読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲスト・大木さん②

 

オードリーのオールナイトニッポン 2017年2月25日

 

若林「さあ、ということで、今日のゲスト、我々をとっちめに来たビビる大木さんです。よろしくお願いいたしま~す」

大木「出ました!こんばんみ。ビビる大木です」

若林(笑)

春日「ああ、ありがとうございます。本物だ」

若林「本物って感じしますね、やっぱり」

春日「本物がついに。ありがとうございます」

若林「さっきメールでリスナーから来てましたよ。「こんばんみ」って何ですか?っていう質問メール来てましたよ」

大木「質問も何も、挨拶だからあれは。ヤなのはさ、原口君が何年か前から俺のモノマネやってくれてて、俺が言った「こんばんみ」がカットされて、原口君の「こんばんみ」が放送されるっていうね、俺もうよくわからない事態になって、俺もちょっと使う気なくなった」

2人「ハハハハハ(笑)」

大木「なんだ、じゃあもう要らないんだ、みたいな、寂しくなっちゃった」

若林「それでやめたんですね」

大木「使わなくなっちゃった。寂しいから」

 

若林「今、Tシャツ、バックトゥザフューチャー2とロサンゼルスドジャースの帽子で来ていただいていますけども」

大木「2(ツー)が好きだから俺は。バックトゥザフューチャー2が好きなの。

その前に、はい、2人、握手」

春日「ハハハハハ(笑)」

大木「始まったから」

春日「何ですか?」

大木「今日はせっかくさ、俺はせっかくオールナイトニッポンに呼んでもらってさ、俺は言っても先輩だから、俺は後輩のラジオにお邪魔するっていうのはあれだけども、せっかく俺もお邪魔させてもらったからには、2人が、よし、今日、ちょっと先輩来るけど頑張っていこうなっていう握手が見たい」

若林(笑)

春日「それは今しなくても」

大木「今だよ!本当は本番前に見たかったけどさ」

2人「ハハハハハ(笑)」

若林「放送に乗らないじゃないですか、本番前にやっても」

大木「そうそう。だから、せめて今ここでやってほしい。はい、春日、右手出して」

若林「大木さん、俺たちこのラジオ結構ずっとやってるんで、握手したほうが変なんすよ」

春日「そうですよ、今さら」

大木「いや、今さらじゃないでしょ!コンビなんだから!」

若林「コンビが毎回握手してやんないですよ(笑)」

春日「コンビの時、握手してたんすか?大木さんは」

若林「大内さんと」

大木「いやいや、別に俺がコンビの時、握手したか、してないかで、オードリーが握手する、しないは関係ないでしょ!」

春日「コンビなんだからって言うから(笑)。俺もやってたっていうんだったら」

大木「はいはい、春日が出さないと進まないから。握手、握手」

春日「握手だけでいいんすか?」

大木「握手で、今日頑張ろうって」

春日「もう結構始まってる」

大木「今日頑張ろうってちゃんと言うの若林に」

春日「はい。じゃあ今日頑張ろう」

若林「うん、まあまあまあ、ね」

大木「頑張りましょうつって」

2人(笑)

大木「ゲンゼイ!」

春日「ハハハハハ(笑)」

若林「ちょっと待ってください。なんで春日はタメ口で、俺は敬語なんすか?(笑)」

春日「(笑)今日頑張ろう、頑張りましょう」

大木「ちょっとあるでしょ、気使っちゃう時(笑)。気使って相方に敬語のパターンもたまにあるでしょ?」

春日「まあまあ、ありますけど」

大木「その勢い。前より握手の回数減ったでしょう?」

若林「当たり前ですよ!握手なんてもともとしないですもん、相方と」

春日「なんでしてる前提なんですか?」

若林「マジで握手したことないですよ。大木さんに言われる以外で」

春日「ないですよ!そんな」

大木「俺は、やっぱオードリーが握手しているのを過去に何回か見て」

若林「いや、大木さんが言ってるだけです」

春日「やらされてるだけです」

若林「俺らゲストで行った現場で、はい握手って言ったら、みんなほかの演者が見てるんすよ」

大木「ああいうのを見て、俺はやっぱいいなと思ったんだよ」

若林「自分がやらしてるんすよ」

大木「ああ、コンビで握手っていいんだなって。忘れちゃったけど、別のコンビにも握手してもらったのよ」

若林「ああ、やってんすね、俺ら以外にも」

大木「何回か。ほんと2~3組よ。見た時に、その2~3組にピンと来なかったのよ。あ、なんか違うな、彼らはっていうのがあって。握手はやっぱオードリーなんだなって、その時思った」

若林「なんで俺らにピンと来ちゃうんすか」

大木「ああ、やっぱ握手はオードリーかぁ」

春日「それ、なんなんすか(笑)」

若林「大木さん、ちょっといいすか。この会話の全体が中身がないんですよ」

大木「中身じゃないよ。握手を拒むから進まないんだよ」

春日「ハハハハハ(笑)」

若林「握手をする、しないの話をずっとするのおかしいじゃないですか」

大木「拒むから」

若林「握手はいいですか?置いといて」

大木「いいよ」

若林「1コ1コ聞きたいのが、まず、若林ゲンゼイって、僕がトヨタ補助金川澄とのキーパーで、若林源三キャプテン翼のあれで……」

春日「ちょっと待ってください(笑)。大木さん、なんでブースにお菓子を持ち込んでるんすか?」

大木「棒状の。これは後で端と端から若林と春日に食べてもらおうと思って」

2人「ハハハハハ(笑)」

若林「なんでトッポ(笑)」

大木「トッポをゲンゼイとアバトゥースが端っこからかじっていって、ゲンゼイとアバトゥースの唇がちょっとくっつくっていう瞬間をちょっと見たいんだよ。持ってきたんだよ」

春日「握手でとどめてくださいよ」

若林「変態ですよ、変態。やっぱり」

大木「今日買ったんだから、このために買ったんだ。今日そのために買ったんだから、来る前に」

2人「ハハハハハ(笑)」

若林「コンビニで買ってきたんすか?」

大木「そうだよ!あったから持ってきたんじゃないんだからね!」

若林「おかしいすよ」

大木「それを家出る時に思いついて、途中で買ってこうって。それはちゃんとやってもらうよ」

春日「思いつかないでくださいって」

大木「後でやってもらうから」

若林・春日「やらないすよ。やるわけないじゃないですか」

大木「それはやるよ。それをやりたくて今日来たんだから」

2人「ハハハハハ(笑)」