リビングで泣いた話

 

オードリーのオールナイトニッポン 2013年12月28日

 

若「単独ライブの1カ月前ぐらいにまた口内炎ができてね、その時は何とも思ってないんだけど、終わったらすぐなくなるから、やっぱ緊張してたんだろうね(笑)」

春「体に出てたんだね」

若「体に出てたね」

春「反応としてね」

若「うん。気にしてなかったんだけど」

春「そういうのはありますなぁ」

若「俺さ、単独ライブの楽日に春日が手紙読んでさ、このラジオでさ、お前、あした手紙読んだら泣けるぞ、みたいなさ、俺、結構冗談半分に言ってたのよ」

春「ほう」

若「ガチで手紙書いてきてさ、やった時にさ」

春「書いたよ」

若「読んでた時に俺さ、あん時4人ぐらい泣いてる人が見えたから、舞台上から」

春「(笑)うんうんうん」

若「もうこれ、どうやって終わらそうってことばっか考えてて、手紙を破るとかやったら台無しになっちゃうし、言葉で落とせないしと思って、寄り目でお礼言うしかねぇと思って。一番ソフトなやつはと思って。そんなことばっか考えてたから、手紙の内容を聞いてないんすよ」

春「(笑)ああ、そう」

若「ついこの間、DVDの編集のやつでやってくれてて、初日と最終日だけカメラ入ってないのよ」

春「ああ、そうだった、うんうん」

若「だから、真ん中の日2日しか入ってないから、そこはDVDに入らないんだけど、ざっとケツまで一回見てみようと思って見てたの。全部の回を。したら、手紙のところをさ、初めてお前の文章をさ、冷静な気持ちで聞いたのよ。ついこの間」

春「それ入ってたんだ」

若「入ってたのよ。DVD用のカメラじゃないよ。簡易的なカメラ」

春「ああ、記録用のみたいな」

若「どのぐらいアドリブで最終日寄れたんだろうと思って確認しようと思って、最終日を見たの。したら、お前の手紙んとこ初めて冷静な耳で聞いて、リビングでちょっと泣いちゃってさ」

春「いや、勘弁してちょーよ(笑)。恥ずかしいわぁ」

若「意外とマジで書いてたんだなお前」

春「マジで書いたよ」

若「春日が漫才があれば生きてける、みたいなことを手紙読んでんだよ」

春「読んだよ」

若「俺が、もう何年もコイツに抱き続けてきた、若い時、今は思わないけど、若い時の気持ちがあるわけよ。というものをさ、自分でも悪いと思ってたんだ、みたいのがわかったりして。春日のネタのできる範囲が狭くて申しわけない、みたいな。泣いちゃって俺リビングでさ。初めて冷静な気持ちで。現場ではやっぱり、どうしようと思ってるもんだな、ああいう時」

春「まあ、そうか、受けのところだからね」

若「どうやって決着つけようか、落とそうかと思うじゃない」

春「読み終わったらそうだね確かに」

若「泣いてるし何人か」

春「終わった後、若林さんのことみんな見るからね、お客さんはね」

若「うん、そうそうそう」

春「そうだな」

若「そんなのもちょっとあったな。タイムラグがあって」

春「その場で泣くんなら泣いてほしかったけどな。言ってもね」

若「『日曜芸人』で泣いたんだよね。ちょっと遅れて」

春「(笑)そうね」