いじられたくない

 

オードリーのオールナイトニッポン 2018年3月17日

 

若「お前、『潜在能力テスト』とかでパネラー席に座りながら、俺のことバカにしてんだろう?」

春「何がバカにすることがあろうか(笑)」

若「俺が一生懸命やってるのを、あの3段目から見下してんだろ?お前」

春「いや、見下してないよ別に(笑)」

若「お前は見下してるよ」

春「いやいや、立派にやってんなって。これだけの一流芸能人を」

若「いや、お前は「お前、こっちのパネラー席に来たら1問も答えれねぇくせに、何調子こいてMCなんかやってんだバカ!」」

春「ハハハハ(笑)」

若「と思いながらお前はクイズやってんだとしたら、電気流すシステム作ってやるからな、お前の席に(笑)」

春「どういうことなんだよ? 間違えたら?」

若「間違えたら(笑)」

春「ハハハハ(笑)」

若「はははは(笑)」

春「そんなことは思ってない」

若「いや、お前の目ってそうなんだよ。なんか見下してるっていうかさ」

春「いや、そんなことはない」

若「強者の目をしてる、お前は」

春「ハハハハ(笑)」

若「お前は、こっちの弱者の気持ちがわかんないかもしんない」

春「いやいやいやいや、MCが弱者側ってどういうことなんだよ?(笑)」

若「ふふふふ(笑)」

春「一番強者だろうよMCがよ」

若「いやあ、そういうことじゃないんだよね、なんか」

春「いやいやいやいや」

若「でも、やっぱマルチに何でもできる人がいいよな、やっぱな」

春「うん、まあ、そうだろうね」

若「強者多いだろう?芸能界って。強者が。なんかで勝ってきてるだろう?」

春「まあ、そうだね」

若「俺とタメぐらいじゃないか?ほんとの真の弱者は」

春「いやいやいやいやいや。若林さんは弱者じゃない。タメはアレだけど」

若・春「ふふふふ(笑)」

若「俺と塚本ぐらいだよ、ほんとの」

春「ああ、ツカはね、アレだけどさ」

若・春「あはははは(笑)」

春「タメよりツカのほうかな(笑)」

若・春「ははははは(笑)」

若「あ、そうだ!タメいじっちゃいけないんだったね。あんなできる奴を。ツカのほうを言ってやんないと(笑)」

春「ツカのほうなんだよ(笑)。なんか言ってたなぁ~」

若「ちっちぇーからな、あいつな」

春「ちっちぇーんだよ!」

若「ははは(笑)」

春「何だっけなぁ」

若「173は欲しいよな。あの才能なら」

春「何だっけなぁ。うーん、なんか言ってたな、この間、ちっちぇー話」

若「ツカに会ったの?」

春「タメと話してて、ツカがちいせぇみたいな。フッフフ(笑)話なんかねぇーか?つって」

若「どっちの意味で?」

春「背ももちろんね、ちっちゃいんだけどさ、7センチだっけ? で、器も小さい、みたいなさ」

若「ははは(笑)ツカ、器ちっちゃいの?」

春「何だっけなぁ。なんかのライブかイベントのエンディングで、タメがツカのことをゴリラかなんかで振ったんだよ。ゴリラいじりみたいの、したらしいの。したら、その場は受けたかなんからしいんだけど、終わって、家帰って、ずいぶん深夜に電話かかってきて「ゴリラいじり、やめてくれ」っていう。ハハハハ(笑)」

若「ははは(手を打ちながら)」

春「ハハハハハ(笑)「ええーっ!?」つっていって」

若「あははははは(笑)」

春「「二度としないでくれ!」って。昔ね(笑)」

若「ツカが?」

春「ツカが」

若「はははは(笑)あ、そう」

春「とかね」

若「ツカ、電話してぇーな」

春「面白いよね」

若「ツカ、ゴリラいじりダメなの?」

春「ゴリラのモノマネかなんか振ったとかだったのかな。まあ、受けてんだよ」

若「受けるでしょう。だってできるじゃん、演技」

春「受けた後、よかった、よかったと思って家帰ったら、ずいぶん深夜に。真夜中に。ハハハハ(笑)」

若「これ、ちょっとね。全員呼ばなきゃダメかもしんない」

春「全員?」

若「ルシファーもいじっちゃダメとかさ」

春「ハハハハ(笑)」

若「実のところ、俺もそうだからね」

春「ハハハハ(笑)。て言ってたなぁ」

若(電話をかける)

春「これ何?誰にかけてんの?今」

若「塚本」

春「ああ。ツカにね。出るかな」

若「たぶんダメだと思うんだよな。みんなそれぞれあんだな。ダメなことが」(プルーーーー♪)

春「うん。なんか言ってたな」

若「あ、そう」

春「出るか?」

若「出ないんじゃない、あと、怖いでしょ、この時間にかかってきたら」

春「ま、そうだね」

若「本当にゴリラいじりイヤだったら出ないだろうし」

春「ヒヒヒ(笑)」

若「出ないね、これね」(「ただいま・・・」)

