読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドルと落ちこぼれ

 

エレ片のコント太郎 2017年4月29日

 

やつい「絶対好きにならないからね、落ちこぼれのことは、女の子は」

片桐「はははは(笑)」

今立「そうだね」

片桐「ないの?みゆきパターンはないの?」

やつい「ないない。こういうことで納得している人多いけど」

今立「夢なんだね、それが」

やつい「こういう人たちが読むから、こういうキャラがいるわけじゃん」

 

やつい「落ちこぼれが助かるっていう方法が一番売れるんだよ。それはそうだよ。みんな落ちこぼれなんだから。『101回目』も何でヒットしたといったら、ブサイクが(聞き取れず)だからだよ」

片桐「そうなんだよなぁ」

今立「共感するからね」

片桐「でも、やっぱ長谷川初範さんに行っちゃうんだよね」

やつい「行っちゃってたじゃん!そうなんだよ。どれだけ読まされてきた?そういうの」

今立「確かにね。あのウソを」

やつい「よく見てみろよ、格好いいんだから」

今立「確かに。モテはするよ」

 

やつい「クラスのアイドルや国民的アイドルは、(落ちこぼれを)好きにならないということだよ」

今立「そうだよ。なんないよ、そんなもん」

片桐「なんないかな?万に一つあるかもしれない」

今立「ないって、そのシマは」

やつい「頑張るしかないんだよ」

今立「そうだね。能力として上げるとか」

片桐「性格がいいとか。落ちこぼれだけど」

やつい「落ちこぼれないよ、性格のいい奴は」

今立「そうだね」

片桐「ええーっ!?性格のいい奴は落ちこぼれないの?」

やつい・今立(笑)

今立「バカになっちゃう(笑)」

片桐「ほんとの自分をわかってくれる、みたいな。性格のよさで」

今立「はあ?」

片桐「はあ?」

やつい(笑)

片桐「国民的アイドルも、幼なじみの、どうしようもないけど性格がいい奴が、本当の私のことを知ってくれているから、やっぱりこの人しか私にはいないんだ」

今立「相当後じゃないの?それは。若い時にはソレないんじゃない?」

片桐「ないよな。いろんな人と出会ってくわけだからなぁ。素敵な人に会うわけだからな」

やつい「若いうちのほうがまだあるかもね」

今立「まだある。見えてないから」

片桐「世界広がっちゃったらな」

やつい「広がっちゃったら、もう」

片桐「もう戻ってこないよな」

やつい「入れ代わってくから価値観が」

片桐「そうだよなぁ」