読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

違うよ星の人

 

オードリーのオールナイトニッポン 2017年4月15日

 

若「勘違い女、どイタアナウンサーという感じなんですけれども、カトパンさんみたいな感じで中京テレビの廊下を歩いてますけどもね。でも、彼女ね、爆発的に面白いんですよね」

春「まあ、そうだね。だから、良し悪しというかね。そういうイタイと言われる部分があるからハネたりするからね。お前、なんだよ!という時がちょこちょこあるから」

若「どイタだから爆発的に面白いわけじゃない。そういうタレントさんもいるとは思うんです」

春「なかなかないもんね、メインのMCの人を本気で睨みつける女子アナ(笑)。年に何度もあるもんね、若林さんのことをほんとに「イッてやるぞ」っていう目で女子アナが見てるって、まあ、面白いんだよね」

 

若「(付け焼き刃に)不信感がちょっとありまして、俺は新年会、今年はちょっと辞退させていただきたいな」

春「いやいや、若林さん来ないと回らないから。何だっけ?なんか異名あったよね。「もんじゃ焼き野郎」だっけ?何だっけ?」

若「悪口じゃねーか!お前(笑)」

春「「このもんじゃ焼き野郎」だっけ?何だっけ?」

若「『もんじゃのマサ』だよ」

春「ハハハハハハ(笑)」

若「単行本出てんだよ、7巻まで。『もんじゃのマサ』。ヘラで事件を解決していくっていう少年漫画だよ、バカタレお前。ふふふ(笑)」

 

春「こうなってくるとどっちがイタイのかわかんなくなってくるね(笑)」

若「ふふふふふ(笑)」

 

若「そもそも春日は楽しみにしてるわけ?イッチーのスペシャルウィークを」

春「いや、楽しみではないけども(笑)」

若「(笑)楽しみでもないし、楽しみじゃなくもないということね?」

春「なくもないっていうね」

 

若「春日さんはイッチーのこと好きだからいいだろうけど、俺はちょっと来週どうなるかなっていう感じだね」

春「好きではないですよ」

若「嫌いでもないけどね」

春「嫌いでもないんだけね」

若「どういうこと?好きでもない、嫌いでもない」

春「ただの共演者というかね」

若(笑)

 

若「お前、この間、なんかの特番だっけ?芸人さんいっぱい出るフジテレビの。ヒロミさんに「好きでもないし嫌いでもない」みたいなこと言ってたよね?お前なんか凄いなお前な」

春「ハハハハハハ(笑)」

若「ヒロミさんと飲みに行ってなかった?」

春「そうそう。話で」

若「現場ではどういう流れだったの?」

春「そういう話になって」

若「どういう話?オンエアどおり?」

春「オンエアも観てないんだけど」

若「お前オンエア観ないもんな」

春「滅多にね。一緒に飲みに行ったことあるんだよ、みたいな話になって。オンエアどおりじゃない?全然喋らなかったみたいなことで、そういうのはよく言われるじゃない。いろんな芸人さんから。どうしてなんだ?みたいになって、ヒロミさんに聞きたいこといっぱいあるだろう、みたいな感じで周りの人たちに言われて」

若「あんまないんすよ、みたいな」

春「そうそう(笑)」

若「はははは(笑)」

春「すいません、つって」

若「はははは(笑)お前はそれ言ってもコメディになるもんな」

春「嫌いなのか?みたいなこと言われて」

若「フリがきたから、まあまあ、好きですって答えたら何も起こんないしってことだ。ほんとは大好きだと思うんだけど」

春「(笑)まあそうね。観てきたらからね」

若「俺、ジムで筋トレしてた時だったかな、あれ観たの。ジムのテレビ映ってて。ルームランナー走ってたけど、そのまま落っこちたもんね」

春「ハハハハハハ(笑)」

若「足が止まっちゃってブーッて下がって。はははははは(笑)」

 

若「俺はね、マジで、あいつに関しては絶対忘れねぇと思ってることがあって。オンエアされたかなぁ。全部のレギュラー番組の中で、本番中よ、名古屋の番組の。一番嫌いって言ったの、イッチーのこと。なんかの話の流れで。全部のレギュラー番組の中で一番嫌いだからねって言ったら、何言ってるんですか若林さん。また春日に、春日さん止めなきゃだめでしょう、コイツを、みたいな。コイツ頭おかしいんだから、みたいな。言ってたでしょう?覚えてる?」