春「あー、出ない」

若「出ない」

春「出ないねぇ。そんな話をいろいろ」

若「ルシファーもなんか言ってたよね。チャリティ・ミュージックソンの時、なんかでいじんないでくれ、みたいな」

春「何だっけ。うん?何だっけ」

若「言ってた言ってた」

春「ブサイクだっけ?何だっけ」

若「寺田の刑だな。これは寺田の刑」

春「寺田の刑」

若「(犬)カブトムシの寺田いるだろう? 先輩にも無茶苦茶悪口言う」

春「ああ」

若「ルシファーと塚本と俺は寺田の刑だね」

春「若林さんも入るのね?(笑)」

若「俺もいじられたくないから」

春「ハハハハ(笑)」

若「葉巻とか、あと、本は絶対いじっちゃダメ!」

春「フフ(笑)」

若「エッセイ本のことは絶対いじっちゃダメ!」

春「あ、そう?」

若「うん」

春「じゃ、結構あるね」

若「あのエッセイ本のことをザキヤマさんがいつも「『変態芸人途中下車』だっけ?」って言うの。タイトルを」

春「フフフ(笑)」

若「本当に傷ついてる」

春「ハハハハ(笑)」

若「はははは(笑)」

春「返せない?」

若「返せない」

春「おい!とか言えない(笑)」

若「固まっちゃう、体が(笑)」

春「ショック受けちゃって(笑)」

若「ショック受けちゃって(笑)」

春「あるね」

若「DJ松永もなんか、イジるな、みたいなことを言ってたな、この間」

春「それぞれあるんだね、その範囲が狭いか広いかってことだろうね」

若「私服をいじっちゃいけなかったんだっけな。DJ松永。おしゃれだから」

春「ああ。気を使ってるのか」

若「そうそうそう。東京の西の方面に住んでるんですけど、西の上のほうですけどね。はははは(笑)」

春「上のほう?あの辺かなぁ」

若「あとは、みんな大丈夫だな」

春「ま、そうね」

若「春日、ないの?ここだけはいじるんやめてほしいっていうところ」

春「えー?何だろうなぁ。いじんのやめてほしい」

若「おでこの3本皺ぐらいか」

春「あ゛ーー!!ダメだねぇ。おでこの3本皺はねぇ」

若「ダメ?」

春「ダメだね、やっぱりね」

若「ふふふ(笑)あ、そう」

春「やっぱり気にしてることだからね」

若「ふふふ(笑)あ、そうなの?」

春「やっぱダメだよね」

若「ダメ?」

春「ダメだね。したら、夜中に電話しちゃうかもしんない。ハハハ(笑)」

若「塚本、すげぇな(笑)」

春「現場が受けても、いくら現場が受けても、あれはやめてくれつって」

若「何でだよ!それ」

春「フフフフ(笑)」

若「変なのがさ、ネタに対してプライドが高い、みたいの嫌がるじゃん」

春「うんうんうん」

若「語ってたとか。お笑いを」

春「うんうん」

若「だけど、ゴリラいじりイヤだって感覚わかんないよな」

春「まあ、そうだね。ま、あるんだろうね。今はわかんないよ。ずいぶん昔の話だって言ってたから。タメがね」

若「ああ。例えば、ルシファーとかはさ、今回のR-1の結果とかっていじっていいのかな。どうなの? 聞いてない? 聞いてみていい?」

春「ネタはどうなんだろうね」

若「ネタは、本ネタはダメそうじゃない? 確認しておこうよ。何がいじるのがダメなのか。でも、強くなってなきゃいけないよ、これはみんなで。電話すること自体嫌がってなかった?ルシファー。なんか多いっすね、みたいな」

春「そうだね。そっとしておいてほしいんだろうね。なるべく」

若「ああ。なんでそっとしておいてほしい。こんな楽しい世界に入ってきたのに」(プルーーーー♪)

春「わかんないけど。意外にいけるかもわかんないしね。それは全然大丈夫っすよ、みたいな。あ、それいけんだー、みたいなことでね」

若「みんな、ほんとにイヤだったら、たぶん出ないと思うよ」

春「うんうん」(プルーーーー♪)

若「あっ!すっかり忘れてた。(ガチャッ!)ダメだ」

春「出ないね」

若「出ない。みんないじられたくないんだ」

春「フフフ(笑)

若「いや、すっかり忘れてたよ。これがあるのを」

春「何がよ?」

若「時間ないじゃない。どうすんの? ああ、はいはいはい。言ってよ。俺もくだらない話しちゃったよ、春日と」

春「何?お知らせがあるのね、お知らせがね」

若「忘れちゃうよ。お知らせがあるんだけど、絶対しなきゃいけない」

春「すまんね、コサージュの話をすごいしちゃって(笑)」

若「言っていいよ、石井ちゃん、俺になんか指示。ねえ。そんなになんかピリピリした評判流れてんの?俺。インカムで本番中に指示入れたら機嫌悪くなる、みたいな。あの人じゃないんだから、そんなことないよ俺」

春「誰だ? うん? 誰だ?」

若「ふふふ(笑)ニチレイプレゼンツ・・・」

 

 

自分用メモ:「間違えたら?」の言い方と「すまんね、コサージュの話をすごいしちゃって」