いつか山ちゃんが話していたこと

山里「昨今のテレビでさ、春日が普通のこと言ってるとか、真面目で面白くないとか言ってる意味がわかんないよね」

○○「ユニーク仕上げでしたっけ?」

山里「うん、あれ、ヤな言い方だわ。でも、先輩が言ったんだよね」

○○「あはははは(笑)」

山里「ヤな言い方って言っちゃいけない」

○○「ヤな言い方じゃないけども」

山里「ないけど、意味わかるけど」

○○「ジュニアさんはすごくさ」

山里「そう。すごい面白くしてくれて言ってて素晴らしいんだけど、でもさぁ、ユニーク仕上げってすごいことだと思うんだよね。普通のこと言っても面白い人って、俺、すげぇ天才だと思う。春日が言っていることって、タイミング――俺ね、普通のものを絶妙なタイミングで出す面白さっていうのは、それってお笑いのセンスだと思う」

○○「うん、それはセンスだと思う」

山里「それは、春日、素晴らしくて、で、面白いことも言ってるし、なのに、みんなが「普通のことをしっかり言ってるだけ」とか言い過ぎてて、俺、春日このままじゃ潰されちゃうよって、すげぇ心配なの」

○○「なるほど」

山里「ダメ! みんなだまされないで」

○○「山ちゃんてやっぱすげぇな」

山里「これ、すごい思うの。最近、テレビを観てて、よくないと思った。だから、これ観てるみんなはそう思わないでほしいなと思う。俺は」

○○(拍手)

山里「面白いのよ、春日も、ほんとに。そこなのよ。すごいいい表現だと思うよ「ユニーク仕上げ」ね」

○○「山ちゃん、お笑いが大好きなんだもんね」

山里「そうなのよ。だからさ、俺、ほんとに思うのが、スベってる前提でイジるのはよくないと思う。芸人さんでね。だって、みんな面白いんだもん。それを、人がスベってるし、面白いこと言ってないよっていうので広げるのは好きくない。ということを一瞬思ったのをなぜ今言ったのかわからない(笑)」

○○「ふふふ(笑)」

山里「時間がそうさせるのかな」

○○「この番組で言って、誰かに届けばいいね」

山里「この番組のリスナーだけはそういうふうな目で見ないであげて。キャスガ、あいつは面白い。あいつは面白いんだよ。それこそ『潜在異色』っていうテレビ一緒にやってるんだけどさ、その時のあいつのピンネタとかめちゃくちゃ面白いんだから。それがスベってるって扱われるのがイヤ。俺ちょっとイヤ、それは」

○○「いい奴、山ちゃん」

山里「お願い、リスナーのみんなだけは」

 

 

音源を見つけたので、書き起こしました。もう8年ぐらい前でしょうかね。何の番組だったのでしょうか。

お相手の方が誰かわかる方は、ツィッターのほうに知らせていただけるとうれしいです。

 

(2018.11.08追記)

たぶん宮野真守さんだと思います。