見えるラジオ

 

そらを見なきゃ困るよ! 2009年1月6日

 

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7796732

 

若「(蒼井そらちゃんがお休みなので)今日はずっと1時間2人でお送りするんですけども」

春「なるへそ」

若「これといって春日と喋ることないです。俺、ほんとに今自分で聞いてみたの、本番始まる前。今、春日に聞いてみたいことってゼロ!」

春「はははは(笑)」

f:id:imadokiyuuka:20170507095842p:plain

f:id:imadokiyuuka:20170507095851p:plain

若「何のひねりもなくて申しわけないけど、何にも聞きたくない」

春「聞きたくない?」

若「お前が、そんな話、もうしないじゃん。M-1の準優勝どう思う?とか、お前に聞かないじゃん」

春「まあ、そうね。興味はないな」

若「聞きたくもないもん、俺。お前がどう思ってるかとか」

春「確かにね。それ、春日のほうからも同じですけどね」

若「お前はたぶん聞きたいよ」

春「いやいやいや」

若「お前は、仮に俺が、仮にだよ、『クイック・ジャパン』で一人語り1万字インタビューしたら、お前『クイック・ジャパン』買うだろう?」

春「買わないね」

若「買わないですか?」

春「買わないでしょう。買う理由がないでしょ、だって」

若「ちょっとボクシンググローブ持ってきてもらえますか?」

春「楽しみだね。きついの1発頼むよ。1発と言わず2発、3発」

 

春「しかしだね、若林氏」

若「どうしました?」

春「話は変わりますけどもね」

若「あなたからネタを振ってくるなんて、ハレー彗星の接近ぐらいの確率ですよ」

春「誰が60年ぶりだよお前!」

若「春日さんて、まだそういうことやるんすね」

春「やりますよ」

f:id:imadokiyuuka:20170507095910p:plain

f:id:imadokiyuuka:20170507095937p:plain

f:id:imadokiyuuka:20170507095949p:plain

若「俺の中でも、叩いてくるなんて、ちゃんと台本に組み込まれてる時だけだと思ってたわ(笑)」

春「やりますよ私は。春日がどう動くかはほんとに春日自身もわからんからね」

若「それ、今日、インタビューで何回も聞いたわ」

春「一回も取り上げてくれなかったな」

若「あそこ採用されないな、いつも」

 

若「お前、蒼井そらのことどのぐらい好きなの?」

春「たくさん」

若「俺とお前はどっちが蒼井そら好きなの?」

春「争う話じゃないでしょ」

若「お前さ、蒼井そらをほんとに好きか?」

春「好きだよ。俺はもう、毎回、毎回、自分を抑えるのに必死だからね」

若「いや、たぶん俺のほうが好きだよ」

春「いやいやいやいや、それは負けられないよ」

若「お前、蒼井そらの好きな部分言って、古今東西してこうぜ」

春「いいぜ」

若「お前まずどこが好き?」

春「顔」

若「あー。たぶんね、お前はだからそうなんだよね。お前は蒼井そら顔ファンだよ、しょせん」

春「顔ファンじゃない。まず顔……だから全部が好きよ。雰囲気とかも。ちょっととんがった、とんがったというかね、アウトローの感じも好きだし」

若「まだ言うなって!古今東西って何で言ったか意味わかんないだろ!そしたら」(スタッフ笑)

春「あなたが「顔」って言った時、すぐ言わないからだろうが!俺がスベったみたいになったからだよ!」

若「俺は蒼井そらのどこが好きかっていったら、「スタンス」ですよ」(スタッフ笑)「お前と大きな差だよ。お前は「顔」だろ、一番最初に来るのが。蒼井そらのどこが好きか……」

春「顔は除けたらウソなるだろ!だって。まず人の目で見るのは顔なわけだから!」

若「俺はスタンスなんだよ!痛い!」

春「手が出るよ!それは」

若「手が出たよもう(笑)」

春「手が出るよ!それは俺だって!」

若「久しぶり。俺、ボケやめてから4年ぐらいたつのに、叩かれたの久しぶりだったわ」

春「手が出ちゃう、そんなふうにこられたら」

f:id:imadokiyuuka:20170507100011p:plain

f:id:imadokiyuuka:20170507100051p:plain

f:id:imadokiyuuka:20170507100103p:plain

f:id:imadokiyuuka:20170507100238p:plain

 

f:id:imadokiyuuka:20170507100255p:plain

f:id:imadokiyuuka:20170507100303p:plain

f:id:imadokiyuuka:20170507100313p:plain

f:id:imadokiyuuka:20170507100353p:plain

 

若「俺ね、全然春日さんに興味ないと思ったけど、2人で話すことなんて今ないじゃないですか。春日さん偉そうにね、新幹線3つ席が並んでて、俺と春日、隣だとね、チェンジみたいにしてね、マネージャーを間に入れたりするように。一人でなんか考えてるフリしてるんですよ。何も考えることないのに」

