ゲスト バッファロー吾郎さん

 

 

オードリーのシャンプーおじさん 2011年4月6日

 

若林「バッファロー吾郎さんは、私も春日さんも、あれ?あれ、春日さんは、ダイナマイト関西はこの間初めて……」

春日「バカ言っちゃいけないよ!」

若林「あ、そうか、ヤングマスター」

春日「大阪でやらせてもらった時に」

竹若「大活躍ですよ」

若林「ああ、そうだ」

春日「1回戦勝ち上がって、2回戦でスリムクラブの真栄田君に当たって負けて、あなたが決勝」

竹若「そうですよ」

若林「そうだ、そうだ」

春日「で負けて」

 

木村「この間の4thというやつが」

竹若「中野サンプラザでありました」

木村「打ち上げの時に、ホンマの真面目な話になった時に、若林君は凄いと。これ、みんな知ってると。格闘技で例えるなら、総合格闘技のめっちゃ強い」

若林「これは嬉しいですね」

木村「今、若手で言うたら、例えばDREAMとかに出てくる所選手とか、キッド選手とか」

若林「嬉しいですね、これは」

木村「凄いねっていう話になって。ロンブーの亮やったかな」

若林・春日「はい」

木村「ただ」

若林・春日「はい」

木村「春日は」

若林・春日「はい」

木村「あいつは」

若林・春日「はい」

木村「アメリカンプロレスのトップレスラーだ」

若林・春日「ははははは(笑)」

竹若「なるほど!」

若林・春日「ははははは(笑)」

木村「あれはあれで化けもんだって。若林の凄さは知ってたと。ただ、今日思ったと。春日は、あれはトップ張れる男だ」

若林・春日「はははは(笑)」

春日「ありがたいですね」

木村「亮が真剣に」

春日「ほんとですか?」

木村「「とんでもない化け物になるぞ、あいつ」って亮君が言ってました」

若林「レスナーみたいにプロレスで活躍して、ダイナマイト関西大喜利総合格闘技でもいける、みたいな」

竹若「うわ、これは逆輸入的なね」

若林「春日さん、グループのマッチにダイナマイト関西4th」

春日「そうでございます。ブサイク芸人グループみたいなのでやらせてもらって」

若林「あれは春日さんとどなたでしたっけ?」

春日「キングオブコメディの今野さんと」

竹若「伊藤修子

春日「そうです。伊藤修子さんと3人でやらせてもらって楽しかったですよ。それ観てっていうことですよね」

木村「ほんとにね、ほんとの、ふざけノリじゃなくて、ほんとに夜中の3時ぐらいに亮がエンジンかかり出して「若林は本当に凄いの、もとから知ってますよ。春日、あれ、とんでもない化け物になりますよ」」

春日「はははは(笑)」

竹若「確かに春日とかが答えるたびに、両サイドから花火をボーン!と打ち上げたいぐらいの感じではありましたよ」

春日「アメリカンプロレスですね。ドン!ドン!ドーン!!みたいな」

若林「常に胸張って待ってて、自分の順番。3人なんで1問ずつ答えていくっていうことで」

竹若「ちゃんと流れにもしっかり乗りながらという」

春日「はははは(笑)」

若林「プロレスをしてたんですね?(笑)」

竹若「空気感もやっぱり」

 

木村「凄いコンビなんやなって、僕らは印象的に」

春日「ありがたい」

若林「僕も結構、春日さんは未知数で、大喜利も0・100なんすよね。本当にハマる日とかは凄いんです。でも、例えば『からくりTV』の終わりのコメントで「今日どうでした?春日さん」ていう時に、どえらい事故起こす時が。はははは(笑)」

木村「はははは(笑)」

春日「そこもまた魅力ですよね。大勝ちもするし、とんでもない、1ラウンドぐらいですぐに開始早々負けることもあったり」

 

若林「ダイナマイト関西の時も、春日さんがブサイクチームで大喜利に答えてる時に、楽屋でモニター観ながらケンコバさんと野爆の川島さんがしみじみ、春日のこの手の上げ方。みんな手上げる」

