう内容なのかなとも思いましたけどね。

朝井:そうです。ありがとうございます。私も、本を読む時って、どちらかというと自分の頭の外にあるものに触れたいというか、共感して安心してというよりは、うわあ、こんな言葉知っちゃった、こういうふうにここを言い表されちゃった、みたいなことを感じたくて本を手に取ることが多いんですけど、でも、なんかやっぱりそれって結局出版業界の中にいるからなんだろうなあとも思うんですよね。もっと、千何百円出したんだから、現実逃避もちろんしたいだろうし、なんて言うんですかね、お金払ったんですけど困惑させられましたけど、みたいな人の気持ちもすごいわかるというか。

武田:ええ。

朝井:そうなんですよね。そこはいつもなんか迷います。

例えば、最近、入院した友人がいて、その友人に本をみんなで、暇だろうからということで、本をセレクトしたんですけど、この時に選ばれる本というものを書いたほうがいいんじゃないかとも思ったんですよ。

武田:入院のときに限られた本の中の一冊でありたい。

朝井:そこに入る本て、困惑を授けるものではないかもしれないなとは思ったりとかする時もあったりします。

武田:なるほどね。

 

比喩表現について

武田:朝井さんは、日常の会話にも比喩が多くて疲れるって言われることがあるっていう話を聞きましたけど。

朝井:そうです。

武田:僕は、でも、朝井さんの本を読んでて、比喩表現というのが素晴らしいなと思うことが多くて。

朝井:(笑)

武田:この『正欲』と対抗の『スター』という作品の中にも、ある箇所で、「その判子さえ押してもらえれば処理できる書類をずっと抱えていたかのように、母がスッキリとした表情で台所から出てくる」という比喩とか

朝井:(笑)

武田:『正欲』という本の中に「海水浴から上がったままの体で人の車に乗り込むような無遠慮な視線」というふうに書いてあって

朝井:ハハッ(笑)

武田:これは、なんかなかなか……。でも、「海水浴から上がったままの体で人の車に乗り込むような奴」っていうのはいるんだけれど、それとも「無遠慮な視線」というのは、たぶん今までつながったことがなかったと思うんだけれど、こういった比喩表現というのは1発で探し当てられるんですか。それとも、5発6発撃ってこの1発にしようっていうふうに搾り取るんですか。

朝井:今改めて声に発していただいて思ったんですけど、長いですね、私の比喩。ほんとに(笑)。

武田:僕はこういうくどいのが好きなんで

朝井:くどかったですねぇ(笑)。

武田:こうやって声に出して、例えるのに例えのほうが長くて、まさにそれこそ困惑させるけど、「その判子さえ押してもらえれば処理できる書類をずっと抱えてたかのように母がすっきりとした表情」っていうのは、今まで見たことのない表情なはずなんだけど、あれねって思えるっていうのは凄いなあと思うんですよね。

朝井:私、本当に比喩を、これはいろんな編集者の方から、あと、自分でも思うんですけど、比喩って、とっておきの時に入れるから輝くっていう。

武田:そうですねよ。

朝井:ねえ、そうなんですよ。私、本当に気抜いたら、就活の時にエントリーシートでめちゃくちゃ比喩書いてて

武田:ああ。

朝井:めちゃ添削されたりしてしまうぐらい、癖(へき)なんです、たぶん。楽しくてやっちゃってるところがあって。

武田:それは、その場を盛り上げようと思っているんですか。それとも、自分の体内にある気持ちを、よりちゃんと輪郭化させるために比喩を使っているんですか。

朝井:輪郭化がたぶん強いと思うんですけど。だから、たぶん、本当に人にわかってもらいたいっていう独りよがりな思いがすごい出てるんだと思います、そこに。

武田:なるほど。でも、それは、うまくいっていないわけでしょう(笑)、それを人に伝えるという日常会話で。

朝井:そうなんです。だから、小説の中でも、文章全体のことを考えて、ここで引き締めるぞという比喩じゃないわけですよ。数撃つぞ、みたいな感じで。今、朗読でされて、すごい嫌でしたもん。長げーっ!と思って。

武田:(笑)

