読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卒業の思い出

 

スタート・スター 2013年3月5日

 

春「いやぁ、若林君」

若「はい」

春「もう3月だよ」

若「うん」

春「出会いと別れの季節でございますよ」

若「はいはいはい」

春「ねぇ。なんかあったかね、卒業式で」

若「いやあ、なんかなかったです。第2ボタンくださいとかそういうの」

春「うーん」

若「何にも」

春「何にもなかったな」

若「でも、春日さんあれだね。超優等生。中高皆勤の。卒業式に、そうだ!中高皆勤で素晴らしいつって、お母さんが時計もらってたもんな」

春「時計とね真珠のネックレス」

若「もう卒業間近になると春日が中高6年間皆勤するってみんなわかるわけ。結成されたんすよ。『春日を遅刻させる会』。無遅刻無欠席で、校門でアメフトの防具みんな着けてね、春日が登校してくるのみんなで待ってタックルすんのよ。振り切って間に合うんだよねぇ」

春「卒業間近の数日間はね、非常にタフな毎日だった」

若「ははあ(笑)」

春「ふふふふ(笑)」

若「何、アメリカっぽいコメントしてんだよ!」

 

f:id:imadokiyuuka:20161203163904p:plain

f:id:imadokiyuuka:20161203163948p:plain

f:id:imadokiyuuka:20161203164017p:plain

f:id:imadokiyuuka:20161203164043p:plain

 

広告を非表示にする