読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オープニングトーク

 

オードリーさん、ぜひ会って欲しい人がいるんです! 2017年5月13日

 

市「オードリーさ~ん、毎回の収録の時のお弁当なんですけれども」

若「はいはいはいはい」

市「オードリーさんのお弁当ってスタッフさんのお弁当よりも200円高い幕の内弁当なんですよ」

若「それ、わざわざ言わなくていいでしょうテレビで」

春「なんかやらしい」

若「スタッフさんの前で、しかも」

春「そうよ」

市「オードリーさんのお二人は当たりハズレがない幕の内にしているんですね。もし何かこの際ちょっと要望があればお聞きしようかなと思って。どうですか?大丈夫ですか?」

若「要望は別に、なんか俺たちが生意気言ってるみたいに映っちゃうでしょう」

市「いやいや、そういうわけじゃなくて。何か」

若「俺は、マジの話になっちゃうけど、東京の番組のお弁当に比べたらめちゃめちゃいいのよ」

市「えっ?」

若「オドぜひのお弁当って」

市・スタッフ「へぇー」

若「マジで。へぇーって。東京が下ってわけじゃないですよ、全然。オドぜひが良過ぎるんですよ、弁当が。だから、俺、結構、ホントにボケでも何でもなくて申しわけないんだけど、毎回お弁当が楽しみで」

市・スタッフ(笑)

若「相当いいよね、オドぜひのお弁当は」

春「まあま、いいね。豪華ではあるけど……」

市「あるけど、何ですか?」

春「できれば、そうおっしゃるなら、そのお金をもらえれば」スタッフ(笑)

市「ええ…?」

若「用意してもらってるお弁当より、自分で選んだもののほうが食べたいってことでしょ?」

春「ま、そうね」スタッフ(笑)

春「それが一番じゃない。自分の食べたいものを食べるというのが一番さ」

若「それはでも、いいかもね。変な話」

春「フフフ(笑)」

市「え?何でですか?」

若「聞いたことないから」

市・スタッフ(笑)