読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「殺すぞ」

 

オードリーのオールナイトニッポン 2017年3月25日

 

若「水曜日にネタ番組の収録行ってきて、『ネプ&ローラ』っていう」

春「うんうん。TBSのね」

若「そうそうそうそう。番組で行ってきたんすけど、ちょっと話は遡りまして、『ENGEIグランドスラム』で春日がネタを軽く飛ばしたみたいな瞬間があって、そこ、僕は飛ばしたなぁと思って、まぁ、ちょっとお客さんも気づいてるなぁ、飛んでることにと思ったから、突っ込んでるんですよ」

春「うん」

若「何飛んでんだよ!みたいなことで。そこはオンエアしてくれたんですけど、その後1分ぐらいのくだりを春日ごっそり飛ばしてるんですね。『ENGEIグランドスラム』で」

春「ああ、そうだね。一段落みたいなやつだね」

若「ワンブロック丸ごと飛ばして、いきなり急行でオチに向かっていったんです」

春「ハハハハハハハ(笑)」

若「これって、噛んだりしてることじゃないから、「飛ばしてんじゃねーよ!」っていうのは、言った場合、戻ってそこをやることになってウケるわけないし、「ウケるわけねーだろ!」でケリつけるにしても、1個もう既に飛ばしてるし、みたいな。ネタやってる最中も大声出しそうになったんですけども」

春「ハハハハハハハ(笑)」

若「で、これがまた『ENGEIグランドスラム』の本番前に時間が遡るんですけど、先ほども話しましたけど、スマホの俺の送った台本のメールを見ながら稽古するんすけど、本番20分前に楽屋で稽古してた時に、スマホの台本を見ながらやってたんですよ、春日がまだ。本番20分前に。で、俺、うーん、これ、20分前に覚えてきてほしいっていうことは、まぁ1点ある。ただ、春日ってそういう人間だよっていうのも、もうこの年になってわかってる。だから言わないんですよ。

あともう一点は、本番20分前に台本見ながら稽古してたら、相方が不安になるだろうと。コイツ覚えてないんじゃないかっていう配慮がない人間だっていうのも俺はわかってんす、もう」

春「ハハハハハハハ(笑)」

若「だから、まぁまぁまぁ、春日ってそういうタイプだから、本番でできたらいいじゃないかっていうスタンスに入ったわけですね。そこは言わなかった。で、本番やったら、1個甘く飛ばし、1分のくだりを全部ごっそり抜けたということがあって、マジで、もう5年ぐらいダメ出ししたことなかったんすけど、楽屋戻ってきたんすよ、終わって。それで、これはちょっと言おうと思って。体とか鍛えて、レスリングとか1回戦で負けて、ネタ覚えてこないっていうのは、ちょっと言ったほうがいい」

春「ハハハハハハハ(笑)まぁ、そうだね」

若「事務所の社員も春日の日頃の恫喝にビビッて、みんな何も言えなくなっちゃってますから」

春「いやいや、待て待て待て。いやいや、してない恫喝。ハハハハハハハ(笑)」

若「俺はね、楽屋帰ってきたら言ったんですよ。まぁ、春日さん、と。本番前に台本読みながら20分前にやってるっていう心持ちじゃあ、漫才はちょっと困りますよと。まぁ、ちょっと今ラジオだからよく言ってますね。覚えてこいよと。殺すぞと言ったんですよ」

春「うん、そうだね。いただきましたね」

若「ブラックコンビなんでね、我々は」

春「そうね」

若「殺すぞって普通にいつも、10年前ぐらいだったら、普通に「あそこ飛んでじゃねーか殺すぞ」ぐらいで、よく言ってたんですよ。10年、15年前は。でも、「殺すぞ」って言った途端、スズキっていう二十歳ぐらいのマネージャーとスタイリストの福田さんと岡田と大介が、蜘蛛の子散らすように楽屋の外に走って出てったんです」

春「ハハハ(笑)そうだね」

若「これが結構俺の環境の変化で、5年前は「殺すぞお前」とか言ってたら、まぁ、またやってんな、ぐらいだったと思うんですけど、この5年の月日が「殺すぞ」が本気みたいに映って。で、スズキなんて、俺たちがそんなの、二十歳で、あいつ半年ぐらいか今」

春「そうだね、まだね」

若「1年はまだたってないよね」

春「うんうんうん」

若「ブワーッ走って出ていってね」

春「そうだね」

若「ははははははは(笑)」

春「声すら上げてなかったけどね。あの男、ワーッて言って出ていくスピードだったよ(笑)」

若「そうそうそう。俺も追いかけたら変だし」

春「いやまぁそうだね」

若「次の日に「あれごめんね昨日」みたいな。「あんな感じなんだよ俺たちって」つって言って。で、「若さん、スズキはさすがにトラウマになっちゃいます」と。ははははははは(笑)」

春「まぁ、そうだよね。びっくりするね」

若「確かにな、若林さんがそういう言葉遣いをするっていうイメージがたぶん今はないんだよ、みんな」

春「ああ、そうか。そうだなぁ、確かに」

若「そうそうそう。というのが、まぁあったんです。

したら、やっぱりその尾を引いているのか、『ネプ&ローラ』でも「1回ぐらいやっとく?」つって、稽古を2人で「はいどうもオードリーです」って、座りながらなんだけど、最近は。始めると、蜘蛛の子散らすように楽屋の外に出てくんですよ(笑)」

春「そうだね」

若「ははははははは(笑)いや、そういうわけじゃないんだよというのがあったりしてね」

春「はいはいはいはい」

若「まぁま、非常にネタ番組っていうのはね、ちょっと神経質になるし、ちょっとさすがに年だから、そういうのも言葉も気をつけなきゃな、なんてちょっと思ってるわけです」

春「なるほどね」

 

 

広告を非表示にする