読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフハイ

 

オードリーのオールナイトニッポン2015年12月26日

 

若「どんな年でしたかね。俺、今年1年はずっと面白かったなぁ。仕事がね」

春「あ、そう?」

若「うん」

春「まあま、いろんなことが始まったりしたのか」

若「『しくじり』とかがゴールデンになったりして、あと、結構『しくじり先生』なんてさ、時代の移り変わりっていうかさ、先輩がいないんだよね。基本的に先生じゃない。教室に、俺と吉村君、同期で、澤部は後輩になるでしょう。それ以上の人がいないっていう現場がなかったから、今までに。自分も結構おじさんになってきたんだなって思うよね」

春「ああ、でも、そうだね。先輩しかいなかったもんね。去年ぐらい」

若「先輩しかいないし、同期いないみたいな時、すごい長かったもんねぇ。後輩がいるってことがなかったよな」

春「いても澤部ぐらいだよね」

若「今いるじゃん。三四郎とかが」

春「ああ、そうだね。ほとんど後輩だもんね。今出てきてる人とか。ちょっと前までは、言っても流れ星とかだから、同期の芸人が出てくるぐらいの感じだったじゃない。Hi-Hiさんとかさ。それがガッチリちゃんと後輩だもんね。ほんとの芸歴の。ああ、それは確かにそうだね、今年」

若「あと、俺は『パイセンTV』が、ベッキーは芸能界で言うと先輩だけど、すごいのよ。番組始まったら、俺とベッキーがソファに座ってて、フリートークから始まるのよ」

春「それは拝見させてもらってます。初めての時、驚愕したもん」

若「あれすごいよな?」

春「あれすごい」

若「わかる?」

春「わかるわかる。そこそこ長い尺しゃべってんじゃん」

若「そうなのよ」

春「番組のスタートを切るトークじゃない尺の(笑)」

若「そうそうそうそう。ゆったりとした、いやぁ、あのさぁ、みたいな(笑)」

春「なんかフッてたよ、この間。ちょっとベッキーやってみて。一人ミュージカルみたいなやつ」

若「あー、はいはいはいはいはい」

春「ちょっとやってみて、みたいな」

若「そう。ベッキーと贅沢な番組だよね、二人だけで話すとこから始まるなんてある?みたいな。黒柳徹子さんと久米宏みたいだよねって俺が言ったら、うなずいてはいなかったけど(笑)」

春「間違えて。たとえ間違い。いやいや、それは、でも思ったね」

若「台本なしで。台本がないのよ『パイセンTV』って。ずっとホチキスで2枚。意味がある台本かどうかわかんないけど、始まり、V、終わりって書いてある2枚の台本がホチキスで止められてたのが、ついにもうなくなったんですよ(笑)。時間割だけが置いてあるんですけど。時代時代で違うけど、ほんとに一語一句決まっているっていう進行のせりふが決まってる番組もあるにはあるじゃない」

春「まあ、そうだね」

若「でさ、やっててさ、あんな贅沢な番組ないよな。すごい楽しいんだよね、やってて」

 

若「『パイセン』とか『しくじり』は自由度高いし、まあ、楽しいね、やっててね。『未来ロケット』という番組も、終わっちゃったんだけど、すごい楽しくて、あと、E-girlsさんの番組もそう。小藪さんと一緒に仕事できたのがすごいうれしかったな。今年は。めっちゃ楽しかったし。だから、たぶん生まれてきて一番楽しかった1年なの俺。キャリアハイなの俺も」

春「だね。それこそキャリアハイじゃない。オギャーからのキャリアハイだからね。私のキャリアハイは芸歴っていう括りだったけど、若林さんのほうがキャリアハイにふさわしい」

若「キャリアハイ、ライフハイ。ライフハイだから、俺の場合は」

春「そうか、キャリアじゃないもんね」

若「俺が人生を楽しんでると腹が立つリスナーもいるでしょうけども」

春「なんだ、そいつ」

若「あはははは(笑)」

春「いるのかもしれないけど、なんだ、そいつ」

若「なんかちょっとがっかりしない? 俺が生まれてきて一番楽しかったという年だと」

春「うーん、まあ、そうだね。やっぱり、恨み言を言ってる若ちゃんというね」

若「言ってほしいというリトルトゥースもいると思うんですけど、残念でした~」

春「クー、悔しい~!」

若「めちゃくちゃ楽しかったですぅ~」

春「悔しい~!」

若・春「はははははは(笑)」

 

