顔線芸人

 

オードリーのオールナイトニッポン 2020年5月16日

 

若林:こんばんは。オードリーの若林です。

春日:土曜の夜、カスミン

若林:よろしくお願いいたします。

春日:ひとつよしなに。

若林:ジェシーも聴いてくれてるオードリーのオールナイトニッポンですけど。

春日:ありがたいよね。

若林:ハハハハ

春日:着々とふえてるよね。SixTONESの聴いてる人が。

若林:いろんな人がトゥースをカバーする中でも結構トップクラスに面白かったのよ、ジェシー。「タゥース!」ハハハハ あれずるいよな。ジェシーみたいなロケットスタートで芸能界に入ったら、ずっとあれで走れるもんな。

春日:(笑)走れるというか、走らざるを得ないというか。

若林:そのイカれてるスタートで。

春日:ハハハハ

若林:あれは本当思う。春日さんを目立たせるっていうことで、漫才では。なるべく個性消しにいった感じだったじゃない、スーツ着て、俺。

春日:はいはいはいはい。

若林:だから、ティモンディのツッコミの子(笑)。

春日:はいはいはいはい。

若林:俺、あの子の気持ちすごい…腕あると思うのよ、すごい。ネタもね。ネタ書いてたんだよね?きっと。どうなんだろう?

春日:書いてそうだよね。だから、わかってる、役割が。わかってる顔してテレビ出てるもん。

若林:キャハハハハ

春日:思う、思う、思う。

若林:わかってる?

春日:わかってる。高岸君にすごい優しいしね。

若林:わかる、わかる。

春日:「その握り方は何ですか?」

若林:アハハハハ

春日:なんだ、その!…なんか持つ時にフォークの握り方。「なんだその持ち方!」とか、自分の手柄にしないで。

若林:チョコンてパス出して打たすもんね。

春日:そう! いいよね~やっぱり。前田君ね。

若林:前田君がわかって、個性消してさ、見た目もさ。

春日:そうそうそうそうそう。

若林:ただ、「前田君は」という日が来るじゃない。

春日:来る!

若林:あん時にやっぱり肩ぶん回すんだろうな、前田君は。

春日:まあ、そうじゃない?

若林:ちょっと聞いてみよう。スペシャルウィークに呼んで。「肩ぶん回すのか?」つって。ハッハッハッハッ

春日:「どう?」つって。「肩もう作ってる?」つって。「素振りもしてる?」つって(笑)。

若林:一歩どころか二歩引いてるもんね、高岸君の横で。

春日:そうだね。もうもうブルペンに入ってる状態だもんね。

若林:そうだよなあ。

春日:呼ばれたらすぐ行けるように。

若林:ほんと、見た目は失敗したと思ってる、俺は。だから、いろんなことの弊害が出てるっていうか。

春日:今になって?

若林:どうした?どうした?ってなっちゃうじゃん、俺が。

春日:ああ。

若林:ほんと、大槻ケンヂさんみたいなメイクでデビュー、ズレ漫才で『おもしろ荘』に出ればよかったなと思って。

春日:確かになぁ、顔に線入ってる人、まともじゃないと思うもんね。

若林:ハハハハ 顔に線入れればなあ。今からでも顔に線入れようかな。

春日:いや、それは遅いのよ。したら、驚いちゃう。「若林どうした?」つって。

若林:俺は前田君に言いたいよ。「明日からでも顔に線入れたほうがいい」。

春日:いやいやいや、前田君はもう遅いよ。だったらもうドン!で入れてないと。

若林:ジェシーでスタートしたら無敵だよなあ。

春日:いや、そうだよな。

若林:始まりからやんなきゃダメだもんね。

春日:やんなきゃダメだし、それのほうが……まあ、でも……。

若林:だから、向井君とかね、パンサーの。大きい番組のロケで、全てを担わされてるみたいなロケしてるのよ。向井君が。

春日:そうだね。

若林:向井君は名古屋のラジオと深夜のトークライブでぶちまけてるぞ、きっと。ハハハハ 顔に線入れてないから。

春日:ハハハハ そうね。

若林:前田君と向井君を顔に線入れた状態で呼ぼうよ。ハハハハ

春日:そうだね。これがホント世に出る一発目で、架空のね、線入れてどう立ち回るかっていうね。今までやりたかたったことを全部やってくれつって。

若林:“顔に線入れたほうがいい芸人”は、あと誰がいるんだろう?(笑)向井君、前田君と、あと俺だよな。

春日:若林さんもそうだろうね。

若林:俺はだいぶ皆さんに助けてもらって、そういうとこもあるよって言ってもらったりもしたけど。

春日:はいはいはいはい。

若林:あと誰だろうなあ?

