読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごんすなーとかLINEとか

ON8+1 2016年10月4日

 

佐藤「既に情報解禁もあったんですけれども、皆様にちょっとご報告がございまして。私、佐藤 満春、来月11月10日のトイレの日に、佐藤 満春初の書籍となる『佐藤 満春のトイレ学』という本、そして、佐藤 満春初のプロデュースブラシ・トイレクリーナープロ「満春棒」というブラシ、そして、私、佐藤 満春が作った、世界初のトイレバンド、サトミツ&ザ・トイレッツのCDシングル『あしたトイレに行こう』を同時発売することになりました。ありがとうございました。

一体何者なんだという話はさておき、とにかく、本とトイレブラシとCDを同時に出すということが決定しまして、今、さまざま動いているところなんですけれども、中でも本ですね。『佐藤 満春のトイレ学』という第三文明社という出版社から出させていただくんですけれども、その中で、今日もね、まさに常滑リクシルというハウスメーカーのトイレの工場のレポートの撮影で常滑に行ってきまして、そこから飛び込みで海浜幕張に来たんですけれども、そのぐらい結構ぎりぎりで(笑)。来月発売なんだけど、まだ原稿は上がってない、みたいのが結構あるんすけど。

その中で、本の中でね、オードリー春日とトイレ対談というのをやってるんですよ。あいつが、あのクソ野郎が(笑)、クソ野郎なんて言っちゃいけない。オードリー春日君がね、『世界番付』という番組の「部族滞在記」というコーナーで世界各国の珍しい部族の中に入り込んで、相撲したり、水中で泳いで魚捕まえたりみたいなのをやってたんです。ずっと。

あの男が優しいのは、そういった部族とか、あと、トランジットでいろんな国の空港とか行くじゃないですか。その度に、「Tレット通信」と題して、僕にトイレ写真を毎回送ってくれてたんですよ。基本、めちゃくちゃいい奴なんで。

で、そういう経緯がここ2~3年、ずっとそんな関係が続いてて、いつか、なんかにしなきゃなぁと思ってて、で、『世界番付』という番組に僕が出た時に、その話したんですよ、放送で。したら、そこが丸々カットされたっていう経緯もあって、世に出ていなかったんです、その話が。じゃあ、今回、せっかくだから春日とトイレ対談して、書籍に春日から送ってもらった写真も載せようと。当然初出しですよ。どこにも出してない。部族の写真、トイレの写真がすごいんです。ぜひ本を買って確かめていただきたいんですけど。

で、春日とトイレについて対談をするんですよ。オードリー春日と僕、もう10年ぐらいの仲ですから、相当深い仲ですよ。いろんな苦楽を共にして。で、この番組でも何回か触れましたけど、“春日語”っていう、僕と春日しか使ってない、春日のオリジナルの言語みたいのがあるんですよ。取材ですから、本来はわかるような言葉でしゃべんなきゃいけないんだけど、春日と俺、二人でしゃべってるから、対談が盛り上がりすぎて、春日語満載になっちゃったのよ。

で、その対談が行われたのが先週ぐらいで、今日、常滑に行った時に編集の担当の方に会うじゃないですか。したら、その人に言われたのが、「佐藤さん、春日さんとの対談、非常に面白かったんですけど、春日さんが言われてた「ごんすなー」っていうのは、あれはどのように日本語に訳したらいいんでしょうか?」っていう(笑)。非常に難しい顔で質問されましてね。それは、「ごんすなー」は「そうですねー」ですねーつって。

「あと、「アピス」って言われてたのは、あれはどういう意味ですか?」「ああ、そうすね、「アピス」は「アピス」なんですよ」って言って、ちょっとごちゃごちゃするっていうことがあったりして。

で、トイレ対談をした日の夜に、まさに今日話そうと思ってたんですけど、いとうせいこうフェスに僕行かせていただいて、今日もいとうせいこうフェスで買ったTシャツをね、買ったというか、もらったTシャツ、ディレクターの浜野さんと一緒に行ってきたんですけど、で、対談をした直後の春日に、この後どうすんの?って言われて、俺、いとうせいこうフェスに行くんだよって言ったら、「Tも行きたいでごんす」みたいなこと言い出して、それで、急遽一席とってもらって、春日も連れてってさ。

あいつ、音楽とかそもそも好きなのかなぁと思いながら、横並びでbayfmの浜野さんというディレクターと俺と春日と座って見てたら、すごかったのよ。出てくるメンバーもすごいし、曲もすごいし、『建設的』っていう30年前にせいこうさんが作ったアルバムを、今、『再建設的』というのを新たに出して、いろんな人がカバーしてるわけですよ。その曲をやってくれたりとか、あと、コントが出てきたりとか、めちゃくちゃ盛り上がるイベントだったんだけど、俺としてはすごい楽しかったんだけど、春日どうなのかなと思って。

で、俺、夜、その後仕事があったんで、ライブの中盤で出なきゃいけなくて、春日と一緒に出たんだけど、お前どうだったの?このフェス、お前何のリアクションもしてなかったけどって言ったら、「ごんすなー」って言ってました。全然感想がわかんないっていう」

 

佐藤「(フェスに)春日を呼ぶとかはあるのかなぁ。どうかなぁ。あいつ忙しいんだよなー。若林君も来てくんねーかなぁ。現在つかんだ情報によると、たまーにこのラジオを聴いてるっていう(笑)。ぎりぎりまでLINEをやりとりしてたりすることが多くて、今日もそうですけど、春日、若林双方とLINEをずっとやりとりしてた。ぎりぎりまで。この後何?みたいな話になって、ラジオだって言ったら、あー、じゃあ聴くわ、なんつって、次会った時にそのラジオの話になったりするから、たまーに聴いてくれてんだよね。来てくんねーかな、聴いてんだったらっていう話なんだけど(笑)。そのうちね、ぜひ来てもらいたいです。よろしくお願いします」

 

佐藤「今の今、さっき若林君からLINEの続きの返事が来てて、今日食べたご飯についての内容だったんで、たぶんラジオ聴いてないです(笑)。聴いてるかもなぁみたいに話したけど、あの感じは、今日食べた美味しいご飯の話しか書いてなかったから、聴いてなかったです」