朝井:まだ例えてるよって思いましたから、今。びっくりしゃいましたね。

武田:じゃあ、でも、それは、常に比喩を考え続けてきたら、テキストを書く時にはわりとスラスラ出てくるわけですね。

朝井:そうなんです。そうです。パソコンに向かってる時は、結構サーッと出てくるから、今、気持ち悪いなと思いました(笑)。サーッと出てきてんじゃねーよって思いましたね。

武田:でも、それは、僕、こういうふうに読者として、ここがすごくよかったですというふうに伝える比喩というのは、まだ恥ずかしいで済むけれど、例えば編集者と話してて、ここの比喩、本当に寒いんですけどとか、ここの比喩全く機能してないですよって言った時には、かなり折れますね、これはね。

朝井:大声を出しますね。

武田:(笑)それしか対応ないですね。大声を出すぐらいしか。

朝井:ないです。ない。大きな声を出して、感情を……。

武田:それでもチャレンジする。

朝井:だから、癖(へき)なんですよ。チャレンジというか、もうやっちゃってるんですよ。だから怖いですよね。

武田:でも、それで、いやあ、朝井さん、今の僕のように、「いや、この比喩最高でしたよ」って言われたときには、よし、この癖(へき)をまた強めていこうというポジティブな気持ちで向き合えちゃうわけですか。

朝井:無意識のところで、やっぱりこれでいいんじゃんと、たぶん今、調子に乗ったので、たぶんまた強くなっちゃうでしょうね、今ので。

武田:また強くなっちゃう(笑)。

朝井:(笑)

武田:そのバランスを保ちたいけど、やっぱり癖(へき)が。

朝井:そう。文章全体として、ここで比喩を入れたほうがいいってできるのがベストですよね。

武田:でも、僕は、いつでもどうでもいいことを考えている人がすごく好きなんで

朝井:ハハハッ!

武田:この本の中でも、紅白歌合戦のくだりがあって。

朝井:ああ。

武田:さんがけん玉をやるのを

朝井:(笑)

武田:後のほうで、けん玉をやっていた人たちが最後のほうに出てきて、最後までずっといたんだっていう、この描写、別に要らないだろうっていうのが

朝井:要らない(笑)。

武田:出てくるんだけど、でも、やっぱりこの見方をするのが大事だなっていう。三山ひろしのけん玉をやっていた人が、その後どこまで紅白に付き合ってたかっていう観点は、僕は紅白を観る上では非常に重要だと思うので、そういうところを見ると興奮しますよ、こっちは。

朝井:すごく救われました。要らないなって思ったんで、今、自分でも。救われました。

武田:いえいえいえ。

あっという間にお時間がきてしまいまして、そろそろお時間となってしまいました。

朝井さんの最新小説『正欲』。正しいに欲と書く『正欲』は新潮社から発売中です。

朝井さん本日はありがとうございました。

朝井:ありがとうございました。

 

 

『ザ・ベストワン』に出た話

 

オードリーのオールナイトニッポン 2021年4月3日

 

若林:そう言えば、この間、『ザ・ベストワン』でイタコのネタやらせてもらいましたけどね。

春日:うん、うん。

若林:あれ、すごい光景だったなぁ。

春日:うん。

若林:春日さんが、ほら、脇から魂抜いたじゃない。ザ・ベストワンで。

春日:うん。

若林:びっくりしたね、本当に。

春日:(笑)。

若林:本当にセンターマイクで「魂抜いた」っていったら、本当、センターマイクの前に腋毛が2本見えたんですよ。その腋毛が2本も、なんて言うんだろう、きれいに、きれいにこう、Vの字。ビクトリーのVになって。