春日:いわゆる第7世代は、“顔線芸人”は結構いると思うけどね。

若林:今ね。

春日:みんなもうわかってるじゃない。

若林:そうか、そうか。

春日:ジョイマンの池谷君みたいな子はいないじゃない。ハハハハ

若林:お前(笑)。

春日:出始めよ。今はもう全然、逆にそれが面白くなってるけど(笑)。

若林:でも、飲みに行ったら、今もまあまあリアルタイムで鬱陶しかったけどね。

若林・春日:ハハハハハ

春日:いいね(笑)。

若林:がっつり話せる感じあるから。「あの時はね」みたいな話をね。

春日:そうね。「若かった」みたいな。今の子たちはわかってそうな。

若林:でも、ツッチーもめちゃくちゃ、土屋君もめちゃくちゃ『アメトーーク』出てるしな、今。

春日:うん。

若林:土屋君の腕のすごさはどんどんどんどん出てるよね。

春日:うん。だから、徐々に、時間がかかるっていうことだからね。面白さは絶対出るじゃない。

若林:いつかね。

春日:いつかね。こっちの子はどうなんだろう?つって、おやおや?面白いぞ、また違った面白さあるぞつって、時間はかかるけどもってことなんだね。

若林:いつかそれが出る日が来るっていうのは難しい問題だよな、ほんとな。

春日:うーん、そうねぇ。

若林:だから、あれで出過ぎないっていうところがすごいよな、ティモンディの高岸君が目立つからわかってて。

春日:いや、そうだね。焦って「自分も」みたいなふうになったりしそうじゃない。あんだけいろいろロケやら何やら呼ばれて、「あれ?」つって、「アタシ全然だな」つってね、ちょっと間違えちゃうこともあったりするじゃない? 番組によっては。

若林:ハハハハ

春日:それは見受けられないもんね。

 

若林:そう考えると、俺なんか、『おもしろ』…あれじゃない? M-1よりも前に『おもしろ荘』で出させていただいたから、『ぐるナイ』で春日がどっかの鉄橋行って、小島よしお君とか、それこそジョイマンとさ。

春日:九州のね。

若林:90メートルぐらいある鉄塔を登るやつ。梯子を。

春日:どういうロケだったんだっけ?

若林:鐘を鳴らすんだよ。鉄塔を登ってって。

春日:あ、そうだっけ?

若林:春日が鉄塔を命綱つけて梯子登ってんの。で、俺は、小屋みたいなところで、横に矢部さん、横に岡村さんに挟まれて、相方っていうことで。

春日:ハハハハ

若林:「春日ってこういうのどうなの?」とか、すっごい優しかったね。あのM-1前の俺にだよ。

春日:ああ。

若林:俺なんか個性ゼロの、期待ゼロだったからね、現場で、あん時の俺は。

春日:まあ、そうだろうね。

若林:何が「まあ、そうだね」だよ! 帰れ!お前。本当に帰れ!

春日:なんで帰るんだよ?

若林:ナイナイさん2人で始まるけど、俺1人でやる。

春日:おかしいだろ!

若林:いろいろ気をつけながら1人でやる。

春日:おかしい。絶対数が決まってるわけじゃない。差し引きじゃないからね。プラスされたから引かなきゃいけないとか。

若林:石井ちゃん決まってんだよね?

春日:枠決まってんの?人数。

若林:オールナイトの人数っていうのは決まってるの、バチッと。

春日:1人ふえたから減らさなきゃいけないとか?

若林:1人減らす。枠が決まってるから。

春日:いやいや、そういうことじゃないでしょ、枠って。

若林:ハッハッハッハッ

春日:人数制限ないだろう、単純に。なんで相田君か春日だよ! おかしいだろ!

若林:肩に手かかるかもしれない。相田と春日はちょっとね。ハハハハハ

春日:1人ふえたんでつって。いやいやいやいや(笑)なんでつなぎの役目なんだよ!

若林:矢部さんインの春日アウト、みたいな。

春日:ハハハハ 交替制で。

若林:相田君は今は絶対肩に手置かれない。

春日:あ、そう。

若林:すごく今いいから、2人が。

春日:ハハハハ

若林:2人でやってることが三四郎は。だから、月-土で見ると、やっぱ春日が。ハッハッハッハッ

春日:(笑)いや、そういうことじゃないでしょ。

若林:そういうことじゃないんだよな。

でも、俺も2人でやりたいなと思う。やっぱりお前とは。

春日:うん、それはありがたいよね。

若林:ありがとな。10年間。俺のしょうもない話に耳傾けてくれて。

春日:いや、ホントそうだよね。

若林:帰れ、お前。

春日:なんでだよ!

