読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金曜の深夜、カスミン④

 

朝井リョウ加藤千恵オールナイトニッポン0(ZERO) 2015年10月23日

 

加藤「(メール)自分がかかわっているテレビ番組以外で今欠かさず見ているものがあったら教えてください」

春日「ドキュメンタリーが多いですな」

加藤「じゃ、72とかですか?」

春日「72時間とか、バース・デイ、プロフェッショナル、ノンフィクションとか、あと、ブラタモリね」

3人(笑)

朝井「ドキュメンタリー観て、生きてんなって思うんですか?」

加藤「確かに、ドキュメンタリー観て泣いたりとかされますか?」

朝井「どういう気持ちなのかなと思って。感動するんですか?」

春日「泣いたり感動もする時ありますよ。動物関係とか、やっぱり子どもとかね。姪っ子がいたりするから。そこはやっぱり人の心ありますから、しますよ」

朝井「今日それがちょっとわかってよかった」

春日「ドキュメンタリー、あ、そういう人もいるんだとか、普通の視点ですよ」

 

加藤「若林さんが単独で出られている番組とかってご覧になります?」

春日「録画してまで観るっちゅうことはないですかね」

加藤「変えてやってたら」

春日「やってたら、それは観ますよ。どんなMCワークしてんのかな?とか」

3人(笑)

春日「どうやって人と絡んでるのかとか、それは観ますよね」

朝井「気になるんですか?」

春日「変えたりはわざわざしないんじゃないですか。バーッとザッピングしてて、パッと映ってたら。よっぽどその裏で面白いドキュメンタリーがあったら、そっちは観ちゃうかもしれないですけど」

 

加藤「(とんぱちオードリー)の企画段階では春日さんはかかわられてはいないんですか?」

春日「もちろんです。企画段階というか、前日ぐらいまで知らないです、何をやるか」

朝井「えっ?若林さんは水口さん、ディレクターの方と打ち合わせを」

春日「まぁまぁ、そうですね。やってますけど。何日か前じゃないですか。ロケがあるから、みたいなことを。たまたまバッタリ会ったんですわ。水口DとTBSで」

朝井「バッタリレベル」

春日「バッタリ会って、あ、ロケあるね、みたいな。今回どういう仕掛けでいくの?みたいな質問して、今回はないんだよつって。いや、ないわけないでしょ(笑)」

朝井「同じ、同じ(笑)」

加藤「視聴者目線だ(笑)」

春日「ロケのつい2日ぐらい前まで、あるもんだと思ってましたから、それぐらいのレベルです。春日チャレンジ、あれも、なんだったら当日とか。幾つかやるみたいなのは聞いてるんですけど」

朝井「ホントに受け身な」

春日「大福を口で?できんの?(笑)あの現場で聞いてますから」

加藤「物すごい信頼ですよね」

朝井「若林さんへの信頼でもあるし」

加藤「とか、水口さんとか、マネージャーさんとか」

朝井「若林さんとディレクターの方がどういう話をされているかが気にならないということですか?」

加藤「そうそうそう。そこに加わりたいとか、ないですか?」

春日「気には多少はなるんですけど、でも、そこに参加して何か意見を言いたいとかはないですよ。それは上がってきたものをやるっていうのでずうっとやってますから。漫才だって、ボディビルだって、フィンスイミングだって、上がってきたものを全部やるんですから」

加藤「春日さんから思いついて提案とかもないですか?」

春日「ないですね。ええ、16年ないですよ、私からの提案」

加藤「へぇ、凄いな、それ」

朝井「そうですよね。そうやって考えたら、やっぱ凄いです」

加藤「凄い。やっぱ怖いね、それ」

朝井「怖いんだよ」

加藤「やっば、それ、確かに心ないわ」

朝井「何かやりたいこととか伝えたくなることとか」

加藤「これ、こうしよう、みたいな」

朝井「16年間生まれたことはなかったということなんですかね?」

春日「ないですね。これからもないでしょうね、おそらくね。私から新たに、ゼロから生まれるものはないでしょうね」

朝井「かっこいいですね」

加藤「かっこいいけど、でも、やっぱ人の心じゃないよね(笑)。怖いもん。でも、ホントにモンスターかも」

朝井「トーキングモンスター」

春日「そうですよ、トーキングモンスター。そういうことですよ」

朝井「だから、ボディビルじゃなかったら、全然ボディビルじゃなかったということですもん。提案されたのが全然違うものだったら、今それ」

加藤「提案がバレーボールだったらバレーボールやっていらっしゃったっていう感じですもんね?」

春日「そうでしょうね。いっぱい牛乳飲んでるでしょうね」

朝・加(笑)

春日「とにかく背をつって。36だけども、伸びるんじゃないかとか」

朝井「そうやって考えたら凄いですね」

 

朝井「売れなかった時代に若林さんが春日さんの所にワーッて行った時に、春日さんが野球のカープの応援を」

春日「日本シリーズね。ライオンズですね」

朝井「応援をしていて、若林さんが、努力しない人間なんていないみたいなことを思ってたけど、いた、みたいなことをわかって、膝から崩れ落ちたみたいな、凄くいい話がありますけど」

春日「ふふふふ(笑)いい話なんだね、それは」

加藤「凄く近くにいたっていう、青い鳥みたいな(笑)」

朝井「この人はこれで幸せで、これで大丈夫っていうのが、あれが本当だというのがわかりましたね」

加藤「今日はお話をたくさん伺えて面白かったです」

朝井「ホントに幸せです」

加藤「春日さんの闇に触れられた感じがしました(笑)。フリートークももちろん凄く参考になったんですけど」

春日「闇を見せに来たわけじゃないです、私」

加藤(笑)

春日「いろいろお話を伝授しようと思って来てるわけですから」

朝井「凄く伝授していただきました」

春日「大丈夫ですか?トークを教えるって言って」

朝井「すぐ家を出て、最後、告知で締める」

加藤「そう!」

春日「そうですね。あと、終わりだっていうのをキラーワードを決めるということですよ」

加藤「キラーワードを作ります」

春日「それ言ったら、すぐジングルが流れるっていう」

朝井「勉強になる。勉強になる。逆に絶対できないけどね」

加藤「そうだね(笑)」

春日「内容じゃないから、トークっていうのは」

朝井「あっ、最後にまたいいこと言ってくれた。ありがとうございます」

春日「(笑)内容だよ!つってツッコまれましたけど、インカムでね」

加藤「芳樹さんが今、内容だよ!ってディレクターが」

 

加藤「本日のゲスト、オードリーの春日さんでした」

朝・加「ありがとうございました」

春日「ありがとうね。またお会いしましょう。この2人を可愛がってやってください!」

朝井「ありがとうございます」

加藤「嬉しいです」

春日「いい奴らですから」

朝井「はは(笑)」

 

 

フリートークを一人で考えていると言ったのはいつだったかなぁと探していて、たどり着いたのがこの放送だった。朝井さんと加藤さんの、こちらがちょうど聞きたいと思っていたところを突く感じが心地よかった。