3軍の咆哮

 

オードリーのオールナイトニッポン 2017年10月7日

 

若「芸能界で、クラスの何軍みたいな言い方あるじゃん。クラスの1軍とか」

春「うんうんうん」

若「春日って芸能界の何軍の人なの?」

春「何軍?」

若「うん。自分でどう思う?」

春「まぁ、でも1軍でしょう」

若「ふふふふふ(笑)」

春「そりゃ、だって」

若「おめでたいよな。1軍てことは、たぶん2軍、3軍、4軍の中の1軍じゃないんだと思う。春日は。全体が1軍なんだと思うんだよね。その宇宙が」

2人「ははははは(笑)」

春「あ、分かれてないっちゅうこと?」

若「そうそうそうそう」

春「じゃあ1軍でいいね」

若「ピラミッドの形してないんだと思うんだよね。空間で“1軍”て書いてあるみたいな感じの言い方だよね、今の言い方だとね」

春「まぁ、そうだね」

若「だから、2軍だな、3軍だなって思うこともないんだと思うのよ」

春「そうかもしんないなぁ、あんまりないかも」

若「俺は思うから、そういうの」

春「2軍だ、3軍だって?」

若「うん」

春「若林さんは何軍だと思うのよ?自分のこと」

若「俺はね、自分では3軍て言うけど、引きで見たら4軍かもしんないなとは思うよ」

春「ハハハハ(笑)」

若「ほんとに」

春「4軍!?」

若「うん」

春「はー。あ、そーお?」

若「そうそうそうそう」

春「いや、1軍でいいでしょう」

若「それはね、あのね、なんつうんだろうな……いや、1軍ではよくないと思ってて(笑)。マジで。ちょっと笑っちゃったけど、今」

春「あ、そーお?」

若「そこを諦めていいのか悪いのか、ということなんだけど、あぁ、1軍の人だなぁ、この人って思う人がいっぱいいるのよ」

春「ほうほう。何をもったら1軍認定がなされるわけ?若林さんの中で」

若「その人が1軍と思ってて、周りも1軍と思ってたら」

春「ハッハッハッハ(笑)」

若「ははははは(笑)」

春「それは、もう誰しもが認める1軍だね」

若「これは、だから、テレビにいっぱい出てるとか、なんかの主役です、とかっていうことでもなくて、芸能界以外もよ、1軍の人だなっていう人いるから」

春「ああ、生きてて人生がってこと?」

若「うん」

春「どういう人なのよ?1軍の人。端から見ててね。本人がどう思っているか」

若「本人も思ってるよ、1軍の人は。じゃないと1軍てなれないから」

春「(笑)どういう振る舞いがあるの?1軍だと思ってる人っていうのは」

若「なんか、飲み会の最後に、総括みたいに1人ずつ話すみたいなことよく話すじゃん」

春「うんうんうんうん、あるね」

若「例えば、番組終わります。打ち上げっていうか、締めの飲み会があります。じゃ、最後に一言ずつ出演者の方にもらいましょうっていって一言ずつもらったりするじゃん」

春「はいはい」

若「その時に、自分の話できちゃうヤツ、それは1軍ですね」

春「はぁ。なるほどね。それは、本人は1軍と思ってる可能性高いね」

若「うん、そうそうそうそう」

春「それ、周りは?」

若「それが難しいんだよ。周りが1軍と思ってないパターンが一番。これは“市野瀬パターン”ね」

春「ハハハハ(笑)中京のね?」

若「うん、中京テレビの。これが一番面倒くさい。飲んでて疲れるやつ」

春「なるほどなぁ。ずれがあるケースね」

若「市野瀬は2つジャンプしてるから。あいつは3軍のくせに1軍の感じで歩いてっから、周りは2軍分疲れるんですよ」

春「なるほどね。合わせなっきゃないからな。そういうことな」

若「そうそうそうそう」

春「周りも本人も合ってたら、それはいいってことか」

若「そうそうそうそう。だから、春日なんかちゃんと2.5軍の感じ出してくれるじゃない」

2人「ははははは(笑)」

春「なんで2軍半なんだよ!1軍だって言ってんじゃねーか!ハハハハ(笑)」

若「自分の感覚はそういうのあると思うけどさ、それはだって、例えば、今、女優さんで1番っていったら誰かね?」

春「誰、いっぱいいますよ、そりゃあ」

若「俺ね、小・中・高とね、よく、テレビ出始めたら「モテたでしょう?」とか言われるけど、あるじゃん。出たての頃は」

春「うん」