春日:ハハハハ ありがたいよね。

若林:それで、抜き立ての毛って、毛根についてるじゃない、油が。丸く。

春日:ハハハハ はいはい。

若林:あれが見えて、すごい不思議な光景だった。キューブリックの世界に入った感じのさあ。

春日:ハハハハハハハ

若林:俺の目は、確実にセンターマイクの前の春日の腋毛2本にピントが合ってて、遠くにお客さんがいて。

春日:ハハハハ

若林:たぶん見えないだろうけども。

春日:そうだね、そうだろうね。

若林:伝えなきゃっていう。

春日:うーん。あれはよかった。気持ちがよかったねぇ。うん。

若林:腋毛が2本見えた。腋毛が2本越しにネタ番組のお客さんが見えたからなぁ。

春日:うーん。

若林:不思議な光景だったなぁ。

春日:やっぱ、やってる時も、あれがオンエアされると思うと、今までで一番興奮したよね、やっぱね。

若林:そうだね。

春日:私はね。

若林:俺もね、腋毛が2本見えた時にね、センターマイクの前に。面白すぎて、今、死にたいって思ったからね。

春日:ハハハハハハ 一番いい時に。

若林:ハハハハ そこまでネタやってきて、もあるんだけど、2本見えた時に、面白すぎてね。思いましたけどね。

春日:あれは、ありがた……それもオンエアしてくれたからね。(オンエアして)もらったからね。

若林:ありがたいよね。

春日:ありがたいよ。面白かったよ。普通にオンエア観ててさ、実家で観てたんだけどさ。飯時だったのよ。みんなわちゃわちゃしてるから、そんなにね、ついてはいるけど、じっくり観ない、みたいな。

若林:観ろよ!お前。

春日:(笑)感じだったの。

若林:ネタ番組に出るのなかなかないだろ!

春日:あたしだけはずっと観ててさ、笑っちゃったのよ。フフフフ

若林:俺も、俺も笑っちゃった(笑)。

春日:自分で観て笑っちゃってて。したら、なんかさぁ、母親かなんかにさ、「自分のネタ観て笑ってるよ」とかイジられてさ。ほんと久しぶりに「うるせぇっ!」つって言ってさ。なにイジってんだ、と思ってさ。

若林:いや、うるせぇなあ! 俺が作ったネタ、ケチつけてるのか、お前んちの母親。

春日:いや、そんな……いや、そんな……

若林:ふざけんじゃねぇーぞ!

春日:いや、そこ……

若林:行くぞーおい!

春日:いやいやいや(笑)。

若林:ハハハハハハハハハ

春日:もっと面白怒りしてくれよ。

若林:ハハハハハハハハハハハ

春日:なんでほんとにキレちゃってるの。

2人:ハハハハハハハハハハハ

春日:ついついさ、自分でも。それはちょっと恥ずかしいっちゃ恥ずかしいじゃん。

若林:ま、自分で笑ってるっていうのはね。

春日:自分でね。だけど、笑ってたんだよね。

若林:腋毛のとこでね。

春日:そうそうそう。

若林:「お前、腋毛抜いてんじゃねぇーか!」ってところね。ハハハハハハ

春日:したらイジられてさ、ちょっとムカついちゃったけどね。

2人:ハハハハハハハハ

若林:いやあ、でも、ちょっとその言い方はちょっとカチンとくるね。それ、お父さん転がしてないよね? その後入ってきて。大丈夫だよね? それは。

春日:父親はね、逆にこっち側。ちょっと突っ込んでたかな。

若林:なんて?

春日:母親にね。

若林:母親に。「いいじゃないか」。

春日:「いいじゃないかよ。自分で観て面白いんだったら笑うだろ」みたいな。

若林:お父さんはいいわ。ありがたいわ。お母さんが、でも、言うの?

春日:なんか大きくしようとしてさ。みんなに知らせよう……

若林:出来事をね。

春日:そうそうそうそう。

若林:なんか言われてるもんね、春日のお母さんて“街の拡声器”だ、みたいな。

春日:ハハハハハハハ

若林:噂話とか(笑)。

春日:1を100にするつってね。

若林:ハハハハハハハ

春日:いやいや、そんなことはないわ。みんな気づいてなかったから、ほかの者たちに知らせる、みたいなぐらいの言い方? 「自分で自分のネタ観て、漫才観て笑ってるよー」みたいなさ。

