読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別次元

 

もろもろのハナシ 2017年5月17日

 

矢作「みんな、まあまあわかるんだけど、春日だけが、まあ、洋服なんかに関しては謎だよね。好みとかこだわりとかがあるのかなって」

春日「ないですね」

f:id:imadokiyuuka:20170519140626j:plain

矢作「普段どんな格好してるっけ?」

春日「普段、今、スウェットにジャージみたいな感じですね」

f:id:imadokiyuuka:20170519140650j:plain

小木「スウェットだよな」

矢作「じゃぁさ、好きな子ができてさ、初デートみたいな時にその格好で行くわけにもいかないじゃん。ジャージ……あ、行くのか」

春日「そのまま行きますね」

f:id:imadokiyuuka:20170519140723j:plain

矢作「行っちゃうの?」(えー?)

春日「でも、昔、それで待ち合わせして、女の子が一緒に歩くのが恥ずかしいって言われて、待ち合わせしてすぐ洋服屋さん行って、全身替えられたことがありましたよね、服を。バーッ捨てられて。着てきた服」(へー)

f:id:imadokiyuuka:20170519140744j:plain

f:id:imadokiyuuka:20170519140803j:plain

f:id:imadokiyuuka:20170519140812j:plain

f:id:imadokiyuuka:20170519140826j:plain

小木「クラブとか行くよね?」

f:id:imadokiyuuka:20170519141412j:plain

春日「はい」(えー?)

小木「どんな格好で行ってるの?」

春日「それも変わらない。靴は履いていきますね」

f:id:imadokiyuuka:20170519140847j:plain

小木「当たり前だよ!」(笑)

設楽「あたりめーだよ!」

f:id:imadokiyuuka:20170519140904j:plain

若林「サンダルなんすよ」

f:id:imadokiyuuka:20170519140930j:plain

小木「サンダルなのか」

若林「一年中」

f:id:imadokiyuuka:20170519140944j:plain

日村「なんか、あの例のアレだよな?」

春日「そうなんすよ」

若林「だから、ほんと角質がアフリカの部族の人みたいで、ガッチガチに固まってんすよ」

f:id:imadokiyuuka:20170519141015j:plain

春日「踵が。冬でも裸足、サンダルなんで」(へー)

設楽「ここはちょっと次元が違うじゃない、こういう人って」

矢作「違うね、違う」