カトチエさんがハガキのコーナーを聴いて泣いた話

 

朝井リョウ加藤千恵オールナイトニッポン0(ZERO) 2015年7月3日

 

朝井「先週のオードリーさんのオールナイトニッポンを聴いて、加藤さんが泣いたっていう噂を聞いたんですよ」

加藤「ははは(笑)。話が早いし、台本に組み込まれてるのがおかしい」

朝井「意味がわかんない」

加藤「私が共通のディレクターである芳樹さんに伝えただけなんですよ。単に、泣いちゃいましたって」

朝井「それは一瞬で共有されました」

加藤「LINEもやってないくせに(笑)」

朝井「LINEもやってないくせに直接伝達。口で伝えられましたけれども。だって、意味がわかんない」

加藤「逆に聞くけど、泣かなかった?」

朝井「泣くタイミングがマジでなかった」

加藤「ハガキのコーナーですよ」

朝井「そこ、一番泣かないもん。あの番組の中で」

加藤「いやいや、しんやめのほうが泣かないでしょうよ」

朝井「しんやめは曲で泣ける時がある」

加藤「しんやめは確かに曲で泣けるね。そうだね、そうだね」

朝井「それか、春日さんのフリートークの直前の奥田さんと若林さんが聞く気全然ないところが一番泣けるよ」

加藤「そうだね、そうだね(笑)。テーブルの下で漫画読もうとしてるところは泣けるよね」

 

朝井「ハガキのコーナーのどこで泣かれたのか」

加藤「これ、ほんとに私は、単に結構あるあるだと思って芳樹さんに「私も泣いちゃいました」みたいな感じで伝えたのよ」

朝井「あ、「私も」だったんだ」

加藤「そう、「私も」的なニュアンスを込めて、放送で、なんか泣いちゃいましたよ、うっかり、みたいな感じでLINEを送ったんですけど。

ハガキのコーナーにデレクジーカーさんがネタハガキをお送りしてて、それが番組批判的な形をとってたの」

朝井「ネタね」

加藤「そう。ネタだよ、もちろん。オードリーのオールナイトニッポンは低俗だと。そういう感じのネタになってて、だから、クレーマーを装ったハガキ」

朝井「複雑な高度なネタですよね」

加藤「そうそう。そこで『パーソナリティとスタッフとリスナーだけが盛り上がり』っていう文面が出てきて」

朝井「うんうん、あったね。私はサーッて聴きましたよ、そこ」

加藤「若林さんが読まれてたじゃないですか。春日さんがそれを聴きながら「十分じぁねーか」っておっしゃったじゃないですか」

朝井「そうだね。十分、ナイスツッコミだなと思いましたよ」

加藤「私、ちょっとね、そこでまずグッときたの」

朝井「はい、おかしいと思いまーす」

加藤「(笑)手挙げて言わないでください。あ、そうだよな、パーソナリティとスタッフとリスナーが盛り上がり、で、確かにそれで十分だなって。それがラジオの相思相愛の形だなって思ったの」

朝井「うん、うん、そうだね。そういうツッコミだもんね」

加藤「そうでしょ? で、その後、そのハガキは一旦読み終えてから、さらに若林さんが「ここの『パーソナリティとスタッフとリスナーだけが盛り上がり』っていうくだり面白いね」って、また読んだの。おんなじところを。そしたら春日さんがまた「それを目指してんだよ」って言って、別に二人は流れてまた(別の)話になったんだけど、さらりと言ったのが、あ、ほんとそうだなと思って」

朝井「ふふふふふふふ(笑)」

加藤「それを目指してるし。……えーっ? なんかね、みんながすごい笑ってて、全然共感してもらえてない」

朝井「すごい、あなたは笑われています」

加藤「でも、この番組のリスナーであるパトロンの皆さんの中にはいらっしゃると思うよ」

朝井「泣いた人が?」

加藤「うん」

朝井「いないよ」

加藤「いるよ!だって、結局、お腹すいて泣くっていうの、西 加奈子ちゃんだってそうだったんだもん」

朝井「それはクレイジー枠ですけど、しょうがないですけど。

デレクジーカーさんは笑わせようと思って、泣けたみたいに言われちゃってさ、大変だよ、今たぶん」

加藤「いやいや違う、ほんとに面白いネタだったし、笑ってないとかじゃないの。ただ、春日さんがさらっとね。あ、そうだよな、共通認識だなと思って」

朝井「言えば言うほど、デレクジーカーさんは今、顔が真っ赤で、今、もう大変ですよ」

加藤「もうやめますよ。でも、だから、私も泣きましたよみたいな感じで芳樹さんに送っちゃったの、LINEを」