若林:腹立つな。お前の魂も抜いてやろうか!このやろう。

春日:ハハハハハハ

若林:フフフフフフフ

春日:いや、そんなさ……

若林:冗談だけどね、今のは。

春日:冗談……

若林:冗談じゃないと思う人が声がでかいから、一応言っとかないとと思って。

春日:いや、そんな感じですよ。

若林:でも、そうか。ザ・ベストワンも出させていただいて、楽しくやらせていただいてね、アドリブの部分もあったもんで、ちょっと編集も大変だったかと思いますけど、本当楽しかったね。ベストワンありがたかったね。

春日:いやあ、そうですね。

 

 

23時台にお引っ越し第1回目

あちこちオードリー 2021年3月31日

 

水曜23時台にお引っ越しの第1回目

ゲストはアンミカさんと宮下草薙

 

imadokiyuuka.hatenablog.com

 

前回、宮下草薙がゲストで出演した時の書き起こし、この終わり方でよかったのだろうか。今となっては音源が残っていないのでわからない。

昨夜の『あちこちオードリー』は、11時台となった初回で、この間、M-1 を見返した草薙くんは、オードリーとやりづらくなったと。笑(2021.04.01)

 

宮下くんは今付き合っている彼女にいつプロポーズしたらよいかと突然の発言。

草薙くんはお笑いが好きになってきたと。

宮下草薙は、今も仲よく喧嘩している感じだった。ラジオもそんな雰囲気。

アンミカさんに影響されて、HAPPY、LUCKY、LOVE、SMILE、PEACE、DREAMを唱え、時にはポジティブ、ポジティブを付け加えるという草薙くんと、月を眺める春日。笑

 

f:id:imadokiyuuka:20210401104320j:plain

f:id:imadokiyuuka:20210401104409j:plain

f:id:imadokiyuuka:20210401104427j:plain




 

ぐるぐるぐるぐるソフトクリーム

 

フワちゃんのオールナイトニッポンX 2021年3月31日

 

フワちゃん:オープニングトークが本当にトラウマで、私、何喋ったらいいんだろうなと思ってすごい不安だったの。

そうしたらね、私、最近、春日さんとエアロビやってて、それの関係で春日さんの奥さんとも最近仲よくなってね。クミさんて言うんだけど。さっきクミさんからLINEがきたの。

「フワちゃん今日のオールナイトニッポンX頑張ってね。楽しみにしてるよ」っていうLINEがきてて、嬉しいなあって思って。そしたら、「これ、フワちゃんのオールナイトニッポンXが成功するように元気が出る動画送っときます。春日が読み聞かせをしてる動画です」って動画が送られてきたの。

でもさ、待ってよ。私、大人だよ。フワちゃんだいぶ大人なのに、春日が読み聞かせしてる動画で、そんなんでなんかになるわけないじゃない。ナメないでもらっていい?と思って動画開いたら……可愛かった(笑)。春日が読み聞かせしてるのが可愛かった(笑)。「ぐるぐるぐるぐるソフトクリーム」って言ってた。可愛い!(笑)

春日も春日の赤ちゃんも可愛いから、だから、私、今とってもご機嫌。すっかりご機嫌。ほんとありがとうクミさん。春日が読み聞かせしてる動画、超可愛かった(笑)。ほんとにありがとね。今もまた見ちゃおうかな。

かわ……えーっ!待って、今ケータイ開いたらクミさんから「2人で聴いてますよ」って。聴いてー!可愛い!可愛いねー!大好きだよっ!アンミカさん夫婦に並ぶぐらい好き。可愛い(笑)。

 

 

フワちゃんは、オードリー2人とも好きみたいなんだけど、なぜあんなに懐かれているのか不思議。でも、特に春日さんはなんにも発信しないから、フワちゃんのツィッターYou Tubeで近況が知れるのはとってもうれしい。しかも春日さんが読み聞かせ!

 

 

感想

アマゾンプライムで『愛がなんだ』を観た。

うわぁ、誰にも感情移入できない、と思いながら観てるのに目が離せなくて、仲原の「愛ってなんなんすかね」でグワーッときて、終わってから再びグワーッ。余韻がすごい。

ますます『あの頃。』が観たい。しかし、今は事情が許さない。早く……早くなくてもいいや。配信でも、DVDでも、出たらぜひ観たい。