読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンデを乗り越えて笑わす

 

おぎやはぎのメガネびいき 2016年12月8日

 

矢作「M-1は観てたね。M-1の後がM-2グランプリというのをやったのよ。生放送で」

小木「テレ朝にいたんだよな、そういえば」

矢作「テレ朝にいて、楽屋にいたからさ、観てて。次の日が漫才、俺たちもやんなきゃいけなくてね、THE MANZAIで、そのネタを作ってたの。でも、M-1始まって、ずっとM-1観ちゃったんだけど。だから観てたよね」

小木「観てた、観てた。まあ、凄いね、みんな今の人たちって。びっくりするね」

矢作「凄いね。優勝は銀シャリでもいいし、和牛でもいいし、もう一人の人誰だっけ? スーパーマラドーナか。も、まあ凄かったよね。でも、優勝、どっちかなぁという感じだったかなぁ」

小木「そうね。和牛かね。確かに」

矢作「どっちでもいいぐらいだからまあまあ」

小木「そうでしたよ、俺は」

矢作「個人的なやつだと、カミナリとかさ」

小木「さらば青春の光ね」

矢作「やっぱああいうの笑っちゃうからさ、しょうがないよ」

小木「面白いもんね」

矢作「だってああいうの好きなんだから」

小木「そう」

矢作「そもそも。やっぱ毎回言ってるけど、M-1というのは競技漫才ですから、普通の漫才じゃないもん。競技なの」

小木「競技用のネタだもんね。完全にあれは」

矢作「そうそうそうそう。もちろん競技用のネタって、競技だけじゃ勝てないよ。やっぱ面白かったよ。銀シャリも、みんな、和牛もスーパーマラドーナもね。でも、やっぱ競技だから。そうすると、やっぱりカミナリは競技漫才だとだめだね。ただ、超面白いけどな」

小木「面白いよ。超笑ったよ俺は」

矢作「もう一本見たかったもんな」

小木「うん、見たかった」

矢作「どうにか3位に食い込んで。優勝しなくていいよ。もう一本見たかっただけ。あと、あいつらも」

小木「さらばでしょう?」

矢作「さらばも」

小木「さらばも見たかったよぉ」

矢作「さらば青春の光って凄ぇなと思うのはさ、いろいろ問題があったんじゃん」

小木「あった。うちは特にね。人力舎との間でね」

矢作「そう。で、ちょっと芸人に嫌われてる的なにおいがあるじゃん」

小木「あるある」

矢作「なのにあんな面白いって凄くない?」

小木「そうなんだよなぁ」

矢作「俺、やっぱ笑っちゃうもん」

小木「まあ、顔もねぇ、ひどいじゃない。言ったら」

矢作「そう。あいつの。森田?」

小木「森田のほう?」

矢作「森田の顔とかすげぇ嫌いなの」(笑)

小木「ああ、生理的に受け付けない顔じゃない」

矢作「そう!生理的に受け付けない顔なの」

小木「なのに素直に笑っちゃうっていうのは」

矢作「笑っちゃうの素直に。凄くない?」

小木「凄いことなんだよね。あのハンデを」

矢作「あのハンデを乗り越えて俺を笑わすんだぜ!」

小木「そうだよ。で、ああいう大会にもさ、大体決勝に出てくるじゃん。いろんな大会に。フリーだよ、あの人たち」

矢作「そうなの」

小木「ね。フリーであれに残るっていうのはやっぱ力でねじ伏せてんだよね、だからね」

矢作「ねじ伏せてる。そもそもそんな顔が嫌いでさ、嫌だなって思う人間のこと笑わないわけじゃん」

小木「笑わない」

矢作「その人を笑わせるんだから、もしかしたらさらば青春の光が一番面白いのかもしれない」

小木「(笑)そうじゃない? そうだと思うよ」

矢作「ねぇ」

小木「それで笑っちゃうんだから、凄いことだよ」

矢作「凄い。だから、さらば、あのさらばはコントって感じだもんね」

小木「そうね、ま、コント」

矢作「漫才にしてるけど。だから優勝っていう感じじゃないんだろうけど、優勝は銀シャリでいいと思うよ」

小木「ねぇ。銀シャリも凄いよ。ザ・漫才だよね、これがね。ほんとに。いやあ凄い」

矢作「物すごい人。みんな凄い」

小木「みんな凄いのね」

矢作「そう考えるとハライチの5位は妥当。妥当」

小木「5位でも凄いよ。あいつらもね」

矢作「スリムクラブも面白かったし、みんな面白かった。相席スタート、アキナ。アキナだけあんま観れなかった。最初だけ」

小木「一番最初はね、ちょっと間に合わなかったなぁ」

矢作「間に合わなかったんだよなぁ。まあ、いいでしょう。あんなみんな面白いんだから」