春「何となく」

若「俺、実際一番嫌いなんだからって言ったの。したら、あいつが、何でそういうことをテレビで言うんですかって言うのよ。それの意味がよくわかんない、俺は。まずね。で、その後なんだけど、私だって嫌いですからねってイッチーが言ったの。そこまでもいいのよ、まだ。全然いいの。

その後に「あたし、この番組、何年やってるけど、気持ちよく帰ったこと一度もないですからね!」って言ったんですよ。いや、お前が気持ちよくなるために収録ってやってんじゃねーから!」

春「ガハハハハ(笑)」

若「観てる人が楽しんで観てくれるためにやるもんであって、おめぇが気持ちよく帰るためになんでやんなきゃいけねぇんだよ、仕事だろと思って、俺はそれを何年も絶対許してない。あの一言は」

春「ハハハハハハ(笑)」

若「はははははは(笑)」

春「こうなったら死ぬまで忘れないだろうね、若林さんはやっぱり」

若「はははははは(笑)」

春「高校の時のこととか覚えて、いまだに谷口が責められてるから。ネックレスがね。ハハハハハハ(笑)ネックレス事件が、もう20年ぐらいたってるのに、その当時と同じテンションで谷口を詰めるからね」

2人「はははははは(笑)」

 

若「月曜日会わなきゃいけないんだ、収録あるから。こんなこと言うとね、名古屋駅前が大混雑になっちゃうかもしれません」

春「(笑)いやいや、2008年じゃないんだからさ。フフフ(笑)誰もいないです」

若「はははは(笑)」

春「オードリー来るからっていって月曜の朝から張ってるような奴は一人もいないよ」

若「あは~ははは(笑)」

春「どの新幹線で来るんだろうって、いないよ」

若「誰もいないよな、ほんとに」

春「誰もいない。ハハハハハハ(笑)大丈夫ですよ」

 

若「俺はでも知ってんだよね。春日って、ほんとに中学から、まあ、人の悪口言わないっすよ。だけど、春日が嫌いなタイプの人間ていうのは知ってて、俺は。絶対イッチーのこと好きなわけない」

春「ハッハッハッハッ(笑)」

若「「あたしを見てそしてキスして」が嫌いだから、春日は。ほんとに春日って、男もそう。男も「あたしを見て俺をキスして」のタイプが嫌いだから」

春「いやまあ、そうだねぇ。そうだねと言うとあれだけど」

若「でも、「あたしを見てそしてキスして」が成立する人もいるじゃない。スーパースターは」

春「まあまあ、それはそうね」

若「その人はいいんだけどね」

春「それはそうね」

若「適材適所だから。だけど、分不相応だろう?春日が嫌いなのは」

春「嫌い、……まあそうね、ちょっと気になっちゃうっていうのはあるよね。だから、後ろから肩たたいて「違うよ」って。「君は違うよ」って言いたくなる」

若「でも、それをやるかどうかだよね。俺はもうやらないの、それは。距離を置く。絶対的に距離を置く派だから。「違うよ」って言っても、あいつらって、ああなるべくナチュラルボーンで育てられてるから、くじらにしても気づかないのよ」「そういう人って、「違うよ」って言った途端に「何が違うんですか?」って言ってくるだろう」

春「そうだね、キレちゃうからね」

若「時間の無駄だから、それは。はははは(笑)」

春「なるほどな」

2人「はははははは(笑)難しいんだよなぁ。「違うよ星」の人ね」

 

 

SPWのCM)

若「今回のスペシャルウィークは本当にテンション上がんないんですよね」

春「あー、まあそうだろうね」

若「あんま上がんないでしょ、春日さんも」

春「うーん、楽しみではないな」

若「ゲストはオドぜひの市野瀬アナという局アナなんですけど」

春「はいはい。オードリーのオールナイトニッポンは今度の土曜日深夜1時から!」

若「面白いですよ~」

 

 

イッチーと絡むと、普段は見られない、むき出しの若林さんが見え隠れするところがとても面白い。イッチーだけが悪者になることなく、ショーとして楽しいものになるといいな。