1回戦負け

 

オードリーのオールナイトニッポン 2017年2月25日

 

若「そういえば全然話変わるんだけど、なんか負けたんだって?レスリング」

春「ああ、負けたね」

若「みんなが喋ってたよ、なんか」

春「あ、そう」

若「1回戦で負けたんだって」

春「フーッ(笑)」

若「ボディビルもなんだっけ」

春「予選落ちね」

若「東京オープン、予選落ちして、レスリングも1回戦で負けた」

春「1回戦で、40秒ぐらい?」

若「早っ」

春「ハハハハハ(笑)」

若「結構長いじゃん、レスリングって」

春「1年やって、吉田沙保里さんとこ行って、名古屋のさ。とこ行って栄監督に」

若「すごいじゃん」

春「結構しごいてもらって、イズムをいただいて、で、絶対優勝しますって言って、40秒ぐらいで1回戦負け」

若「早いねぇ~」

春(笑)

若「秒殺だねぇ」

春「秒殺。片や、始めて4カ月のジャングルポケットの太田君が優勝してね」

若「うわぁ」

春「それで、日本代表で金屏風の前で会見してましたよ。ハハハハハ(笑)」

若「悔しかった?やっぱり」

春「それはやっぱ悔しいよね。私のほうが先やってるし、それは優勝すると思ってやってたからね。あっさり負けてね。ああいうのって、でも、一緒の大会出てたからさ。太田君とさ。私は終わったけど、太田君の試合は」

若「勝ち進んでるから」

春「そうそう。行くのよ。私が負けたとたんに、周りから人がいなくなるよね」

若「それはそうでしょ。だって太田君撮んなきゃいけないし、1回戦、40秒で負けたタコ助にそんなずっとカメラ回しとく必要ないし」

春「おい、ちょっと気を使ってくれ。タコ助はないだろ、タコ助は。そういうもんなんだなと思ってさ」

若「そういうもんでしょ、そら。逆に嫌だろ、何人もついてたら。1回戦負けして、照明さんからカメラさんから」

春「まあ、そうね。だから、アスリートの人とかもそうじゃん。なんかさ、ワーッて持ち上げられるじゃない。特集みたいにされてさ。結局結果が出ないと、とたんに特集されなくなる、みたいなさ。ああ、こういうのなんだなっていうのを思ったけどね。レベルは違うけどさ」

若「まあ、それはしょうがないよね」

春「うん。そういうもんだつってね」

若「で、もうそれやんないの?レスリングはこれから先は」

春「まあ、でも、そうだね、まあ、やりたいっていうのはあるけどね」

若「気持ちとしては」

春「はいはい。でも、番組がどうなるかわからないから、続けろよ、続けてもいいっていうんだったらね、ま、やりますけどね。そうよ」

若「やるって言われたらやるし」

春「やるし」

若「やっぱ一番潜水がいいんだね、やっぱり。得意というか」

春「そうね。それ、思ったね。何かを耐えるという競技が」

若「ああ」

春「ボディビルもそうだけど」

若「はあ、はあ、はあ、はあ。でも、ボディビルは予選落ちしてるから」

春(笑)

若「なんかボディビルも調子いいみたいな感じ出されても」

春「予選落ちは、一回ね(笑)。その前は5位とか入ってるから」

若「でも、それは過去の成績だから」

春「そうだけど」

若「それは、らしくないよ。過去の成績引っ張りだしてくるのは。予選落ちなんだから」

春「予選落ち(笑)。まあ、だから、傾向としてよ。耐える」

(略)

若「終わるじゃん、レスリングの大会が」

春「うんうん」

若「帰りとか、やっぱ1回戦負けで帰ると、帰りにくい?居づらいっていうか」

春「ああ、まあま、そうだね」

若「励ましてくれる人もいるの?春日君また頑張ろう、みたいな」

春「コーチとかはそうね。練習ついてくれた人は言ってくれるけど、スタッフさんなんかホントに(笑)。何だろうなぁ。強く出てるわけじゃないけど、練習中とか結構必死だからさ、当たりが強くなっちゃったりする場合もあるわけですよ。ADさんとかね。何かが、マウスピースがなかったりすると、ちょっとどこあんの?みたいな感じになっちゃったりするから、結構耐えてくれた人もいるだろうから、そういうスタッフさんとかはね、ホントにクソを見るような目で(笑)」

若「(笑)寂しいもんだね」

春「うーん、だからボディビルの予選落ちの時もそうだけど、スベるとかじゃない感じ。やっちゃった、みたいなさ、そういうのはあるよね。でも、ほら、向こうも怒ったりするわけにもいかないじゃない。文句を言うとかさ。ホントの大会だからさ。だからお互いに何かを抱えながら帰っていくみたいな感じ。ハハハハハ(笑)」

若「それはちょっと帰りにくいかもね」

春「ま、帰りにくいね。そういうのはありますけどね」

 

 

広告を非表示にする