読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲスト・大木さん①

 

オードリーのオールナイトニッポン 2017年2月25日

 

(オープニングトーク

若林「そういえば、高2とか高3だったっけ?池袋にギャグコレクション観に行ったことあったじゃない」

春日「豊島公会堂ね」

若林「そう、豊島公会堂。その時もジャージ着てたよ、たしか」

春日「その時出られてたっけ?」

若林「出られてた、ビビるさん」

春日「じゃあ、ジャージだよね」

若林「変態疑惑もあるからね、大木さんに対して」

春日「はいはいはい」

若林「春日も風呂なしに住んでますけどね。ねぇ?」

春日「そうね。大木さんも長いこと住んでたから、まともな人間じゃないと思うんだよね(笑)。そういった意味じゃ」

若林「ふふふ(笑)」

春日「変態。変わり者」

若林「でも、熱い人ではあるんでしょ?幕末とか歴史とか」

春日「ああ、そうだね」

若林「わかんないね、ホントに」

(略)

若林「春日さんともしかしたら気合うかもしんないね」

春日「うーん、ま、そう、どうですかねぇ」

若林「お金いっぱい使ってるような雰囲気もしないじゃない。先ほども私服見たら、バックトゥザフューチャー2のTシャツ着ていらっしゃって。あんま高い服を着てるようなイメージとかない」

春日「あ、わかる。一回ね、あれたぶん大木さんだと思うんだよな」

若林「ちょ、わざと大木さん覗き込むフリしなくていいんですよ。全面ガラスなんすから(笑)」

春日「なんかもらったの、ノベルティかなんかなのかな?」

若林「なかなかいないっすよ。みんなおしゃれだから。先輩たち。あの年代の先輩の芸人さん、結構高いの着てんすよ、みんな」

春日「そうだね」

(略)

春日「たぶん大木さんだと思うんだ。ずいぶん前に、なんか飲ませてもらったことがあったのかな」

若林「一緒に?」

春日「うん。結構前に。で、大木さん、その時リュックだったのかな。飲んだ内容とか全然覚えてないんだけど、覚えてるのが、リュックかなんかで、その当時。リュックのサイドのところのちょっとしたポケットというか物入れのところに、新幹線でもらうおしぼりがぎっしり詰まって」

2人「ハハハハハハハハハ(笑)」

春日「たしか大木さんだったような」

(略)

若林「言い方ちょっと難しいけど、なんでそんなダサい人がアイドルの人と結婚できんねのかね」

春日「ハッハハハハハ(笑)ストレートだねぇ、言い方がね」

若林「そういうのもないじゃない。例えばアメトークで謎深い大木さんのみたいのもあんまり観たことないから謎だなよ。いろいろ聞いてみないと。

風呂なしに住んでたっていうことの先輩でもあるんだよね」

春日「そうそう、そうよ」

若林「長い間」

春日「そうだね。その話を聞いた、私がやってた「春日の部屋」っていうスポーツ紙の」

若林「それもあった。春日、結構多いな。アイアンマンと春日の部屋とスポーツ新聞も読むっていうことね。結構、だから、雑誌類読む人なんだね」

春日「ああ、そうじゃない?そうなんじゃない?」

若林「あとは、アイアンマンとアバトゥース」

春日「あと、カスカスTVね(笑)」

若林「ホントだ。あれは厳しいよ。エレベーターの中で報道のスタッフさんとかも乗ってんのにさ、皆さん観たほうがいいですよ、カスカスTV、みたいな。小声でツッコム。いや、終わってんすよ。DVD出てんだよな、みたいな。岡田さんとか」

春日「そうやって言うから、一回、カスカスTVのDVDをまとめて差し上げことあったかもしれない、そういえば。観てくれたかな(笑)」

若林「観てるわけないだろ!全部あんまり観てないで言ってると思うのよ」

春日「ハハハハハ(笑)そういえばそうだ」

若林「表面だけ観て、それが脳にパツッて入るのがすごいけどさ。そうでしょ。だって、春日のアイアンマンの話なんて」

(略)

若林「芸歴で言うと、俺たちが高校生の時に豊島公会堂で観たってことは」

春日「だって、オールナイトニッポンだって2000年からやられているということは、我々が2000年デビューだからさ」

若林「そういえば、すごいネタ番組とかで観てたけど、ブレイクの仕方、「こんばんみ」とかがバーッと流行る前から出てるでしょ、フジテレビの深夜とか」

春日「ああ、そうなのかな」

若林「こんばんみとかは、「笑う犬」とどういう時間のあれなんだろうね」

春日「どっちが先なのか、みたいな?」

若林「でも、青銅さんが言ってたのが、日テレですごい若手のいっぱい出る芸人が深夜であって、それに青銅さんが入ってたのかな。両軍に分かれてキャプテンを1人ずつ決めるみたいな時には、大木さんとか20代前半の時に、こっちのチームは大木君でいいんじゃないか、こっちのチームは劇団ひとりさん、当時スープレックスの。でいいんじゃないか、みたいなぐらいの感じだったよみたいな話だったからね」

春日「なるほどね。じゃあじゃあ、全然もっと前か。2000年よりも」

若林「もっと前になりますよね。その辺もちょっと聞いてみたいと思いますけど。

ああ、トリビアか」

春日「ああ、そうだね」

若林「売れるのめちゃくちゃ早かったんだ」

春日「そうか、そうだね。だから、今の澤部みたいな感じなんじゃない?若いながら」

若林「ナベプロの蝶ネクタイイズム」

春日「ハハハ(笑)なるほど、そうだね。受け継がれてるね。1人だけ若い、みたいなさ。そういう感じだったんじゃない」

若林「筋肉を鍛えるとかはあんま話さない」

春日「まあ、そうだね。それをなぜ聞いてくれないのかとかね、聞いてみたいよね」