読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

決勝進出者発表までの過ごし方-酒井さんの場合-

 

アルコ&ピース D.C.GARAGE 2016年11月22日

 

平子「先ほどもお話ししましたけども、M-1グランプリ、我々アルコ&ピース、決勝上がれずということだったんですけどもねぇ」

酒井「めちゃめちゃ悔しい」

平子「公式発表がある前日の夜に我々知らされたじゃないですか。行けると思ったか思わなかった、せーので言ってみる? 体感で。自分らの体感で。合格できると思ったか思わなかったか。せーの」

平子「思った」

酒井「行けると思った。完全に行けると思った。完璧思ったわ」

 

酒井「僕、出番終わって7時半ぐらいだったでしょう? 結果発表が22時半とかで2時間ぐらい空いたじゃないですか。たまたまその日に僕のお姉ちゃんの家族が川崎帰ってるつって、ご飯でも行けたら行こうよみたいの言われてて、たぶん行けないと思うんだよなとか言ってたの。あ、2時間あったら行けっかなと思って一応連絡してみたの。したら、帰る途中だけど、品川のイオンに行ってご飯でも食べようかなと思ってるから、姪っ子たちも会いたいと思ってるからって、じゃ、行こうかなつって。2時間だとちょうどいいな品川。で、品川まで行って、姪っ子と甥っ子と」

平子「親戚とM-1の発表の合間に?」

酒井「そう」

平子(笑)

酒井「ヤバいっしょ?」

平子「唯一じゃねぇ? 歴史上唯一かもしんねぇ」

酒井「フードコーナーでちょっとお茶して。したら、姪っ子小学校2年生ぐらい。「健太とゲームやりたい」とか言ってきて、「いい?お姉ちゃん、2階にゲーセンみたいなのあるからちょっと行ってきていい?」「うん、行ってきて」つって。

で、姪っ子連れて、スト2とかあったら一回見せてやる。英才教育として一回。女梅原にちょっと育てあげようかな」

平子「小2で?(笑)」

酒井「チュンリー使い(笑)」

平子「うわぁ(笑)」

酒井「で、行ったらさ、ガキがやるようなゲームしかないの。トーマスの乗り物とかそんなんしか。全然面白くない」

平子「ガキには面白ぇからそれが」

酒井「ガキに楽しませてやろうと思ってグルグル回ってて、ハッとクレーンゲーム見たらさ、フジテレビ・キャラパレード意識高い系IT社長、瀬良マサノリ」

平子「明正な」

酒井「トランプがクレーンゲームにあんのよ。ええー?と思って」

平子「はいはいはいはい。やらせていただいてます」

酒井「ボーッとした俺」

平子(笑)

酒井「姪っ子が俺の袖引っ張って「健太どうした?早くゲームやりたーい」「ちょっと健太、用事できちゃった」」

平子「なんのだよ!(笑)」

酒井「「お前千円あげるから遊んでこい。俺やるから」「健太とせっかく来たかった。一緒に遊びたい」「だめだ。千円あげるから、お前、自由に使ってこい」」

彦ら「使命感がわかんねぇんだよ。何の使命感(笑)」

酒井「もうメラメラ燃えちゃって、俺、これ取りてーと思って。瀬良社長のトランプ」

平子「トランプとあとクッキーね」

酒井「クッキーもあった」

平子「格言トランプと格言クッキーね」

酒井「やったのよ。両替して。500円で6回できるお得なパターンあるじゃない。最初の1回目で気づいたね。これやべぇ、全然取れねぇわと思って」

平子「難しかった?」

酒井「ムジぃ。なんかさ、普通クレーンて、取って、ポンじゃん。落ちる。取れる。なんか斜めの坂になっててさ、ちょっとずつじゃないと動かないのよ」

平子「逆に言うと、攻略法はあるんだけどね。それ、ちょっとわかんなかったか」

酒井「ワールドイッツマインのやり方かよ、これがよーって。ボるな、おぇーと思って」

平子「ボってないんだけど、ビジネスはビジネスですからね」

酒井「ほんと牛歩よ。ちょっと、ちょっと、チョン、チョン、チョン、チョン、チョンよ」

平子「うん、うん、うん、うん、うん、うん、うん」

酒井「掠ったりするし」

平子「ああ、まあね」

酒井「空振りもするし全然」

平子「そのタイプ慣れてないとね」

酒井「腹立って、ムキになっちゃってさ、ガンガン両替して、ちょっと、ちょっと、ちょっと、ちょっとずつ動かして、ガンガンガンガンやって、最後、5000円ぐらい使って取った」

平子「ええーっ!」

酒井「持ってきましたよ」

平子「うぅわぁー5000円使った?」

酒井「5000円だよ。返してくれ、あ、返して、返してって言っといてよ(笑)」

平子「あー、伝えとくわー」

酒井(笑)

平子「そう」

酒井「5000円だぜ」

平子「サンプルあったら渡したんだけ……あっ(笑)」

酒井「(笑)クッキーも2回ぐらい」

平子「格言クッキーね」

酒井「格言クッキー。クッキーはムズい。あれはたぶんもっと。俺、1万使うと思った」

平子「へえ、あ、そう。知ってる人からすると逆にクッキーのほうが取りやすかったですよ、なんてね(笑)」

酒井「姪っ子も無視だよね。いつの間にかあの家族帰ってたもん」

平子「(笑)あ、そう。トランプ取って」

酒井「トランプ取って」

平子「戻って」

酒井「戻って」

平子「落ちて」

酒井「落ちて(笑)。意味わかんね」