若「でもね、小・中・高モテてこないと、モテないよ。いくらなんだって」

春「あぁ、まぁ、そうだね」

若「うん。だって、さっきカブの話したけど、カブがたまたま道間違えて高速道路乗っちゃったようなもんなんだから、春日って」

春「おい!失敬なこと言うな!」

若「ははははは(笑)でも、生まれながらのスポーツカーっているんだよ」

春「あぁ、まぁま、そうか」

若「校庭歩いてたらスターなの。だから、ウィーンて高速道路乗るんだよ。当たり前なの、高速道路をスポーツカーで走ってることが。オープンカーで。でも、春日は原付で道間違えて高速道路乗っちゃって、ホントは走っちゃいけないんだよな、お前なんて」

春「そうだね」

若「ははははは(笑)」

春「違反じゃないか」

若「違反なんだよ」

春「ずっと違反状態ってこと?」

若「違反状態。30キロで高速道路をカブで走ってるような仕事の仕方だもんな、春日って。ははははは(笑)」

春「そんなこと!こっちだってスーパーカーだと思って走ってるよ、高速を」

若「さっき、その怒り、わかりづらいよって話したじゃないですか、億の貯金があるのに恵まれてない側から話してお金稼ぐ人の話」

春「うんうんうん」

若「もう一個はね、これもダメだと思うのはね、1軍の人が「いや、私は2軍ですよ」って話しすんのもダメよ、基本的には」

春「まぁ、なるほどね」

若「……同じ話か、さっきと。ははははは(笑)」

春「まぁ、同じ、か」

若「これは無理がある時ある。まぁ、なかなか難しいんだと思うけどね。そうしないとね。生意気ってなったら生意気ってなったで大変なんだろうしね」

春「うんうんうん」

若「だから、春日ぐらいが見てて一番楽に見れるな、テレビ」

2人「ははははは(笑)」

春「あ、そう?2.5軍が?」

若「と思っちゃうんだけど」

 

若「洋服とかもそうよ」

春「わかる」

若「前、グアムでゴンちゃんとブランドもののバッグ買ったっていう話したじゃない。あれがずっと背負ってたのよ。高かったからさ」

春「それは使ったほういいでしょ」

若「ボロボロになるまで使おう」

春「それはいいことだよ」

若「なんかねぇ、エレベーターホールとかで会う人、会う人にね「若林君がブランドもののバッグ持つってなんか珍しいね」みたいな。面倒くさくて、そう言われるのが」

春「なるほどね」

若「2万円のバッグに変えたんですよ」

春「はいはいはい」

若「誰も何も言わないね」

春「あー、やっぱりそれぐらいの、“2万円のバッグを使う男”ぐらいが周りが安心するんだろうね」

若「そう。それでさ、……今、どういう気持ちで言ってたの?お前今の気持ち」

春「気持ち?」

若「そうそう。削りに来てんの?」

春「いや(笑)、削っちゃないじゃない。先生がおっしゃることをね(笑)、ほぼ相槌みたいな感じで」

若「あの~、あの、ちょっと待って」

春「何よ」

若「“2万のバッグの男”っていうよりも、“先生がおっしゃる”のほうがムカついたわ」

春「ハハハハハ(笑)」

若「ははははは(笑)」

春「あ、そっち?」

若「うん。現状が把握できてない先生に言うことだからな、その言い方って」

春「ハハハハハ(笑)「いや、先生ね」、この言い方ね」

2人「ははははは(笑)」

春「周りの感覚的な若林さんのイメージに合うということでしょ?」

若「いや、それはイメージじゃないと思うんだよ」

春「あ、そう?」

若「一生背負っちゃいけないんだなって思った、俺は。背負っちゃいけないっていうか、背負わないほうがいいなっていう」

春「でも、それが浸透してきたら違和感はなくなるんじゃないですか?」

若「いや」

春「ずーっとやってて」

若「バッグのデザインが、俺みたいな、俺みたいな3軍だよ、ホントに」

春「よく言ってね」

若「とりたてて……お前殺すぞ!コノヤロウ!お前!はっはっはっはっ(笑)」

春「そんな大っきな声出されちゃったら、急に。怖くて喋れない、こっちも。急にそんな大っきな声で」

2人「ははははは(笑)」

若「“3軍の咆哮”ね」

2人「ははははは(笑)」

若「なんかあるんだよやっぱり。で、そっちのほうが楽だね。自分の軍で生きたほうが楽よ」