若「そらぁ、いろんな番組やってく中では、『SICKS』なんて、あんな幸せなことないぞ」

春「まあ、そうだね」

若「見た? 最終回」

春「まだ見てないのよ」

若「(笑)お前自分のオンエア見ないスタイルなんだな。力抜いたタレントみたいな」

春「いやいや(笑)そんないいもんじゃないんだけどね」

若「『SICKS』の最終回見てないの?」

春「まだ見てないよ」

若「お前もうほんとクビだよ!クビ!」

春「何をよ?」

若「『SICKS』を」

春「もう終わったよ」

若(笑)

春「まあまあ、そのうちね。近いうちに見ますけど。あれもありがたい。CMがうれしいんだよね。「おぎやはぎとオードリーのコント番組」みたいな(笑)」

若「楽しかっただろう?『SICKS』」

春「楽しかったねぇ」

若「ありがとな。参加してくれて(笑)」

春「いやいやいや。なんでゲスト扱いなんだよ。「おぎやはぎさんとオードリーの」ってうたってんじゃない(笑)」

若「お前、最終回なんか絶対見なきゃだめだぞ」

春「あ、そう」

若「スタッフさんがね、演者を溺愛し過ぎてるね。ははは(笑)。いい意味でね。みんなそれぞれの人間性まで知った感じでやってくれてるのをお前見ないで、クラブのVIPルームで昨日も飲んでたんだろう?」

春「いやいや、飲んでないわ(笑)」

若「そういう人なの?お前って」

春「行ってないって言ってるじゃない、最近はね」

若「M-1はようやく遅ればせながら見てどうだったのよ結局」

春「まだ見てないのよ。すまんね」

若「お前さ、一つ思うのはさ、M-1も見ずにさ、よく『検索ちゃん』で漫才できるよな」

春「はははははは(笑)。だから新鮮な気持ちで見れたって言ったんじゃない。トレンディエンジェルのネタがさ、おもしれぇーな」

若「優勝者ってことは知ってんだもんね?」

春「そうそうそう。そうよ。もちろんそうよ」

若「一番笑ってたもんな、そういえばトレンディエンジェルで」

春「(笑)ハゲを上手いことネタにするなと思って」

若「鮮度がみんなよりちょっとあるんだろうな」

春「そうだね(笑)。楽しめるという」

 

若「『検索ちゃん』も、もう語る気持ちもないんだよ。漫才とかに対してもはや。何も」

春「あ、そう」

若「これっておじさんなのかな?」

春「うーん、どうなんだろうね」

若「例えば、漫才の中盤でボケ・ツッコミを入れかえるっていうか、グラデーションぎみに入れかえて、ボケ・ツッコミを逆にしてやったんですよ。ただ、ボケとツッコミという、漫才を二元論に分けるのが、俺、昔から納得いかなくてぇ、みたいな話を、2013年までは俺たぶんしたかったの。でも、もうどうでもいいんだよね」

春「なるほどね。おじさんだな」

若「はははは(笑)」

春「この2年で急速におじさんになったということだな。そんな昔の話じゃないもんね」

若「もしかしたら2014年まで話したかったかな。結局ね、M-1の後も思うし、こういう作り物の漫才とかやった後って、語りたがるじゃんみんな。で、語りたがるってことも楽しみの一つなんだろうね。良きにせよ悪きにせよ。なんかやたら語りたがるもんな」

春「ま、そうだね。エピローグ的にね」

若「あれはああだ、これはああだ。でも、そんなのもういいのよ。何言われても。ただ楽しかったってことよ『検索ちゃん』が(笑)」

春「そうだね。それだけでもう十分」

若「あのネタをかけれる空気というか雰囲気を爆笑問題さんがつくってくれてるっていうのがあるよね」

春「まあま、そうだね」

若「あれはほかのネタ番組じゃちょっと無理だもんな。びっくりしちゃうだろうな。俺が急に春日に目つぶしとかし始めたらな」

春「そうだね」

若「格闘技ルールでは反則だからね、あれは」

春「そうだね。下手したら収録止まるかもわからん」

若・春(笑)

若「ほんとあの空気をつくってくださってるからってとこ、あるよなあ」

春「『検索ちゃん』はああいう感じだよね、毎年ね。何かいろんなことができるというか、やっていいというか」

 

 

広告を非表示にする