竹若「いろいろ個性出ますよね」

若林「順番に答えてくんで、手を上げる必要がなかったんです」

春日「はははは(笑)」

木村「そうですね」

若林「ですが、春日さん、毎回手を上げてから答えてて、それを観てケンコバさんと川島さんが「いや、正直、もうファンやわぁ」つって言ってて」

春日「そうだろうね」

若林「ちょっとびっくりしたんすよね。あの2人に言われるっていうのはびっくりで、春日さんも嬉しいでしょう?」

春日「まあ、そんな別に嬉しくはないけどね」

若林「えーっ」

竹若「当たり前」

春日「まあ、そうだろうなっていうのはありますよね」

竹若「なるほど」

木村「えーっ!(笑)」

春日「こう言っちゃ、別にイヤな気分はもちろんしないですけど、当たり前。春日君て男だよね?男の子だよね?とか言われてるのと同じぐらい」

木村「それぐらいなんですね?」

春日「それはそうですけど」

竹若「でも、だいぶ前のめりになってますけどね」

若林・春日「ははははは(笑)」

 

 

オードリーのシャンプーおじさん 2011年4月13日

 

若林「あの世代の芸人さんて、昔、トンガッてた時代があるっていう話、結構多いじゃないですか。そういう時期あったんですか?バッファローさん。20代の真ん中とかまで」

竹若「天然素材でキャーキャー言われてた時ですか?」

若林「はい」

竹若「いやぁ、ないですね」

若林「今の感じですか?ずっと」

木村「でも、あれはどうなの? イヤなもんはイヤっていう時あるじゃないですか。それはホンマにイヤですという。わがままじゃなくて、例えば、ギャラが安いからイヤですっていうんじゃなくて」

竹若「仕事の内容が」

木村「それ、ホンマに違うから」

若林「それは結構あったんすか?」

木村「はっきりと言ってたけど、それはいまだに僕疑問やねんけど、あれは2人は言う?」

若林「僕、僕、これぶっちゃけの話、M-1の後の半年ぐらいはめちゃめちゃ言ってたんすよ」

竹若「おお!なるほど」

若林「だけど、これはもうどうにもならないぞと思って、半年後にやめましたね。だから、大学生、社会人が学生気分のまま、俺できる奴、みたいに入ってきた会社で、「とりあえず仕事してくれる?」みたいに上司に言われて丸くなってくみたいな。入社したみたいな感じでしたね。酷い怒られ方するんで。

アイドル雑誌で虎のぬいぐるみ被ったり、バラくわえてくださいとか、アイドルみたいに星かじりながら。でっかい星。

漫才って、自分のプロデュースの自分の台本じゃないですか。だから、漫才だけやってきたんで、急に「星かじれ」って言われたらわかんないんすよね。今思うと。だから「イヤです」って言ってたら、カメラマンも「アイドルみたいな笑顔で」とか言いながら(笑)」

春日「はははは(笑)」

若林「僕も30になってて漫才師のモードに結構入っちゃってた時だったから「ちょっとヤですね」つって虎被らなかったりしたら、もう、俺だけ虎被ってないんすよ。30人ぐらい芸人が、寅年つってみんな虎被ってダブルピースしてる。俺だけ虎を肩に乗せて真顔で写ってんので、みんなに「何これ?」って言われて。ははははは(笑)」

竹若「確かにね」

木村「普通、聞いてて間違ってないんだけどね」

若林「うちの社員にもめっちゃくちゃ怒られるし、春日も「大人げないよ」って言うし」

竹若「わかってた?」

春日「それはやっぱり」

若林「今じゃバラくわえてダブルピースしてますけどね」

竹若「何度でもやりますよと」

木村「その時の春日さんはどんな気持ちでバラくわえてたん?(笑)」

春日「私は「バラくわえていいんですか?」っていう」

若林・木村・竹若(笑)