若林:ハッハッハッハッ

春日:そっちが言うことにほぼほぼ相槌打ってるだけだよ、こっちは。

若林:ありがとな、10年間な。

春日:ウィ~。ウィ~。

若林:ソーシャルグータッチね。

春日:うん。

若林:アクリルボード挟んでますから。グーとグーの間にアクリルボード。

春日:アクリルがあるからね、ガッチリね。

若林:カツンカツンつってね。

春日:うん。

若林:一個多いからカツンが。アクリルボード挟んでるから。

春日:そうね。カツン、カツン、コン、だからね。

若林:ソーシャルグータッチ。

春日:カツン、カツンか。ハハハハ

若林:ありがとな、ほんとな、いつも俺のしょうもない話聞いてくれて。

春日:ウィ~。

若林・春日:ハハハハハ

若林:後で拭いときますから。

春日:大丈夫、大丈夫、それはね。

 

若林:いや、そうなんだよなあ。あん時、すごい聞いてくれたもんな、岡村さんも矢部さんも。一生懸命しゃべってたわ。「こういうの得意だと思いますよ」みたいな。笑いこそとれないけどね。怯えてばっかりで。

春日:まあ、そうだろうな、あの頃は。

若林:お前いい加減にしろよ!

春日:なんでだよ! なんでだよ!

若林:とったに決まってんじゃん、2~3。

春日:フッフフ

若林:知ってるだろう?お前も。

春日:うん、それは知ってるよ。笑いなしで終わる男じゃないっていうのは知ってるよ。

若林:ハハハ ありがとな。

春日:ウィ~。これからもよろしく。

若林・春日:ハハハハハ

若林:アクリルボード挟んでますから。

春日:それ何回…毎回説明しなくていいよ。

若林・春日:ハハハハハ

 

若林:だから、ある。

春日:そうよ、その時期だよね。

若林:いろんな思いを抱えてる、顔に線入れたほうがいい芸人がいるんだよ。探そう、それね、今度ね。

春日:うん、そうね。それを集めて、その人たちを。確かにちょっとやってみたいね。

若林:やってみたい、やってみたい。いるよなあ、そういうのがなあ。あるよな。『あちこちオードリー』でも、太田君とか、ジャンポケの。話聞くと面白いよね。そういう部分があるんだ、なんていうのはね。

春日:そうね。だから、ほんとに、太田君もそうだけど、太田君なんか完全にそうだけど、ネタ書いてる上に二歩引いて、みたいな芸人さんは、きついというか、いろいろあるだろうね。

若林:きついと思うよ。だから、前田君もそうだよね。

春日:たぶんそうじゃない? ネタ書いてなかったらまだね。

若林:そうだよな。

春日:ネタも書いた上に目立てないなんてさ。それはやっぱ顔に線入れるわな。

若林:これ、だから、前田君も太田君も自分で司会やるようになって番組持ち出すと、ネタ書いてる上に司会となると、映像とか、今日絡む人のウィキペディア調べたりとかがバーッとあって、終わった後も、あそこがああだこうだってある中で、「そろそろ新ネタ観たいんですけど」みたいなDMが来るんだよ。

春日:ハハハハ

若林:司会するほうがネタ書かないコンビのほうが、両輪になるんだよ。

春日:なるへそ!

若林:そうでしょ? 上の人たち。

春日:役割分担としてね。

若林:そうそうそうそうそう。だから、それはあると思うよ。ただ、自分であまりにも「ネタ書いてます」って言ってると、“明日から瀧上”っていうのがありますからね(笑)。

春日:キーッ(笑)いわゆるね、“瀧上状態”ね。

若林:ハハハハ

春日:ハハハハ 難しいね。

若林:今、それはもうキャラになって、ちょっとハネ始めてるからね、瀧上君もね。いい方向に転がるんだろうね、それは。

春日:だから、ようやく気づいてきたというか、わかってきたというか。我々は知ってたけどね。世間が面白さをさ、ようやく世間がわかってきたっていう状況だろうな。

若林:もあるのかなあ。それもそうだよ。流れっていうのはあるよな。

春日:そうね。その時がやっぱ来るんだね。