大木さん②

 

オードリーのオールナイトニッポン 2011年09月03日

 

若「今日、日村さんに「カスカスTV面白いね」って」

春「あ~私も言われた」

若「ちょっと恥ずかしいんすよ、大木さんに地上波で言われててつって」

春「そうね」

若「でも、そういうのわかるつって。恥ずかしい気持ちもわかる」

春「日村さんに「あそこの2人で飲んでた料理屋、あれ美味そうだね」つって(笑)」

若「あれ見てたんだ(笑)」

春「はやしやですか?つって」

若「恥ずかしい~。大木さんにさ、カスTのことだけは地上波のスタジオで言わないでくださいつって。恥ずかしいね」

春「恥ずかしいよ」

若「だって『リアルスコープ』で言ってたもんね」

春「うん」

若「「おいオードリー、ちょっとはしゃぎすぎだろう、カスカスTVだと思ってんじゃねーのか?」つって。『リアルスコープ』の本番中は恥ずかしい~」

春「何々?ってなるからね。カスカスTVって何々?みたいな。この間も言われたよ。『アカン警察』なんかの前室かなんかにいてさ、大木さんが「カスカスTVみたいに今日もやったらいいんじゃないの?」とか言ってて、「やめてくださいよ」って言ったら、AKBの3人ぐらいいたのが「カスカスTVってなんですか?」(笑)」

若「あった!俺そうだもん」

春「もう説明する……で、大木さんニヤニヤしてるだけで」

若「俺、そうだもん。だから、手に持ってるペットボトルちょっとこぼしたフリして席外したんだもん」

春「いやいや、外さないでちょー。あんたも説明してちょうだいよ、あなたも」

若「恥ずかしい」

春「恥ずかしい。で、カスカスTV説明してさ、アタシが(笑)。「ブリーフで後ろに書いてある字読んだりするんすよ」「ああ、そうなんですか、今度レンタルで借りてみます」みたいな気使われて(笑)」

若「ぜってー借りねーだろ!AKBが『カスカスTV』」

春「いや、ありがとねーつって。あたしも。貸出中かもわかんないけどね、みたいな」

若「それ誰?誰が言ってたの?AKBの子が?」

春「AKBの誰がいたんだっけ?あん時」

若「言ってたんだ」

春「うん、3人いてさ。いつも3人ぐらい出るじゃないですか。その3人がまとまっていてね、その目の前でそんな話になって」

若「うわっ、もう恥ずかしいわ」

春「「カスカスTV見ます。面白そう」なんて言われちゃって」

2人「はははははは(笑)」

若「もう怖いなあ、大木さん怖いよなぁ」

春「怖いですよ」

若「俺1人でこの間『アカン警察』行った時もさ、この発表は誰?つってさ、「はい!」って俺言ってさ、1人だからさ、全然テイスト違うじゃない、春日さんいる時とさ」

春「うんうんうん」

若「春日ショーが大部分だったりする時もあるからさ、席着くまでとかね」

春「はいはいはい」

若「「はい!私です」つって、ホントに成立してるプレゼンをしたかったの。ちゃんとV主役の。俺はそうじゃない、やっぱり。「はい!私です」って言って、MC台のところの下りていこうとしたら、大木さんが前通ろうとしたら、足をどかさないのよ(笑)」

春「ふふふふ(笑)」

若「足をどかさないから「ちょ、ちょっと大木さ~ん、通してくださいよ~!」って言ってさ」

2人「あははは(笑)」

若「したら、ダウンタウンさんはもちろん「なんや?意地悪しとんのか?」みたいな空気になって、「そうなんですよ、大木さんがね、足をどかさないんですよ!」。そこから終わりまでずっと歯車合わなかった」

春「はははははは(笑)予定にないからね、そんなことはね。足がどかないなんてことは」

若「(笑)ありがたいんだけどさ、大木さんも着火点くれてるからさ、俺も嬉しいんだけどさ」

春「ま、いろいろね、TPOがありますよ(笑)。まあま、ありがたい話ですけれども」

 

 

広告を非表示にする