春日「虎の被るの、どれが可愛いすっかね?みたいな」

竹若「グイグイと」

春日「グイグイ逆に行く」

木村「なるほどね!」

竹若「それは大人ですよね。さすが」

若林「大人なんですよ(笑)」

春日「春日ですからね」

若林「今時期だからようやく喋れることですけど、春日と漫才やってきて、こういう漫才やろうとか、いや、ああいうのじゃないよ、とかやってきたんで、春日にもちょっと、そこは譲れない、みたいな、もちろん俺と同じ量あるんだと思って、M-1とかも頑張ってて、それからちょっとお笑いのアイドル雑誌で、本当に服を吟味して選んで、バラをくわえて、何枚もノリノリで写真撮ってるの見て、あ、ちょっと別々の道なのかなって。はっはっはっはっはっ(笑)」

春日「まあま、ジャンルがね。ジャンルは違うかもわかんないですね」

木村「春日さんはそれすらも凌駕してたんですね?」

若林「凌駕してた。上行ってたんだと思う」

竹若「上で、いつかこうなるだろうと」

春日「ええ。待ってた状況ですね。上のほうで」

竹若「さすが。次のステージで待ってたと」

春日「待ってましたよ。だって、あたくし、セミヌードぐらいまでやったことありますから(笑)」

竹若「なんかあった。なんか見た」

春日「週刊誌の、しかも袋とじで」

竹若「とじる意味があんのかという(笑)」

春日「ええ。やったこともありましたから」

 

木村「アイドル的なのも、天然素材となってからやらされてて、だから、歌出せとかもあったですね。それも断るんすけど、みんなやるからやってくれとか」

若林「みんなやるからっていうパワー、あれ、凄いですもんね」

竹若「ねえ。集団パワーね」

木村「だから、悩むよね」

若林「悩みますね」

木村「でも、今、改めて思うと、春日さんのその域がやっぱり正解なんでしょうね」

若林「そうですね。どう見ても正解」

木村「バラはどうやってくわえたら(笑)」

春日「バラくわえていいんですか? まさか今日、バラくわえられるとは思わなかったです」

若林「くわえられるという権利を手にした、みたいなね(笑)」

春日「そうですね(笑)」

 

若林「僕らもM-1直後とかは「来年消えるタレント2位に選ばれてましたけどどう思いますか?」って聞かれて、僕なんかは当時カチンときちゃってて、どうしようと思って春日のほう見たら「春日が消えることはないでしょう」みたいに、結構そういう感じで答えてるんすよね」

竹若「キャラをちゃんと守りつつというか」

春日「そうですね」

若林「でも、記事見たら「焦ってます」みたいに変えられてましたけど」

木村「はははは(笑)」

若林「「ヤバイっす」みたいに(笑)」

春日「私も今の木村さんの話先に聞いてれば、「じゃ、あんたコメント書いてください!」って言いましたよ」

木村「いやいや、ダメです、ダメです。それやったら仕事なくなってくる」

竹若「でも、記者としたら、春日の違う部分を引き出せた、みたいな感じで書きたいんでしょうね」

春日「そうなんでしょうね。本当はビビってる、みたいな」

竹若「弱みを俺だけが聞き出せた、みたいな」

春日「そういう記事を書きたいというあれで、だから、質問とかもそっちの方向に行くような質問をされますね」

竹若「ちょっと誘導される時ありますもんね」

若林「でも、今の時代ってトンガってたことが笑いになっちゃうから、インタビューでも本当にイヤなことを「イヤです」と言うことがちょっとダサいみたいになってるじゃないですか。したら、どの抜け道もないですもんね。乗っかって機嫌よく答えるのが格好いいみたいになっちゃうと。春日さんが大正解。プロレスだからね」

春日「そうですね。相手の技を受けて、それよりもちょっと上の感じのを返す、みたいな」

木村「春日さんが最強なんですね」

春日「最強ですね、やっぱり」

竹若「辿り着きましたね、答えに」

春日「やっぱりアメリカンプロレス背負ってますから、こっちは」

若林「背負ってはいないです。ファンではあると思いますけど、背負ってはないですよね」

春日「レスラー最強でやってますから(笑)」

若「なんでゴールテープ間際転倒するんすか?(笑)」

春日「あ、そう?きれいに切ったつもりだけどね」

竹若「転げながら切ってったですね」

若林・春日「はははは(笑)」