春「春日だっていろいろそれは考えますよ」

若「僕ね、ちょっと聞いてみたいなと思うことあるんですけど」

春「答えられる範囲で」

若「……まあいいや。2人で話すこともないからさ。キャラ芸人みたいに言われてるじゃないすか」

春「ああ、そういう声も聞こえますな」

若「飽きられるのが早い、みたいなベタなこと言ってくる人でしょう?」

春「うん、まあね」

若「そういうこと言われたりしてどう思ってんの?お前って」

春「何も思わない」

若「ふははは(笑)」

f:id:imadokiyuuka:20170507100425p:plain

f:id:imadokiyuuka:20170507100618p:plain

f:id:imadokiyuuka:20170507100436p:plain

f:id:imadokiyuuka:20170507100701p:plain

春「むかつきもしないし、あ、そうだなとも思わないし、もう無!」

若「むかつきもしないの?」

春「むかつきもしない。無」

若「え?あ、そうだなということ?」

春「まあ、言ってるっていう事実があるっていうだけ、そこに」

若「リアクションはないわけ?」

春「音として。音があるだけ。その世界には」

若「カラスの鳴き声と一緒?」

春「一緒、一緒、一緒。何も思わない」

f:id:imadokiyuuka:20170118115843p:plain

若「それなんで?なんで何も思わないの?」

春「なんでなんだろうね。それはやっぱり春日は春日の生き方をしてるからじゃないか?恐ろしいほどに」

f:id:imadokiyuuka:20170118115857p:plain

若「いや、「恐ろしいほどに」頭に持ってこなきゃいけないんじゃない?(笑)「恐ろしいほどに春日さんは春日さんの生き方をしている」のほうがよかったんじゃないの?」

春「そうだね。文章的にはそうだね」

若「(笑)なんかね、捨てぜりふみたいに言われても。恐ろしいほどに」

春「はははは(笑)人質にされてもな、そこだけな」

若「突っ込んで聞いてみたけど、あんま面白くなかったですね」

春「おい、なぜ口に出す。ああ、そうですかでいいだろう。後で楽屋で言えばいい話だろう」

若「それは、春日は春日の生き方をしているから、外野が飽きられるだ何だ、当たり前のこと言ってきても、ベタなこと言ってきても、気にしない……気にしないとかでもないんだ」

春「気にしないとかじゃない。音だから。カラスの鳴き声気にする?よっぽどうるさかったらン?と思うけどさ」

若「いや、結構気にしますけど(笑)」

春(笑)

若「すいません、僕の例えがいけなかった」

春「ああ、そうだね。例えに乗っかっちゃったね、あなたの下手な例えにね」

若「いや、でもさ、そこ突っ込んで聞きたいんだけどさ、何とも思わないわけ?そういう世間の声も」

春「何とも思わないよ」

f:id:imadokiyuuka:20170507100729p:plain

f:id:imadokiyuuka:20170118120349p:plain

若「じゃ、かっこいいとか言われることに関してはどう思ってるわけ?」

春「ベタなこと言うなって思うよね」

f:id:imadokiyuuka:20170118115958p:plain

若「そこはムカツク受け取り方。そこは受け取るんだ」

春「そこは受け取る。ベタだなと思う。何当たり前のこと言ってんだと思って」

若「俺、中2からお前と一緒だけど、初めて思ったよ。お前になりたいって初めて思ったよ」

f:id:imadokiyuuka:20170118120015p:plain

春「いや、そうでしょ、やっぱり。そういう声よく聞く」

若「フィルターがあるんだね」

春「うん」

若「いいのは入ってきて、都合の悪いのは弾く」

春「そうだね。だって、都合の悪い……」

若「うるせーよ!お前」

春「トゥース!」

f:id:imadokiyuuka:20170118120031p:plain

f:id:imadokiyuuka:20170507100831p:plain

若「うるせーよ、トゥースっていうのもおかしな話ですけど」

春「いやいやいや、大きい声出されちゃったから、反応で出しちゃった」

若「ちょっと、チャット拾っちゃって」w

 

若「M-1の準決みたいなので、急にケーキとか出てくると思ったら、気配ないですね。ふふふ(笑)」

春「ないね」

若「僕、自分の誕生日、どうでもいいんですよ。そういうところ(笑)なんか」

春「ないないない」

若「欲しかったな」

春「そんなね、気の利くスタッフは一人もいない」

若「春日さん、僕に出してきてよ」

春「えっ?」

若「春日さん僕に出して。「頑張ったね」つって」

春「アタシの自腹で?」

若「うん」

春「何言ってんだよお前。お前」

若「お前だと!こらてめぇ。ふふふ(笑)。どう思ってるわけ?M-1の準優勝とかって、自分で。あえて聞くこともないから今聞くけど」

春「何も思わないよね」

f:id:imadokiyuuka:20170507100847p:plain

f:id:imadokiyuuka:20170507100854p:plain

若「それ、お前、各方面気をつけろよ」

春「そういった意味ではね。あ、準優勝なんだなとしか思わないよ」

 

若「春日『ラジかるッ』のひな壇でCM中に寝てらたしいじゃん」

春「ふふふふふふ(笑)」

若「各方面、お前、謝罪しろ!謝罪しろお前!」

春「ふふふふふふ(笑)」

若「ふははははは(笑)華丸大吉さんの、……これ、コピーしてユーチューブ載せんなよ。気をつけろよ。気をつけろよって俺が言わなきゃけりゃいい話」

春「びっくりしたよ。ええ、ええ、ええ」

若「目は見開いてたけどね、オチちゃったんです。前の日の朝から起きてるから」

春「そうそうそうそう。大吉さんと喋ってる途中に寝たからね」(スタッフ笑)「寝てるやん!て言われて」

若「大吉さんと、ひな壇横で楽しく喋ってて、何とか何とかやねん、そりゃ何とか何とか、……寝てるやん!自分。はは(笑)。僕の横で寝てるやん自分」

春「大丈夫かい?って言われてね。ありましたよ。あったかかった(笑)」

f:id:imadokiyuuka:20170507100906p:plain

f:id:imadokiyuuka:20170507100917p:plain

f:id:imadokiyuuka:20170507100924p:plain

f:id:imadokiyuuka:20170507100931p:plain