大人と大人の会話

 

オードリーのオールナイトニッポン 2017年4月1日

 

春「私が初めて試合をやっている時に相手になってくれた人とか話したら、「ありがとうございました」みたいな。なかなか、テレビでイヤじゃん、芸人と試合するのなんて」

若「イヤだと思うよ。しかも春日だからな」

春「しかも春日だからさ(笑)。すいません、みたいなこと言ってたら、いや、全然逆にありがたいです、みたいな」

若「いい人」

春「そうそうそう。終わった後、取引先の人に覚えてもらえたりしたとか、すごいよかったです、みたいな嬉しいことをね」

若「でも、ほんとはそんなことなかったのに言ってくれてんだよ、お前の前だから。それが大人と大人の会話だよ。大体がないんだから、大人と大人の会話って」

春「(笑)じゃあ、何だったんだよ、あの内容」

若(笑)

春「そんな話ばっかりだったんだよ。普通のサラリーマンの人がレスリングを1年ちょっとやってるけど、何回も練習したんだけど全然言えなかったんですけど、僕、リトルトゥースなんです、みたいな言ってくれて、ああ、ありがたい」

若「嬉しい、嬉しい。どっかから聞いたんだと思うけど、でも、それを言ってくれるってことだけ受け止めればいいから」

春「えっ?それリスナーじゃないの?」

若「リスナーじゃないんだけど、大人と大人の会話ってそうなんだよ」

春「すごい嬉しそうに、やっと言えました、みたいな」

若「これ、一個言いたいのは、プライベートな町とかじゃなくて仕事で会った「リトルトゥース」って言った人には俺はルールがあって、どういう回が好きか深く聞かないっていうルールがあるのよ」

春「ハハハハ(笑)」

若「聴いてないから、あんまり」

春「なるほどね、掘っていったら」

若「それは礼儀。でも、気持ちはありがたいじゃない」

春「ありがたいけど、違うのかぁ」

若「違うよ、たぶん」

春「ヘヘヘヘ(笑)」

若「自惚れるなお前」

春「僕も実はそうなんですよ、みたいな、ちょっと離れたテーブルから言ってくれたりとかして、ラジオはねちょっと恥ずかしいんで、ありがとうございます、みたいなことを言ってたけど、あの人も違うっていうこと?」

若「ウソウソ、絶対ウソ」(スタッフ笑)「リトルトゥースって言うと距離が縮まるっていう情報だけ入ったけど」

春「あ、そ~ぉ?」

 

 

広告を非表示にする