読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大木さん④

 

オードリーのオールナイトニッポン 2014年4月19日

 

春「今週、アイアンマンの最後の取材を受けたの」

若「アイアンマンという雑誌があるっていうことですよね」

春「みんなが知ってるあのアイアンマンね」

若「みんなが、みたいな、少年ジャンプみたいな言い方されても困るんですけど、こっちも」

春「月刊アイアンマンですよ。ゴールドジムの受付の横にいつも置いてある」

若「置いてある場所はどこでもいいけどね」

春「あのアイアンマンね。たまにビビるの大木さんが読むっていうね」

若「それはよく聞いてるよ」

春「立ち読みして」

若「大木さんと前室で、お前、アイアンマン出てなかったじゃねーか今月!って言われて怒られてんのね」

春「うん、怒られて。いや、載ってますよ、白黒ページに、みたいなね」

若「なんで大木さんがアイアンマン読んでんだろうな(笑)」

春「(笑)たまにゴールドジムに行くらしくてさ」

若「ああ、それでか」

春「そう。受付のところに置いてあるから、パラパラとめくったら春日が連載やってるつって」

若「(笑)」

春「おいアイアンマン!て呼ばれるからね、今ね(笑)。あだ名みたいに」

若「この間、名古屋の生放送で言ってたよな?」

春「はははははは(笑)」

若「アバトゥース」

春「あれ、ひどい。あれ、ひどかったわ」

若「あれはすごかったな」

春「生放送の締めをね、みんな、45周年記念だからいる。高田純次さんとかさ、中京テレビのゆかりの人が勢ぞろい。タカトシさんがMCで。最後の最後、みんなで集まったところでね、大木さんが、春日あれだって?なんだ?アバトゥースつって。何にも言ってないのよ、わたし。ダルビッシュ君の格好してさ(笑)、顔白塗りでこそっと後ろのほうにいたらさ、大木さんが(笑)」

若「それも、自分から言うっていうよりは、春日なんかやりたいんだって?みたいな感じでくるから、バッチリオンエアに乗ってるからな」

春「生放送だしさ(笑)。そんで皆さん方が、ほかの人も、なんだなんだ?どうした春日?ってなって」

若「何?アバトゥースってなってたね。トシさんとかもね」

春「なってた。どうした春日?てなって、やるしかないからさ「アバトゥース!」ってやったよ(笑)」

若「締めでね。番組の」

春「4年ぶりぐらいに(笑)。とんでもねぇ空気になったよ」

若「それはそうだよ。アバの部分て何だろう?と思うんだよな」

春「ふふふふ(笑)『アバター』のPRのための」

若「そうそうそう。映画のね」

春「トゥースとかけ合わせてやったっていうね」