崖の上のアパス

 

オードリーのオールナイトニッポン 2011年3月26日

 

若「RNおいもやさん「崖の上のアパス」

「崖の上のアパス」とは、崖の上に住むオードリー春日と不思議な生き物アパスとの友情を描いたジ○リ映画のことである。春日とアパスが次第に打ち解けるも、残酷な運命により離れ離れになってしまい、春日がアパスに向かって「アパーー」と叫ぶラストシーンは、観客の誰もが涙があふれてとまらない」

春(笑)

若「どんなフォルムなんですか?アパスって」

春「アパスは、スライムみたいな感じ」

若「へぇー。何色?」

春「黄色。蛍光の黄色。で、ウネウネ」

若「顔とかないの?ドロドロなだけ?」

春「そう。ナマコとスライムの間みたいな」

若「ナマコとスライム、ああ、グチョグチョだ」

春「グッチョグチョね。目が痛いぐらい光るのね」(笑)

若「もうめっちゃくちゃ光るんだ」

春「最初はね」

若「歩いたりするんじゃなくて、転がったり、浮遊したりするの?」

春「転がったり、ムニョムニョしてる」

若「ああ、わかる、わかる、あの感じね」

春「たまにシュッとすげぇ伸びたりするんだよね」

若「手みたいになって」

春「手みたいにシュッて」

若「攻撃もしてくるんだ」

春「攻撃はしてこないね。心優しい」

若「何なの?それが」

春「それでしょ。それよ。友情が芽生えて。最初は、目痛ぇな、なんだコレって言ってんだけども、次第に心と心で、言葉は通じないけれども、心と心でふれ合って」

若「それ、映画でどうやって表現するの?心と心でつながるとこ。言葉で交わすんじゃないんでしょ?」

春「うん、言葉で交わすんじゃないよ」

若「どういうふうに描かれるの?アニメで」

春「だから、なんつうのかな」

若「ニコニコしたりするわけ?お前がただ」

春「あたしが腹減ってる時とかも、食べ物を分けてくれたりとか、とにかくそういう優しさ」

若「なるほど、そういうので見せるわけ」

春「寂しいなっていう時に隣に寄り添ってくれたりとか、一緒に寝てくれたりとか」

若「でも、目、眩しいぐらい光るんでしょ?」

春「光る。最初は。最初はもう」

若「最初?」

春「うん。慣れてくるわけよ、その眩しさも。だんだん。あんまりそっち見なきゃいいなっていうふうになってくるから。アパスのほうを」

若「じゃ、打ち解けられねーだろ!それ」

春「直視しちゃうと目がやられちゃうから、サングラスかけたりとかして」

若「ははははは(笑)」

春「何とか耐え……とにかくいい奴っていうのはわかるから」

若「ちょっと待って、もう防御しちゃってんじゃん」

春「念のために。サングラスかけたらふれ合えるんだから」

若「サングラスってイチローみたいな?イチローがしてるみたいなサングラス?」

春「イチローじゃない」

若「どういうサングラス?」

春「タモさんしてるみたいな」

若「(笑)面白ぇじゃん」

春「やって、ふれ合って、最終的にはやっぱり住む世界が違うというかさ、あれで離れ離れになっちゃうんだけどね」

若「なんでアパスなのにスを言わないの?アパーなの?」

春「アパスーだとちょっと語呂が悪いじゃん」

若「じゃあ、お前も言うなよ、最初からアパスって、語呂が悪いなら」

春「叫ぶ時はアパーなの」

若「どうやって叫ぶの?ちょっと言ってみてよ」

春「ワーッと遠くに離れて行っちゃいますよ、フワフワーつって。それ見ながら、「アパーーーーー」」

若「(笑)サングラスしてんの?お前」

春「それ、取ってるよ」

若「取ってんの?」

春「取ってるよ」

若「光ってんの?」

春「遠く行っちゃってるから、目痛くないから」

若「結構冷静じゃねーかよ」

春「結構遠く行っちゃったから、あのくらいでもう大丈夫だなつって」

若「冷静じゃねーか」

春「メガネに手をかけて取って、「アパーーーーー」。で、エンディングテーマ『N.O.』がバーッと流れる」

若「ははははは(笑)」

春「♪今じゃ言えないつってバーッと流れる(笑)」

 

 

このエピソードをずっと探していた。言葉が通じなくても、寂しい時は寄り添ってくれたり、一緒に寝てくれたりする、という部分をもう一度聴きたくて。春日さんがカラオケで初めて歌ったのが『N.O.』だったというのを確かめたくて音源を探していたら、フォロワーさんに2011年3月26日のだと教えていただいて、この話にもたどり着くことができて、とても嬉しい。